亥の子の祝いって何?由来や行事食の餅、子どもに伝えたい亥の子の話

日本には古くから続いている伝統的な行事がいくつかあります。

その中には、七五三のように今でも根強く続いているものもあれば、地域によっては知らない人のほうが多いものも。

(´・ω・`)「あんまり聞き慣れないな…」

その一つが「亥の子」ではないでしょうか。

亥の子って何?何をするの?などなど、亥の子についての疑問をまとめてみました!

スポンサーリンク

亥の子って何?なぜイノシシ?どんな由来があるの?

みなさんは、こんな干支の表を見たことがあるでしょうか。

『子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥』

昔はこれに日時が当てはめられていて、「丑の刻(うしのこく)」なども干支から生まれた言葉です。

「亥の子(いのこ)」の「亥」というのは、干支のイノシシのこと。

旧暦の亥の月(今で言う11月10日前後のこと)、亥の刻(午後9時~11時)。

イノシシが子どもを多く産むことにあやかって、子孫繁栄を祈る風習が中国にありました。

その風習が日本に伝わったのは平安時代。

季節がちょうど秋の収穫時期だったことから、「山の神様が田におりて収穫をもたらし、そしてまた山に帰っていく」という祭りとして、庶民の間にも広がっていくことになります。

現在では、収穫の祝いや感謝の祝いとなりました。

☆亥の日はいつ?☆

11月の最初の亥の日が亥の子祝の日です。

2018年 11月3日

2019年 11月10日

2020年 11月4日

2021年 11月11日

2022年 11月6日

亥の子の祝いってなぜイノシシ?

前述したように、亥の子のイノシシは、たくさん子どもを産むことにあやかっています。

(´・ω・`)「どのくらい赤ちゃんを産むの?」

イノシシのお母さんは、1年で12頭くらいの子どもを産みます。

このことからイノシシは、母性と子孫繁栄の象徴のように扱われてきたんですね。

力も強いし、犬と同じくらいの嗅覚を持つと言われ、運動神経も意外と良いというイノシシ。

小さいときは「ウリ坊」のあだ名で親しまれています。

亥の子の祝いの行事食は何?亥の子餅を食べよう

亥の子のときの行事食は「亥の子餅」と呼ばれるぼたもちのようなもの。

これは中国で亥の子が祝われていたとき、宮中で献上していたのが「亥の子餅」だったことからです。

スポンサーリンク

中国では、これを亥の日、亥の刻に食べると無病息災で過ごせると言われています。

大豆、小豆、ささげ、ごま、栗、柿、糖の七種の粉を混ぜてつくられたとされていますが、地域差が大きく、材料にも違いがあります。

模様をつけたり、紅白にしたり、小豆をまぶしたりなど、形態はさまざま。

時期が近づくと、和菓子屋さんでも見かけることができます。

亥の子餅を家で作りたい!レシピはある?

亥の子餅を手作りしたい場合のレシピはこちらからどうぞ。

Cpicon 亥の子餅(炉開きに) by ごん太はな

Cpicon 亥の子餅 by 友花キッチン

私みたいな「和菓子なんて作れまへん・ω・」な場合は、市販の大福などに、イノシシの模様をつけるだけでも気分が出ますね。

金串を熱して、3本線の焼き色をつけると、ウリ坊っぽくなります。

亥の子の炉開き、こたつ開き、亥の子突き

亥の子祝いの日には、行事食以外にも「こんなことをするよー」というのがいくつかあります。

どうぜ亥の子祝いをするのであれば、ぜひ知っておきたい!

炉開きとこたつ開き

「炉」というのは、いろりのことですね。

茶道の世界ではこの日が「炉開き」で、古来から大切な行事と言われている「口切りの茶事」が行われます。

その年はじめての新茶を味わえるということもあり、茶人の正月とも言われています。

そもそも「なぜこの日に炉開き?寒くなるから?」というわけではなく、これもイノシシに関係します。

「亥」には火をしずめる力があると考えられていて、この日に暖房器具を出すと家事にならないとされてたんですね。

江戸時代では、この日にこたつや火鉢を出すようにしていたようです。

亥の子突き

わらを束ねてかためたものや、石に何本もの網を結んだものなどで、子どもたちが地面をたたきながら各家庭をまわる風習。

亥の子祭りの中で行われます。

土地の精霊に活力を与え、大地の生産力をあげようというもので、豊作を願うおまじないのような意味を持っています。

現在でも、広島県や長崎県、愛媛県などでは行われているようですが、その他の地域ではあまり見られなくなりました。

その他に、亥の子に行われる祭りとしては、奈良県の「亥の子暴れ祭り」などが有名です。

まとめ

亥の子の祝いは主に、西日本に見られる行事なんですが、がっつり西日本育ちの私は小さい頃にやった覚えがありません。

地域による差も大きいようですが、こういう伝統行事はきちんと知って、自分の子どもに伝えてあげたいですよね。

今年の亥の子の日にはぜひ、行事食を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。