葬儀の服装にセーターやタートルネックはNG?女性のインナーは何にすべき?

親しい人の訃報は、概して突然訪れるもの。

それだけに、きちんとした服装を用意できないこともありますよね。

「葬儀は喪服」ということは分かっているけど、じゃあインナーは?

寒い時期の葬儀では、女性はジャケットの中にインナーを着ることが多いと思いますが、どんなのを着るべきなんでしょうか?

セーターやタートルネックをインナーにしても、マナー違反にはならない?

スポンサーリンク

冬場の葬儀の服装はどうするべき?マナーに合った女性の服装は

葬儀場は冷暖房完備とはいえ、冬場はそれほど温かいというわけではありません。

特に遺族は慌ただしく、外気に触れる場面も多いので、寒さを感じることが多いかと思います。

喪服は基本的には、オールシーズン着られるものが多いですが、真冬に1枚では寒さを感じます。

そのため、喪服とは別に防寒できるものが必要です。

さてではまず、冬場の葬儀に出席する際の女性の服装について、詳しくみていきましょう。

冬場の葬儀の防寒対策は?

まず考えなければいけないのは、葬儀にふさわしくないものは避けるということ。

葬儀は故人をしのぶためのものですが、同時に、遺族が心を乱さないような心遣いも必要です。

ですが、常識的な範囲内で分かることもあれば、「ん?」と悩んでしまうものもありますよね。

コート

真冬の葬儀の場合は、コートを着用しても問題ありません。

が、コートを着用するのは葬儀場への行き帰りのみとし、式場内に入ったら脱ぐようにします。

預ける場所があれば預け、そういった場所がない場合には中に持って入っても大丈夫です。

コートの色:黒やグレーが無難。明るい色や柄物は避ける。

コートの素材:皮や毛皮は殺生を連想させるのでNG。装飾も避ける。

コートの丈:短すぎるものや長すぎるものは避ける。

ダウンジャケットやトレンチコートは、できるだけ避けたほうが無難。

以前は「避けるべき服装」でしたが、最近では許容される場合もあります。

着ていく場合も、光沢のないもの、地味で目立たない色であるほうが望ましいです。

タイツやストッキング

一般的には、葬儀にタイツは避けるべきと言われています。

生足は不可なので、女性の足元はストッキングということが多いですよね。

ですが、寒い地域ではストッキングでは寒さ対策ができない場合もあります。

・無地の黒

・タイツの中でもなるべく薄いもの

を選ぶようにしてみてください。

どうしても寒い場合は、長めのスカート丈にして、中に防寒対策をしてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ストールやマフラー

こちらの着用も移動中のみとし、葬儀場についたら外すようにします。

目立たない色で、できるだけ柄のないものを選んでください。

葬儀の服装で冬のインナーは何にすべき?

喪服としてアンサンブルやワンピースなどではなく、スーツで参列することもありますよね。

さてそんなとき、インナーは何にするべきなのでしょうか。

基本的な事項としては

・胸元が開いていないもの

・黒やグレーなどの目立たない色

・光沢のないもの

肌の露出を避け、フォーマルな場面に違和感のないものを選ぶようにするといいかなと思います。

葬儀の服装にタートルネックはNG?

冬の寒い時期であれば、インナーにタートルネックを着ることは問題ないとされています。

ですがタートルネックはどうしても、カジュアルなイメージがあります。

できることなら、避けたほうが無難です。

首元が寒いという場合は、マフラーやストールを移動中に使うなどして対策を。

肌寒いと感じる場合は、下着に保温性の高いものを選んで防寒対策を。

気にしないという方もいますが、遺族の中には「あれ?」と思う方もいるかもしれません。

不快に思う方がいるかもしれないことを思うと、タートルネック以外のものを着るようにしたほうがいいかなと思います。

通夜と葬儀の服装の違い
通夜の場合は「服装も気にせず急いで参列した」という意味合いも含め、葬儀ほど服装が固定されません。

明るい色合いの服装は避けるべきですが、黒のタートルネックくらいであれば問題なく許容範囲です。

葬儀の服装にセーターはNG?

冬場の葬儀では、セーターをインナーに着ている方を見かけることも多いです。

が、基本的には葬儀には喪服を着ることとされているので、正しいマナーからは外れた服装になってしまいます。

「セーターを着ても問題ない」と言われますが、「マナーからは外れる」という難しいところ。

できることなら、避けたほうが無難であるといえます。

もし寒さ対策として、ジャケットのインナーとしてセーターを考えている場合は、

・襟元から大きく見えないように、Vネックのものにするなど配慮する

・シャツやブラウスの上に着るもので調節するのではなく、下着などで防寒対策をする

・カイロなどの防寒グッズを用意する

などで、まずはセーター以外の防寒対策ができないかを考えたほうがいいかもしれません。

ですがその場合も、他の参列者に心配されてしまうくらいに寒さを感じるのであれば、防寒対策を優先させてもいいかと思います。

一番大切なのは、故人をしのぶ気持ちです。

服装のマナーを気にしすぎるがゆえに、お悔やみの気持ちがおろそかになってしまうと本末転倒です。

無理のない範囲で、服装を決めるようにしてみてください。

まとめ

冬場の葬儀の服装のインナーは、タートルネックやセーターでも問題ないとは言われますが、本来のマナーからは外れてしまいます。

下着などで防寒対策をして、できることなら避けたほうが無難です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。