ハロウィンの赤ちゃんの仮装は100均で手作り!スタイも服も簡単にできちゃう方法

ハロウィンの仮装って、大人がしてもちろん楽しいですが、子どもの仮装ってなんとも言えずかわいいもの。

特に、赤ちゃんの仮装ってものすごくかわいいんですよね。

何を着ても、どんな小さな小道具だけでも「かわいい!」って思っちゃうのってこの時期特有じゃないでしょうか。

赤ちゃんのハロウィンの仮装衣装は、100均でサクッと手作りしちゃいましょう!

スポンサーリンク

ハロウィンの赤ちゃんの仮装衣装は100均の手作りがおすすめ!

最近では、ハロウィンに仮装することはけっこう浸透してきているので、いろんなお店に衣装も小道具も販売されています。

ハロウィンの子供の衣装はどこで買う?激安でもかわいいのは?
かわいくて安い、ハロウィンの子どもの衣装を買える場所をまとめてみました。衣装を買うときの参考にどうぞ。

特にコストコやH&Mは、90サイズから売っているので1歳前後くらいなら着られるものもあるんですよね。

着ぐるみみたいなのもあるので、とってもかわいい。

ですが、赤ちゃんの成長ってものすごく早い。

コストコやH&Mは、そりゃあ他のお店よりかは安いかもですが、赤ちゃんに合わせて買っても翌年にはほぼサイズアウトして着られないです。

(´・ω・`)「せっかく買ったのに、1回着ただけでサイズアウトか…」

それなら、安く用意したほうがお得。

きちんとした衣装はもう少し大きくなってからにとっておいて、今は100均で手作りしちゃいましょう!

スポンサーリンク

100円ショップでハロウィンの仮装を赤ちゃんにしてみよう!

ハロウィンの時期が近づいた頃に100円ショップに行くと、ハロウィン関係のグッズ類がもりだくさん。

だんだん進化しているというか、種類も質もぐんぐん上がってきてます。

「そのまま使えるんじゃない?!」ってものも、たくさん見つけることができます。

赤ちゃんの仮装衣装を100円ショップで探すときに考えておきたいのは

・赤ちゃんが怪我をする恐れはないか?

・赤ちゃんが不快になる素材ではないか?

新生児ならまだ大丈夫ですが、少し大きくなるとなんでも口に入れちゃうようになってしまいます。

いつもとは違うハロウィンの衣装や小道具が気になって、手でつかんで口に入れても危険ではないもの。

ブンブン振り回して、それが顔にあたっても怪我をしないもの。

肌に触れるとチクチクするような、肌への刺激が強いものは避けるというのも重要です。

(・∀・)「うちの子はまだ小さいから大丈夫だわー♪」

そう思っていても、用意するときとハロウィンの日にはきっとタイムラグがありますよね。

その間に、赤ちゃんのできることが増えてるっていうこともあります。

せっかく準備したものを使えないのは悲しいので、ぜひぜひ、赤ちゃんの月齢にあったものを選んでみてくださいね。

100均のマントで作るかぼちゃの着ぐるみ

こちらは、うちの子が1歳くらいのときに私が作ったかぼちゃの着ぐるみ。

なんだかんだ言って、赤ちゃん時代の仮装はかぼちゃが一番無難ですね。

頭と手と足が出るようになってるんですが、左右を縫うだけでできちゃう品です。

作り方は以下。

ハロウィンの衣装を子ども用に手作りで簡単にかぼちゃを作る方法
ハロウィンの子どもの衣装を簡単に手作りしたい!誰でもすぐに作れちゃう、100均アイテムを使ったかぼちゃ衣装の作り方の紹介です。

当時とは100円ショップに売っているマントの長さや柄が違うので、まったく同じものは難しいかもですが、似た形のものなら十分に作れるかなと思います。

テロンテロンの素材のものよりも、フェルトのものを選ぶと肌に優しいかもですね。

100均のフェルトでスタイ

しっかりしたものは作れないっていう場合でも、スタイをハロウィン仕様にするだけで仮装っぽくなります。

100円ショップのオレンジ色のフェルトを、手持ちのスタイに合わせて裁断。

同じく、100円ショップの黒色のフェルトを顔型に切って縫い付けると、ハロウィンっぽいスタイに。

裏地を作ってきちんと塗ってもいいですが、ハロウィンの日に使うだけなら切りっぱなしでもいいかなと思います。

端の処理が気になる場合は、バイアステープをつけると安心です。

その他、100円ショップの小道具の中に売られている、フェルトなどで作られたかぼちゃやお化けの飾りに、ゴムをくっつけるだけでもいいかも。

鍋敷きくらいの大きさのものがあれば、わざわざ1から作らなくても簡単にスタイにできそう。

100円ショップのハロウィングッズをTシャツなど服につける

100均には本当にいろんなハロウィングッズが販売されていて、その中には布で作られているものも。

例えばカチューシャだったり、バッグだったり。

赤ちゃんにそのまま使うのはちょっと…と思うものでも、飾りのとこだけ使うのもアリです。

カチューシャについている小さなかぼちゃを、Tシャツにつければ即席ハロウィンTに。

袖のとこにつけてもかわいいですよね。

立体ではなく平面の飾りなら、そのまま服に縫い付けることも可能。

オレンジっぽい服やボーダーなど、ハロウィン感のある服ならなおさら、ちょっと飾りをつけるだけでそれっぽくなります。

外せば、ハロウィンが終わっても着られるってとこが良い。

まとめ

ハロウィンは、ちょっと工夫するだけで手作りで「ぽさ」を出すことができます。

赤ちゃんの仮装衣装ができたら、お部屋もハロウィンっぽくして写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

簡単にできるハロウィンの飾り付けは、こちらを参考にどうぞです。

ハロウィン飾りは手作りで簡単に!シンプルだけどパーティーにも使える3選
ハロウィンに使える手作りでできる飾りの作り方の紹介です。簡単だしシンプルですが、パーティーなどでも目立つ仕上がりになります!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。