ヨガのダウンドッグが手汗で滑る!滑りにくくなるマットやラグの紹介だよ

「人間は30すぎると走り始めるぞ…!」

ずいぶん前ですが某お笑い芸人の方が言っていて、そのとき20代だった私は「ほぅ、そんなものか」と思ってたんですけど。

30過ぎても走らなかった私は今更になって「肉体の老化」「体力の低下」を感じまして、ヨガをはじめました。

女性には多いですよね、ヨガをやっている人。

運動量はそれほどないように見えて、実はじっとりと汗をかくほどには疲れる。

でですね、汗をかくんですよ。私の場合、手に!

スポンサーリンク

ヨガをしてると手汗で滑る!対策はなにかないの?

私、自分ではそれほど汗かきだとは思ってなかったんですよね。

どちらかといえば、汗はかかないタイプだとさえ思ってました。

でも、ヨガを始めるとじっとりとかく手汗。

触ってみるとそんなにベタベタなわけではないし、握手が恥ずかしいほどでもない。

それでも!

なぜかヨガのポーズをとっていると、手がどんどん滑るんですよね。

手が滑っちゃうから、ポーズを固定しようとしても手が気になってそれどころじゃない。

「正しいポーズに」とか「体に負荷を」とかそうじゃなくて、以下に前にずっこけないかだけを考えてるシマツ。

顔面強打…?

正直滑りやすいポーズのときは、ヨガ云々ではなく違う意味で疲弊しちゃいます。

そんで、一番滑るのはダウンドッグ

こういう三角になるポーズで、ヨガでは何度も登場するおなじみのポーズ。

場合によっては「ダウンドッグで呼吸を整えながら休憩」ということもあって、何秒間かこのまま静止することもあります。

滑る私としては、休憩どころか滑るのが気になって変に力が入って、呼吸なんて全然整わない。

ということで、ヨガの先生に聞いてみました!

(´・ω・`)「私、手汗でめちゃくちゃ滑るんですけど…特にダウンドッグ」

ヨガの先生の解答と、改善策のまとめです。

ヨガのダウンドッグが手汗で滑る!そんなときの改善策は?

まず言われたのは、「暑い時期は誰だって手汗はかいてるよ」ということ。

実際に手を触ってもらったんですが、「普通レベル」とのこと。

じゃあ、なんで私だけダウンドッグで滑るのさ?と。

それはダウンドッグのときの、力の入れ方が間違っているってのはあるそうです。

ダウンドッグのとき、体重をかけるというか力を入れるというか。

正しいのは、手のほうではなく、かかとであると。

私のような初心者は、このポーズをするとどうしても手に体重がのっちゃうんですね。

だけど本来のダウンドッグは、おしりを後ろ斜め上にギュッと突き出すようにするので、足に体重が乗るべきだという。

かかとをあげずに床に踏ん張るようにすると、手が滑ることは少なくなるよとのことでした。

そうは言っても。

まだ体も硬いし、ヨガに慣れているわけでもない。

体重移動もままならないし、「手に体重をかけなくてもできる」とこにたどり着くまでズルズル滑るじゃないかと。

ということで、じゃあ、ヨガマットを考えてみれば?という。

ヨガマットやヨガラグで手汗で滑らなくなるのか?

いくつかのものは実際に試させてもらって、いくつかのものは提案してくれました。

天然ゴム素材のヨガマット

天然ゴムを使ったヨガマットは滑りにくいと聞きまして、試してみました。

うーん、気持ち滑らなくなるような気はしますが、やっぱり中盤以降は滑ります。

普通のヨガマットと、それほど変化はなかったように思います。

それよりも、天然ゴムのヨガマットって薄いのが多いんですよね。

コンパクトなので持ち運びはしやすいですが、ポーズによっては痛いです。

そして、汗をかいたときにマットが濡れてるのが分かりやすくて、ちょっと恥ずかしいです。

TPE素材のヨガマット

次に買ってみようと思っているのが、TPE(熱可塑性エラストマー)のヨガマット。

撥水性があって乾きやすいということなので、一度汗をかいた手で触ったところも乾きやすくなって滑りにくくなるかも。

ヨガラグ

ヨガの先生が行くようなヨガ教室では、使っている方が多いというヨガラグ。

激しめのポーズが多いようなので、汗対策に持ってきてるんでしょうね。

手触りとしては、タオルというよりはバスマットみたいな感じです。

確かに何もしないよりは滑りにくくなるかなって感じはしましたが、劇的に変わるかは微妙なライン。

そして何よりもこのヨガラグ、きちんとしたものを購入しようと思うとけっこう高い!

そんなときは、こういう手袋を使うとちょっと安いです。

けっこうきっちりと固定されるようで、こういうのが一番滑りにくくなるのかもです。

ヨガマットと同じくらいの値段はしますけど。

ただ、グイグイ向こう側に力がはいるクセが抜けなかったら、手に食い込んで痛くなっちゃうかもですね。

ホットヨガ用のマット

ホットヨガ用のマットは、水に濡れることで滑らなくなるっていう性質があります。

ホットヨガですしね、汗をかいてなんぼなのでそういう作りになっているよう。

どうしても滑る場合は、こういうのを選んでもいいかなと思いました。

まとめ

もっとも滑りやすいダウンドッグは、まずは正しい体重のかけかたを意識する。

それができるようになるまでは、ヨガラグやマットの材質を変えてみるといいかもです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。