東山動物園ナイトズー2019の日程と注意点!体験記をレポするよ

名古屋の観光地としても代表的な存在である東山動物園。

例年、夏の数日間だけ閉園時間を延長して『ナイトズー』が開催されます。

普段は16時50分に閉園するので、夜の動物を見られるのはこの時期だけ。

東山動物園のナイトズーの、日程や注意事項などなど、毎年子連れで行っている私の感想を交えてのレポです。

スポンサーリンク

東山動物園ナイトズー2019年の日程やチケット、駐車場などの概要

さてではまず、2019年の東山動物園のナイトズーの基本情報から。

と言っても、普通の情報はご存知の方のほうが多いと思いますので、それぞれに今まで行ってきた私が思った注意点を織り交ぜつつです。

あくまでも去年までの経験に基づくものなので、参考までにです。

東山動物園ナイトズーの日程

日程は、

8月10日(土)、11日(日)、12日(月)、14日(水)、15日(木)、17日(土)、18日(日)

この期間中は、閉園時間が夜の8時30分まで延長されます。

入園できるのは20時までなので、あまり遅くなりすぎないように注意です。

ちなみに、夏場なので普段の閉園時間である16時30分を過ぎた段階ではまだ外は明るいです。

18時過ぎたくらいから薄暗くなってくるんですが、そのくらいの時間から人がものすごく増えてきます。

特にイベントをしている場所では、少し早くから待って場所取りをしている方もちらほらいます。

ナイトズーのイベントを確認して、行きたいのが決まっている場合には早めにスタンバイしたほうがいいかもです。

東山動物園ナイトズー2019のチケットは?

チケット代は、通常時と変わりなく

大人:500円

中学生以下:無料

名古屋にお住まいの子育て家庭の方は『ぴよかカード』っていうのを持っていると思うんですが、こちらを提示すると大人料金が500円→400円になります。

ただし、窓口で買う必要あり。

ナイトズーのときは、夕方すぎるとチケット売り場も非常に混みあいます。

窓口で買うならお昼のうちに行って買っておくか、コンビニなどであらかじめチケットを購入しておいたほうがいいかなと思います。

東山動物園のナイトズーのときの駐車場の混雑状況

東山動物園には駐車場がいくつかありまして、有料ではありますが全部で1600台停めることができます。

だいたいは動物園側の駐車場から順に埋まっていって、植物園側は空いていることもあります。

が、通常営業のときですら、連休のときなどはそれでも満車になってしまうことも少なくありません。

ナイトズーのときは特に人が多いので、駐車場はかなり混雑します。

一番安全なのは電車やバスを使うことなんですが、「車で行きたい!」という方も多いでしょう。

スポンサーリンク

子ども連れで行くときは、なにかと荷物も増えますし。

私はナイトズーに行くときはだいたい車で行くんですが、そのときの鉄則は早く行くこと。

これに尽きます!

ナイトズーは単に「閉園時間延長」というだけなので、昼間からずっと動物園の中にいられるんですよね。

ナイトズー目的の方がドッと来られるのは夕方近くなってからなので、それよりも前であれば比較的駐車場も停められます。

わが家はだいたい、開園直後くらいに到着してのんびりと回りながら夜を待つ感じ。

東山動物園の駐車場は時間制ではなく「1回停めて800円」なので、時間は気になりません。

また、再入園も可能なので、もし途中で飽きたら外に出ればいいですしね。

東山動物園ナイトズーの体験レポ!行ったから分かる感想と注意点

動物は夜行性が多いため、夜の動物たちは昼に比べてとても活発です。

目が光っていたりとかして、ちょっとした野生を感じることも。

東山動物園内の自然動物館の中に、夜を演出してる場所があるんですが、そこの動物ってものすごくよく動くんですよね。

いつもは寝ている姿しか見られない動物が、活発に動いていたり、目をぎらつかせている様子を見たりすることができます。

特に子どもは、毎回大満足します。「怖い…」とあとずさりするのも、また一興。

人気のある動物の前はやっぱり混雑する

ナイトズーには、家族連れも多いですが大人だけで来ている方も多いです。

そして、人気のある動物のところはやっぱりものすごく混むんですよね。

イベントがあるところもとても混むので、子どもの目線では見えないことも。

現在公開されているイベントは以下。

アニマルトーク 期間中毎日 本園・北園 17:30~・18:00~
18:30~・19:00~
メインイルミネーション 期間中毎日本園 アシカ池付近
スリランカ「ペラヘラ祭」風イルミネーション 期間中毎日本園 ゾージアム前
きらきらフォトスポット ゴリラ・チンパンジー舎前など
ひがしやま夜空シアター 期間中毎日本園 噴水付近  19:30~
ナイト遊園地 期間中毎日北園 遊園地 一部日没まで
ZOOBO GATE ガーデン 期間中毎日本園 噴水付近
スーパーハワイアンナイト 本園 上池門広場 8/10(土)11(日)
北園えんにち広場 期間中毎日北園 北園門広場
ナイト ZOO 特製うちわプレゼント! 期間中毎日本園 噴水付近 17:00~(各日先1000名)
変更もあるかもしれないので、事前にチェックしてみてください。

食事は早めにしておいたほうがいい

例年、ナイトズーでは屋台も多く出ます。

私が行ったときはスカイタワー近くで多く出ていましたが、2019年は噴水付近でも出るみたいですね!

こちらもちろん、混みますしやや高め。

子連れで行って、ガッツリ夕食にする感じではないかなと思います。

東山動物園駅のすぐ近くには、スーパーがいくつかあり、21時まで開いているところも。

再入園ができるし持込もできるので、早めに買って軽く夕食を済ませておいてもいいかなと思います。

夜の遊園地も見どころのの一つ!

わが家はナイトズーでは遊園地に行ったことがないんですが、遊園地も閉園時間を延長して営業してます。

イルミネーションされた遊園地は、雰囲気たっぷり。

なんていうか、あそこの遊園地は非常に昭和感があるというか、ノスタルジックな雰囲気がありますからね。

ナイトパスポートも1000円で販売されるので、気になる方はぜひ行ってみてください。

まとめ

普段とは違う夜の動物が、通常料金で見れるのはとても魅力的。

ですがやっぱりいつも以上に混むので、車で行く方は注意しなきゃです。

一日まるっと余裕がある方は、開園時間には現地に到着して、ゆっくり回りながら夜を待つっていうのが安心かなと思います。

再入園もできるので、それも安心ですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。