転勤族の美容院選びは思いのほか難しい。私の選び方と諦め

転勤族は引っ越すたびに、通っていた場所を変えなければいけません。

よく行っていた飲食店もそうだし、病院や美容院もそう。

土地勘がなく評判をネット情報に頼らなければいけない引っ越し初期は、不安に思うことも多いんですよね。

数か月に一度は必ず行かなければいけない美容院。

転勤族の美容院選びって思いのほか難しい。私がこうやって決めているという選び方です。

スポンサーリンク

転勤族の美容院選びは時間がかかる

ホットペッパーなどのクーポンサイトが登場し始めたとき、「美容院ジプシー」なる言葉がジワジワと使われ始めていました。

今でも使ってるのをしばしば見ることもありますね!

美容院ジプシー=美容院難民

クーポンサイトの初回割引価格で、いろんな美容院を渡り歩くという難民生活をしている人のイメージ。

この美容院ジプシーにはゴール設定が二つありまして、

・巡っているうちに出会った好みの美容院に通おうと思っている

・半永久的に初回限定価格で切り続けていきたいと思っている

転勤族の美容院選びは、「好みの美容院に出会おう」というジプシー生活を、引っ越しのたびにすることになります。

マイナビニュースの調査によると、美容院に行く頻度について

3か月に1度:41.5%

2か月に1度:28.6%

半年に1度:16.1%

データ引用:https://woman.mynavi.jp/article/140605-204/

私自身も、頻繁に行くのは面倒くさいから、美容院に行くのは3か月に一度くらいのもの。

1年かけても4つの美容院しか行けないから、自分に合うお店を見つけようと思うとけっこう大変です。

それこそ数年単位で探すつもりでいないと、なかなか見つけられないんですよね。

場合によっては、探しているうちに次の転勤辞令が出てしまうことも。

見つけたと思ったら数か月後に転勤、なんてのもあるかもしれません。

帰省のときに実家近くの美容院に行くのもアリ

転勤族にとって、定期的に帰ることができる固定の場所といえば実家!

実家の近くの美容院に、帰省するたびに通うというのもアリですね!

何度も行っているお店もあるでしょうし、引っ越しても実家は変わらないので美容院を変更する必要もなし。

子どもが大きくなってくると帰省回数が減ってくることもあるので、子どもの年齢も考えなきゃいけないかもしれませんが。

転勤族妻である私の美容院の選び方

もともと、美容院が非常に苦手な私。

スポンサーリンク

知らない人に電話をするのが嫌なんですが、その中でも美容院は最上級に嫌ですね。

電話の前で10分間身もだえするくらいに嫌。

何度も行っているお店でさえそうなんだから、初めてのとこなんて罰ゲームですよね、そんなもん。

ですが一応は女性なので、あるレベルを越してしまうと髪を切らないとエライことになります。

嫌な思いをして電話をして、鬼のような緊張タイムを過ごしたのに不出来ってのが一番ガマンならん。

ということで、失敗したくない転勤族妻な私の美容院の選び方コミュ障バージョンです。

金額は重要。全国の美容院代金平均は?

言うまでもなく、金額の要素は美容院を決めるうえで非常に重要です。

2000円のカットと6000円のカットじゃ、失敗したときのダメージが違います。

主婦ですもの。

マイナビウーマンによると、1年間の美容院代金は

1万円~3万円:32.4%

3万円~5万円:21.3%

5万円~10万円:18.4%

データ引用:https://woman.mynavi.jp/article/160506-7/

3か月に1度の美容院という人の割合が多いことを考えると、

2500円~7500円/1回あたり

7500円~12500円/1回あたり

12500円~25000円/1回あたり

このくらいの価格層が、ボリュームゾーンなのではないかと思います。

カットだけなのか、カラーや白髪染めをしているのかでも変わりそうですね。

美容院の代金は、地域によっても差があります。

都市部に行けばやっぱり家賃も高くなるからカット料金も高くなる傾向がありますし、郊外だと逆パターン。

基本的には、その地域での相場価格よりは安いお店を探します。

安いとこばかりを探すのはどうかとも思っちゃいますが、「安くて良い」が見つかればこちらとしてはラッキーです。

オーダーは完全に指定

「おまかせで♪」というセリフは若い子の専売特許で、私みたいのが言うとパワハラになります。

まぁ初対面の顧客におまかせって言われても、美容師さんも困っちゃでしょうしね。うむ。

とにかく、どんな髪型にしたいかというオーダーは完全に指定するようにしています。

写真を必ず見せるようにして、フロントとサイドとバックが揃っているものしか選ばないように。

似た雰囲気のものがあれば、参考としてそちらも持って行きます。

その都度、

・こういう髪型が好きです

・顔のこういうとこが気になるから隠したいです

ということを伝えます。

指定した髪型が似合わない場合は、良い美容師さんは「ここはこうしときましょうねー」とサラッと言ってくれます。

転勤族な私の今の美容院

今の地域の居住期間が思いのほか長くなりました。

やっと通おうと思える美容院を見つけたのは、ほんの数か月前。

引っ越してきてから3年くらいたってからでした。結局はそんなもんですね。

転勤が続くといろんなものを新しく探さなきゃなので大変ですが、せめて楽しみながらできればと、次回の辞令に思いをはせるのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。