入学式の母親のストッキングは何色?黒やタイツはダメ?マナーを調査!

子どもの入学式って、主役は子どもではあるものの、母親は服装やらなにやら迷うことは多いですよね。

服装!とかはまだ分かりやすいですが、小物類って何が正しいのかが分からなくて悩みがち。

スーツを着る場合は必ず履くことになるストッキング。

(‘_’)「なんでもいいじゃん、そんなの」

思いがちですが、実はいろいろなマナーがあるんですよね。

入学式で母親がはくストッキングについてまとめてみました!

スポンサーリンク

入学式の母親のストッキングは何色?黒でもいい?

一般的には、入学式や卒業式などのハレの日のストッキングは肌色です。

フォーマルな場でのストッキングって黒色を思い浮かべがちなんですが、黒いストッキングは喪の装いになってしまうので入学式ではNG。

といっても、暗めの色合いでコーディネートすることの多い卒業式とは違い、入学式では明るめの色で合わせることが多いですよね。

入学式で黒いストッキングをチョイスする方は、そんなにいないかなと思います。

淡い色合いやパステルカラーを選ぶことが多いと思うので、ストッキングも肌色のような明るい色のほうが合いますよね。

「フォーマルな場では黒いストッキングは履かない」

とはいうものの最近では、みんながそこまでカッチリとマナーを守っているわけではありません。

七五三にしてもしかり、卒入学式にしてもしかり、ママたちの服装を見る限り自由度は高くなっています。

すべてが真っ黒になってしまうと喪服のように見えてしまいますが、不自然にならないようであればそれほどおかしくないかなとも思います。

ただやはり、入学式では明るい色のストッキングをはいている方のほうが多いです。

選ぶなら肌色にしておくほうが無難です。

入学式のストッキングは肌色なら何でもいい?柄ありやラメは?

一般的には「柄はないほうがいい」「ラメは入ってないほうがいい」

いわゆるっていう、普通の肌色のストッキングをすすめられるんですよね。

もちろん無難なものを選んだら間違いないですし、印象もいいかなと思います。

が、その一方でそこまで厳密にする必要もないかなとも思うわけです。

・あまりに目立つ柄はやめたほうがいい

・あまりに目立つラメはやめておいたほうがいい

加減の問題ですね。

普通の肌色のストッキングにワンポイントついているものを履いていたママは、見ていておしゃれだなって思うし、少し光沢があるタイプのストッキングは足がキレイに見えます。

柄は入ると目立つので、あれ?と思うかもしれないですけど。

目を引くくらい派手だったり、子どもよりも目立ってしまったりっていうのはNGですが、そうでないならある程度はおしゃれを楽しんでもいいんじゃないかと思っちゃいます。

入学式の肌色ストッキングは地色より少し濃いものを選ぶときれい

肌色のストッキングは色選びが重要。

自分の肌の色よりも、少し濃いめを選ぶと足がキレイに見えます。

足に打ち身がある場合とかも、少し濃い目にすることで目立たなくなりますしね。

膝こぞうの血色の悪さもカバーしやすいっていう。

ストッキングは小物でありながら、自分に合っていないものを履いていると「浮いている」というのが他人の目から見てもわかってしまいます。

・ネットで買わずにお店で手に取ってみたほうがいい

・素肌感を出したいなら薄いものを

色によってはかなり老けて見えるものもあるし、素材感によってはダルダルになっちゃうものも。

ぜひ手に取って素材感と色をしっかりと確認してから購入するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

入学式の母親のストッキングのかわりにタイツじゃダメ?

入学式の時期って、まだ寒い日も多いんですよね。

「真冬並みの寒さに…」なんて日もあって、スカートにストッキングがつらく感じることも。

そんなとき思うのはこれ。

(‘_’)「タイツを履いたらだめですか…」

明確に「入学式にタイツはダメ!」というルールがあるわけではないですが、フォーマルな場ではストッキングのほうが無難です。

ただ、あまりにも寒い場合はタイツを履いていってもいいんじゃないかとも思います。

わが家の子ども、前回の入学式はタイツでしたしね。

そもそもストッキングとタイツの違いは、きっちりと定義されているわけではないんですよね。

タイツとストッキングって何が違う?履いたらおかしい?

・分厚いものはタイツで薄いものはストッキング

・30デニール以上がタイツ、30デニール未満がストッキング

・20デニール以上がタイツ、20デニール未満がストッキング

こんなふうにあやふやですし、加圧ストッキングなんて200デニール以上のものがありますし。

タイツを履いたからといって、陰口を言うようなママはいないですし、寒かったら仕方ない。

入学式にタイツとストッキングで迷うなら加圧ストッキングはおすすめ

(‘_’)「入学式だからストッキングのほうが無難だよなぁ…」

(‘_’)「でも体育館、寒いんだよなぁ…」

タイツほど暖かかくはないですが、肌色の加圧ストッキングはおすすめ!

入学式にタイツを履く抵抗感の理由って、均一に分厚いことだと思うんですよね。

履いてますよ!的なアピールがすごいというか。

加圧ストッキングは100デニール以上あるものも多く、分厚いながらきちんとストッキングっぽいものもあり。

加圧されるので細くは見えるけど、お腹あたりまでギュッとされるので苦しい。

ですが、普通のストッキングよりは暖かいかなと思います。

まとめ:ストッキングに迷ったらパンツスーツも可

ストッキングに迷うなら、パンツスーツにするのもいいですよね。

パンツスーツの下なら、足首までのタイツを履いてっていう防寒対策もできますし、見える範囲が狭いのでそこまで気を使う必要もなし。

最近の入学式では、多くのママさんがそこまで堅苦しくマナーを守っているわけではありません。

ぜひぜひ、子どもの入学式を気持ちよく祝えるように、楽に過ごせるように考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。