名古屋市南区ブルーボネットに行くならランチはどこで?お弁当持込は?

植物やガーデニングが好きな方なら、ゆっくりと訪れてみたいと思うことも多い『名古屋港ワイルドフラワーガーデンブルーボネット』

そこまで広い施設ではないですが、ゆっくり見て回ろうと思うと気になるのはお昼ご飯。

ブルーボネットに行ったときのランチ情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

名古屋港ブルーボネットのランチ情報!お昼ご飯はどこで食べられる?

ブルーボネットは、外国の著名な方にデザインしてもらったガーデニングを楽しめる場所。

日本では珍しい植物に出会えることもあり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

随所にイスが置いてあり、談笑しながらお庭を眺めることができる環境。

せっかくなら、庭を見ながらお弁当でも♪

そう思うくらいに、素敵なお庭!

ですがブルーボネットでは、基本的に飲食の持込が禁止されています。

熱中症対策のため、夏場は水筒の持込ができますが、それ以外の時期では不可。

もちろんお弁当も持込ができないので、お庭のイスに座って…というお昼ご飯はできません。

たくさんイスがあるのに残念。

チェック

お弁当を持ってきた場合は、海沿いの広場か南エリア(歩道橋を渡った先)を利用します。

チケットを見せれば再入場可能です。

ただし、海沿いの広場はともかく、南エリアは少し遠いです。

気候が良いときじゃないと、お弁当持参は少し厳しいかも。

ということで、ブルーボネットに行ったときのランチは、基本的にはお店で食べる感じかなと思います。

ブルーボネットの中のレストラン

ブルーボネットには、入り口すぐのところにレストランがあります。

こちらがブルーボネットの唯一のレストランで、ソフトクリームなどの屋台販売はあるものの、食事がとれるのはここだけかなと思います。

入り口の建物に併設されている『アウラ』

スポンサーリンク

気候が良ければ外でも食べられるみたいですが、この日は暑すぎて誰もいませんでした。

メニューはまぁ普通な感じで、1000円~2000円弱くらいの価格設定です。

和食と洋食が半分ずつくらいであるようなので、過不足はないんじゃないかなと思います。

ブルーボネットの近くでランチができる場所はある?

(‘ω’)「施設内のレストラン以外で食べたいなぁ…。」

ブルーボネット近辺は、びっくりするくらい飲食店がありません。

車で来た場合は、駐車場も無料だし再入場もできるので、お昼を食べてもう一度戻るのもいいですね。

バスなどで来た場合は、徒歩で行ける場所に飲食店はありません。

こちらブルーボネット周辺の地図。

島みたいになっているところを抜けていくと、食事ができるところが増えてきます。

車だと約10分くらいかなと思います。

車でお昼ご飯を食べるなら、こちらからでも探しやすいかなと思います。

≫≫[ホットペッパー]南区ブルーボネット近くの飲食店

また、ブルーボネットから一番近いエリアの飲食店はこちらから。

≫≫[食べログ]ブルーボネット最寄り柴田駅周辺の飲食店

まとめ

個人的には、ブルーボネットに行くときはお昼を済ませてから行くか、開園直後に行ってお昼前に帰るかっていうパターンがいいかなと思います。

気候が良ければお弁当を持参するのが一番いいかもです。

ブルーボネットについては、こちらもぜひご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。