三重県菰野町『希望荘』に行ってきた!画像多数!感想を口コミレポするよ

三重県菰野町にある『希望荘』は、健康増進施設として認定されている湯質の良い温泉。

近くにある御在所ロープウェイは観光名所でもあり、宿泊費用もリーズナブル。

家族連れで泊まってきたので、画像多数でレポします!

スポンサーリンク

三重県菰野町の希望荘に子どもと泊ってきた!感想レポ

大阪方面からは約2時間、名古屋からも約1時間で行ける好立地。

館内にケーブルカーが使われていることから、子どものテンションもぐいぐい上がる希望荘。

わが家の宿泊プランだと、朝夕の食事がついて4人で3万5千円ほどという低価格。

なのに見た目からけっこう豪華です。

館内がちょっと複雑な形になっていて、私なんて最後まで把握できなかったんですが…><

受付があるのは「山上館」

そこからケーブルカーで本館の3階とつながっていて、本館は全部で4階建て。

お風呂や客室はすべて本館にあります。

滞在中はすべて本館内で何もかもできるようになっていて、山上館に行くのはチェックインとチェックアウトのときだけ。

駐車場ももちろん山上館前にあります。

受付がある山上館の中に入ると、和のふんいき。寅さんの映画舞台になったこともあるようで、宣伝されてます。

ラウンジのような感じで、休めるところがあり、奥には喫茶や土産物やさんもあります。

希望荘のケーブルカー

子どもと一緒に、期待していたケーブルカー。

受付の奥を過ぎると、乗り場がすぐに見えます。

ちなみに、乗り場の横にはパワースポットでもあるハート形の池。

どうやら、コイントスできたら願いが叶うらしい。

見えます?コイントスの狙いである器、超小さいの。無理ゲー。

でも何枚もコインが入っていて、子どもと一緒に何回か挑戦したけどかすりもしなかった。

さて気を取り直してケーブルカーに。

まるでエレベーターのような雰囲気。

ケーブルカーにはベランダのような感じで外に出られるドアもついていて、風を感じながら移動することもできます。

距離がそれほどないので、待ち時間も少ない。

普通の旅館にはないこの設備に、子どもたちは喜ぶし私もテンション上がる。

希望荘の客室部屋

希望荘の客室の鍵は、首からかけるスタイル。

プレートに部屋番号が書いてあって、ついている鍵は二つ。

1つは部屋の鍵で、もう一つは客室内にあるロッカーのカギだとか。

いろんな部屋ランクがあるんですが、わが家は一番一般的…というか安いプランにしました。

でも周囲の雰囲気はいい感じ。

土壁のような作りで、和モダンな雰囲気が良い。

部屋はまあ普通に和室。

でも小さいながらも縁側があります。

窓が自由に開閉できるので、縁側に出ることもできます。

小さい子だとちょっと危ないのかな。うちは小学生なので、翌日の雪の中、縁側で遊ぶことができました。

ロッカーはこんな大きいやつが、人数分ドンドンッと部屋内に。

スポンサーリンク

この中に、アメニティが入ってます。浴衣とタオル(大小1枚ずつ)と歯ブラシとクシ。

温泉旅館なので、客室内にお風呂はありません。

客室内には加湿器が置いてあるんですが、それでもかなり乾燥します。

気になる方はなにか対策できるものがあるといいかも。

希望荘のお風呂

希望荘にはお風呂が3つ。

・大浴場(自助の湯)

・こもれびの湯(湯けむりの里)

・望山の湯(湯けむりの里)

あとは「ラドンの泉」というのもあるんですが、こちらは宿泊者でも別料金を支払わないといけない特別施設です。

ただ残念ながら、湯けむりの里の2つの温泉もラドンの泉も、どちらも小学生以下は入ることができません。

ロッカーの中にある浴衣はすべて170サイズなので、それ以外の方はラドンの泉近くの浴衣コーナーで貸し出し。

ここにあるのは小さいサイズでも150からなので、子ども用はフロントで別途伝えないといけません。

自助の湯

日帰り入浴時間:11:00~22:00

宿泊者入浴時間:15:30~24:00/6:00~8:00

こちら入り口。

大浴場というだけあって、広々とした作りです。

日帰り入浴者はここの受付で、券を購入するみたい。

更衣室は、日帰り入浴者は貸ロッカーがありますが、宿泊者はカゴ。

スペースが離れているのでいいんですが、なんとなく無防備な感じになっちゃいますね。

中にあるアメニティは(女性のお風呂)、

・シャンプーとリンス

・ボディソープ

・メイク落とし

・髪を結ぶゴム

大浴場は露天風呂もあり、朝方は非常に景観がきれいです。

冬の朝6時ごろに入ったので、朝日がきれいに見れました。

ただ、洗い場のすぐ後ろに露天風呂へのドアがあるからなのか、寒かったのが印象深い。

湯けむりの里

こちらには、小さい子がいる方は行きにくいかも。

でも状況が許すならばぜひ行ってほしい!このお風呂が一番気持ちよかったです。

一つ目は「こもれびの湯」

宿泊者入浴時間:15:30~24:00/6:00~8:00

日帰り入浴時間:11:00~21:00

ラドン100%の湯で、とろみがあってつるつるとしたお湯。とても気持ちいいです。

スペースは狭いし、体を洗うスペースもなく、ただ湯舟があるのみ。

完全にリピしたいと思える良質な温泉。

二つ目は「望山の湯」

宿泊者入浴時間:15:30~21:00

日帰り入浴時間:11:00~21:00

こちらは完全な露天風呂。CMで猿が入浴しているような、山の中にボンってあるお風呂です。

お風呂の横に名ばかりの脱衣スペースとカゴが置いてあり、もちろん洗い場もなし。

ですがこれぞ露天風呂!

希望荘のバイキングの食事

高いプランにすれば他の食事もあったみたいですが、わが家は朝夕バイキングプラン。

会場を上から見るとこんな感じ。

雰囲気はいいんですが、朝夕ともにバイキングの食事は微妙。

これはじゃらんや楽天トラベルなどの口コミを見ても明らかですね!微妙です。温泉が良かっただけに残念。

食事処のすぐ横に喫煙スペースがあるんですが、ニオイがけっこう漏れてきます。

宴会などに重なると、よけい喫煙者が増えるからかもしれません。

清浄器を置いてくれているみたいですが、それではおさまりきらないくらいの煙。

子連れにはちょっと辛い。

夕食バイキング

こちらは焼肉バイキング。ちょっとビックリ。

バイキングとは別に、1人一品ずつメイン料理を選ぶことができます。

わが家は刺身盛り合わせをチョイス。おいしい。

焼肉バイキングは焼く具材の種類が少ないのが難点。

私が行ったときは5種類くらいの肉とソーセージ。半分凍っているお肉もあり。

ただ、自分で作れるお鍋は楽しかった。

この日はみそだれとチゲ鍋。

机の上で固形燃料を使って作ります。こちらはおいしい。

朝食バイキング

朝食バイキングも、種類の少なさが難点。

ここらへんがほぼすべて。

プラスお蕎麦と湯豆腐。

まとめ

・旅館全体の雰囲気は良い

・温泉も良い

・食事は微妙

バイキングは子どもが楽しめるからいいんですが、残念な部分もいくつか。

夕食なしプランにして、朝食だけ希望荘で食べてもいいかもなぁと思います。

菰野町の観光レポはこちらからどうぞ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。