祖母の七回忌の香典の金額と香典袋の表書きは?気になるマナーを調査!

年忌法要である七回忌。

子どもが大きくなるにつれて、こういった法要に出席する機会も増えてきました。

大人になって家庭を持つと、だんだんと自分たちで判断して行わなければいけなくなります。

(‘ω’)「そんなこと言っても、七回忌なんて初めてでどうしていいか分からない!」

祖母の七回忌のときに、失礼のないようにマナー違反がないように、香典の金額や服装などのまとめです。

スポンサーリンク

祖母の七回忌の香典の金額はどれくらい?

仏教においては、一周忌以降の命日に行う法要のうち、3回忌、7回忌などは家族や親せきが集まって供養します。

七回忌は亡くなってから満6年目に行う法要で、このころからは規模を小さくしていく場合も多いようです。

チェック法要は何回忌まであるの?

いつまで法要を行うのかは決まりがあるわけではありませんが、一般的には

「3回忌」「7回忌」「13回忌」「17回忌」「23回忌」「27回忌」「33回忌」

33回忌で年忌止めということで、法要を打ち切ることが多いと言われています。

7回忌は招かれる人が親族だけになることも多いですが、法要なので香典を渡す必要があります。

そして香典の金額は、故人と自分との関係によって変わります。

今回は祖母の七回忌なので、関係は「祖母と孫」ですね。

一般的に、祖母の七回忌の相場とされる金額は1万円~3万円ほど。

金額に幅があるのは、渡す人の年代や親密さによって上下するからです。

20代の人が出せる金額と50代の人が出せる金額は違いますので、無理なく出せる金額にしましょう。

また、法要の後に会食がある場合は、5000円~1万円ほどを上乗せして包みます。

このように七回忌の香典の金額は「包む金額+会食代」で考えるようにすると、分かりやすいかもしれないですね!

七回忌法要の香典のお金について知っておきたいマナー

忌み数字は避ける

「4」「9」は法事で包む金額としても好まれません。

金額の都合上、どうしても4万円になってしまうという場合もあるかもしれませんが、そんなときは

・1万円減らして3万円にする

・1万円増やして5万円にする

などして、忌み数字は避けておいたほうが無難です。

また、結婚式の祝儀でありがちな「偶数は良くない」というルール。

故人との縁が切れることを連想させてしまうので、香典の際も偶数枚を包まないようにする方も多いようです。

チェック2万円の香典はあり?なし?

香典1万円に会食費1万円というふうに、2万円がちょうどよい金額になることも。

偶数はあまり良くないとは言われるものの、「2」自体は忌み数字ではありません。

枚数を奇数にするなどして包めば、問題ありません。

七回忌では新札ではなく古いお札を包む

「新札は用意していたようになるので古いお札を使う」と言われていますが、七回忌の場合は事前に知っていることなので当てはまらない…。

ように思いますが、やはり新札ではなく古いお札を使ったほうが無難です。

気にする方はやはりいますので、慣習にしたがうほうが良いかなと思います。

夫婦で七回忌に出席するときは金額を増やす

夫婦連名という形で香典を包むときは、1万円~2万円の上乗せを。

会食費が一人につき5000円~1万円ほどだと考えられるので、それを考えた金額に。

祖母の七回忌のときの香典袋の書き方

香典の金額が決まっても、七回忌のような法要のときにはきちんと香典袋に入れるのがマナー。

(‘ω’)「どんなふうに書けばいいの?」

そう思ったときの、七回忌の香典袋のマナーについてです。

七回忌法要の香典袋の表書き

表書きは個人の宗派によって変わるもの。

それだけに、どんな表書きのものを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

・御仏前

・御霊前

・御香典

などなどいろいろありますが、例えば「御霊前」は一部の宗教では使われていません。

それを考えると、どのような宗派でも使える「御香典」の表書きにしておくのが良いですね!

どの宗教なのかが分からない場合は、「御香典」を使うようにしてください。

チェックどの宗派がどの表書き?

御霊前:仏教や神道、キリスト教でも使えるが、浄土真宗では使わない

御仏前:浄土真宗で使われるが、他の宗派では使わない

御香典:宗派関係なく使われる

キリスト教の場合は「お花料」、神道の場合は「御榊料」などが使われることもあります。

また、葬儀のときは薄墨を使いますが、七回忌法要のときは普通の墨を使って書きます。

香典袋の名前の書き方

香典袋に名前を書くときは、フルネームで、ボールペンなどは使わずに書きます。

連名で書くときは右側を目上の人に、3人以上になるときは「外一同」と書くとスマート。

スポンサーリンク

七回忌法要香典袋の水引

水引にはいろいろな種類がありますが、七回忌のような不祝儀のときに使われるのは「結び切り」や「あわじ結び」というもの。

慶事には紅白の水引ですが、七回忌のときには黒白もしくは双銀などを使うことが多いです。

結び切り

中央で固く結ばれていてほどけないことから、「二度とあってほしくないこと」「繰り返したくないこと」に使います。

あわじ結び

結び切りの一種で、こちらもほどくことができません。

慶事、仏事どちらにも使うことができ、「二度とあってほしくないこと」に使います。

七回忌法要のときに使う代表的な水引はあわじ結びで、色は

・黒白

・双銀

「黒白」は一番メジャーな不祝儀のときの水引で、法要や葬式のときなどに使います。

神道の場合は、一周忌に相当する一年祭以降は使いません。

「双銀」は、「黒白」の水引が銀色になったもの。

通夜や葬儀、法要などの香典を包むさいに使われ、比較的金額が多いときに用いられます。

見た目も、銀が入っているので黒白よりもゴージャスです。

関西では一部の地域で、香典袋に黄白の水引を使うこともあるようですが、一般的には一周忌までとされています。

七回忌の場合は、あわじ結びなどの水引を使うことが多いようです。

香典袋の中袋の書き方

香典袋には、中にお金を入れる用の袋がついていることがあります。

中袋に金額を書いておくと、後から計算する方が楽になります。

中袋の書き方は何種類かありますが、上記のように袋の裏側に、右に金額、左に住所と氏名を書く方法がひとつ。

表中央に金額を書き、裏の左に住所と氏名を書く方法。

裏の左に寄せて、金額、住所、氏名を書く方法。

中袋に書くことがらは「金額と住所と氏名」の3つ。それを忘れないように記載しましょう。

また、金額は漢数字で書きます。

これは、数字よりも見間違いが少ないとされているため。

書きなれないものもあるかもしれませんが、確認してみてくださいね。

1:壱

2:弐

3:参

5:五、伍

10:拾

100:百

1000:壱阡円

10000:壱萬

中袋がない場合は?

略式のときや金額が少ないときは、中袋を使わないこともあります。

そのときは、金額や住所氏名を香典袋の裏に記載するようにします。

もし中袋がいるなぁと思われる場合には、自分で用意しても問題ありません。

香典袋のお金の入れ方

不祝儀の場合は、お札を入れるときは顔が裏になるように封筒に入れます。

七回忌ではそこまで気にしないという方もいますが、慣習通りにしていたほうが無難かなと思います。

↑上から見たときに、顔が裏になるように入れます。

また、すべてのお札の向きはそろえるようにしましょう。

その他、香典袋のお金の入れ方などについては、こちらも参考にどうぞ。

不祝儀袋(香典袋)の書き方とお札の入れ方。ふくさの包み方も徹底マスター
突然必要になることが多い香典袋の知識。表書きや氏名の書き方、お札の入れ方などをまとめています。

祖母の七回忌の香典、わが家の場合

わが家の祖母の七回忌は、きちんとした法要などはせずに、家族(父母と子どもとその孫)での会食だけで終わりました。

父母も年をとってきて、他の兄弟姉妹は遠方に住んでいるため、一堂に会するというのがなかなか難しくなってきたんですよね。

・法要はなく会食のみ

・仕事で私の主人は来れず子どもと私のみの出席

これで包んだ金額は3万円でした。おそらく、一般的な金額なのではないかなと思います。

会食のみの七回忌のことについては、こちらでもご確認ください。

まとめ

・祖母の七回忌の香典金額は1万円~3万円

・会食がある場合は上乗せ

・夫婦連名にする場合は上乗せ

七回忌を境に、年忌法要は規模が小さくなっていくと言われています。

家族だけでの法要でも故人がさみしくないように、思い出話に花を咲かせてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。