結婚式に出席する女の子の靴やタイツは?知っておきたいマナーとおすすめは

結婚式に子連れで参加するとなると、やはり子どもにもその場にあった格好をさせなきゃと思いますよね。

親はフォーマルな場面に出ることがちょくちょくあるので、結婚式の服装ってそれなりにイメージがつくもの。

ですが、子どもの靴ってどれを履かせようかな?と悩むこともあるのではないでしょうか。

参列するなら知っておきたい、結婚式の子どもの靴についてのまとめです!

結婚式に子どもが出席するときの靴のマナーってある?

結婚式に出席するときの靴のマナーは、「子どもはこうするべき」という決まりがあるわけではありません。

だからといって自由というわけではなく、結婚式というフォーマルな場に合った靴を心がけたいもの。

親はなんとなく「子どもなんだからいいでしょ」と思ってしまいがちですが、ふさわしくない格好をしていて恥ずかしいのは親や子どもだけではなく、呼んでくれた新郎新婦も感じること。

基本的には大人のマナーに沿った形で、場に合った格好ができるようにしたほうがいいかなと思います。

とはいうものの、結婚式に出るときの靴のマナーって?

最低限、守っておきたいものを紹介します。

結婚式の子どもの靴はつま先が隠れるものを

大人でよく言われる「結婚式にはつま先がかくれるパンプスを」は、子どもに対しても言えること。

小さい子にはあまりないかもしれませんが、つま先があいている靴はフォーマルな場所には不向きです。

そして、露出はできるだけ避けるといわれている結婚式では、サンダルも避けて。

いくらかわいくてきれいな印象の靴でも、サンダルはやめておいたほうが無難です。

カジュアルすぎる靴も結婚式には不向き

いくら子どもとはいえ、結婚式にはカジュアルすぎる靴は不向きです。

・スニーカー

・スリッポン

普段、遊びに行くような靴を履いていくのは、主催者の方に対して失礼にあたります。

そのままで公園や学校に行けるような靴は避けて、入学式や卒業式をイメージしてみるといいかもです。

結婚式の子どもの靴の色に決まりはない

ドレスについては「花嫁さんが白だから、白いドレスはダメ」と言われますが、靴については色のNGはありません。

靴であれば、白いものを選んでも大丈夫です。

洋服に合わせて、かわいい色の靴を選んであげてください。

チェック

「色の決まりはない」とはいえ、やはり結婚式の主役は新郎新婦。

派手になりすぎる色は避けたほうがいいかなと、個人的には思っちゃいます。

定番の黒や白、グレーや、淡い色のものが、ドレスとも合いやすいのではないかと思います。

アニマル柄はできるだけ避ける

洋服の場合は、アニマル柄や毛皮は殺生をイメージしてしまうのでNGとされています。

靴の場合も同じように、アニマル柄などは避けたほうがいいかなと思います。

子ども用の靴でヒョウ柄やゼブラ柄ってあまりないので、そこまで意識しなくてもいいかもしれないですね。

結婚式で女の子が履く靴のおすすめは?

さてでは、結婚式のときに女の子が履く靴のおすすめを集めてみました!

・主張しすぎないデザイン

・派手ではない色

結婚式で失礼にならないような女の子の靴の紹介です。

黒い靴は結婚式で子どもが履く靴の定番!

黒い靴は、女の子がフォーマルな場で履く靴の定番です。

こういうデザインの靴は入学式や卒業式でも使えるので、年齢が近い子の場合はそれを見据えて買ってもいいかもですね。

少し大きくなると、ヒールがついている靴を履きたくなるものですよね!

ローヒールの靴なら、結婚式で履いてもしんどくなりにくいのではないでしょうか。

小学校高学年や中学生ならローファーでも

小学校高学年~中学生くらいになると、ローファーでもかっこよくきまりそうです。

ヒールがあると、フォーマル感が強くなるかもですね。

結婚式に参加する子どもの靴下やタイツはどんなの?

結婚式に参加するときは

・ストッキングの着用が必須!

・柄が入ったものや網タイツはダメ!

・黒いストッキングもNG!

大人の場合はこんなふうに言われているんですが、子どもの場合はどうなんでしょうか。

夏場はともかくとして、冬は寒くて、子どもにはタイツを履かせたいと思う方もいるはず。

逆に、夏場にも子どもに靴下&靴じゃダメなの?と。

子どもの靴下やタイツは、大人ほど厳密にマナーに縛られる必要はないかなと思います。

そもそも子どもはストッキングを履くことがないですし、小さい子にストッキングを履かせるのは少し不自然。

高校生くらいになれば別ですが、小さい子の場合はあまり気にしなくても良いかなと思います。

結婚式に出席する女の子におすすめの靴下

基本的には派手すぎるものを避けて、ドレスに合ったものを選べばいいかなと思います。

夏場は短いもの、冬場にはハイソックスで。

色は白や黒、グレーなどの定番色がおすすめです。

夏の靴下

定番のフォーマルな靴下。

かわいいのが好きな女の子には、フリルが特徴的な靴下もおすすめ。

さりげないオシャレが目を引きそうです。

冬の靴下

定番の、白いフリルがついたハイソックス。

結婚式だけではなく、発表会や卒入学式のときにも使えそうな靴下です。

フリルがかわいいハイソックスは、大きくなっても履けそうなデザイン。

女の子らしさが際立ちます。

結婚式のときの女の子のタイツのおすすめは?

あまりにも派手な柄や派手な色は避けたほうがいいと思いますが、小さい子であればタイツを履いてもかわいいですよね。

タイツの主張が激しくなりすぎないように、控えめなものを選ぶといいかもです。

シンプルな白いタイツは、結婚式にもよく合います。

フォーマルな場では定番のデザインなので、使い道も豊富ですね。

分厚いタイツは、大人であればNG。

ですが子どもの場合は許容範囲内かなと思います。

まとめ

子どもと言えども、結婚式はフォーマルな特別な空間。

マナーに反する服装は避け、気持ちよくお祝いしたいですね!

結婚式の子どもの服装についてはこちらを参考にどうぞ。

子ども連れの結婚式での祝儀についてはこちらも参考にしてみてください。

いとこの結婚式の祝儀は子ども連れだとどのくらい?表書きの書き方は?
いとこの結婚式に子連れで出席!そのときの祝儀の金額や祝儀袋の表書きの書き方は?子連れで行く際の祝儀についてのマナーまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。