山梨県ほったらかし温泉に子供と行ったレポ!洗い場情報や持ち物リストも

山梨県で有名な、『ほったらかし温泉』に子供と行ってきました!

独特なネーミングですがこちら、山梨の温泉で調べると1番に出てくるほどの有名な温泉。

ただあまりちゃんと情報がなく、イマイチ分かりにくいことも。

行ってきたので、「これどうなんだろう・・・」と思いがちな部分をレポします!

ほったらかし温泉に子連れで行ってきた口コミ!疑問解決!

ほったらかし温泉は、山の上、フルーツ公園を抜けて行った場所にあります。

(*_*)「ホントにこの先に温泉なんてあるの・・・」

初めて行くと、ちょっとした不安を抱かせる立地。

駐車場を挟んで向こう側にはキャンプ場があり、少し山道を車で下ると、レース場があります。

わが家が到着したのは、夕方の5時くらい。

キャンプに来てるっぽい方たちが、温泉に向かって歩いているのをよく目にしました。

キャンプ利用の方はキャンプ場に近い駐車場に、温泉利用の場合は温泉に近い方に、なんとなくですが分かれている感じ。

ほったらかし温泉の駐車場の混雑具合は?

前述したように、キャンプ利用と温泉利用では、駐車する場所が微妙に違ってます。

そのため、キャンプ利用者の多さはあまり関係ないかなと思います。

・早朝(朝ごはんが食べられる時間)

・夕方

・大型連休や土日など

こんな感じで混雑しがちなようですが、あくまでも「比較的」混んでいるという感じ。

駐車場が広いので、混雑しすぎて停められないってことはほぼないかなと思います。

駐車場は全面がかなり雑な砂利の路面。

雨の日などは、子連れだと大変かもなので注意です。

ほったらかし温泉の利用料金と洗い場は?行ってみたレポ!

さてさて、では気になる利用料金と洗い場の様子についてです!

ほったらかし温泉の利用時間

ほったらかし温泉には「あっちの湯」「こっちの湯」二つあるんですが、どちらも日の出一時間前から22時までの営業です。

この日は4時半からの営業でした。

早朝は「こっちの湯」入口横のお店で卵かけご飯が食べられるので、早いうちから来る人も多いとか。

チェック

ほったらかし温泉は、湯舟の中から富士山が見えます。

毎回見えるというわけではないですが、夜明け前に入浴すると日の出が見えることも!

日の出&卵かけご飯が、早朝の人気の理由ですね!

ほったらかし温泉の利用料金

大人:800円

小人:400円

「あっちの湯」「こっちの湯」それぞれにこの料金がかかります。

いざほったらかし温泉の洗い場に!

前述しましたが、ほったらかし温泉には二つの湯舟が。

あっちの湯のほうがこっちの湯よりも規模が大きいので、あっちの湯のほうが人気なんだとか。

そう言われるとやっぱり、「あっちの湯」に行こうかって気になるもんです!

入口の横からは、よい景色が。

眼下に広がるのは、山梨市の風景です。

スポンサーリンク

このあたりで記念写真を撮ってる方も多いです。

降りていくと、受付に。

チケットを購入して、受付の方に渡します。

タオルの貸出はなく、販売のみ。

ただこのタオルはほったらかし温泉オリジナルのもので、お土産にもなりそうなデザイン。

外国から来られた方たちが、けっこう購入してました。

下駄箱のところにコインロッカーが一つ、脱衣所にもコインロッカーがあります。

100円ですが、お金は戻ってきません。

かつて盗難があったそうなので、貴重品は持ち込まないようにするか、ロッカーに入れておくかにしたほうがいいかなと思います。

脱衣所からは撮影禁止なので写真はないですが、

・ドライヤーあり

・洗い場の中にリンスインシャンプー、ボディシャンプーあり

すべてが揃ってるわけではないけど、シャンプーがあるのはありがたいですね!

お風呂の温度はぬるめで、景色を見ながらゆっくりと入れる感じ。

あっちの湯の女風呂には、露天風呂が二種類と浴場内に一種類の浴槽がありました。

ほったらかし温泉、風呂上がりの過ごし方

お風呂上がりには、よい景色の中で一休み。

お店がいくつかあって、休憩所もあるので、のんびりと。

卵かけご飯の『気まぐれや』では、夕方はカレーを販売してました。

向かいの店では、ソフトクリームやラムネが。

わが家は、ラムネを飲みました。

ほったらかし温泉は子供や乳幼児でも大丈夫?

浴場の中は、一般的な温泉のように整備されているわけではありません。

気をつけて歩かなければいけなかったり、滑りやすかったりするので、そのへんは注意が必要です。

が、湯温が低いこともあり、小さい子は入りやすいんじゃないかと思います。

(*_*)「熱くて入れない!」

よく文句を言うわが家の子供たちですが、ほったらかし温泉は「気持ちいい!」

ぬるさがちょうどいいみたいでした。

例えばスーパー銭湯にあるようなベビーベッドなどはないので、赤ちゃんを一人で連れて入るのは大変かも。

少し大きくなっていれば、むしろ喜んで入る温泉だと思います。

ほったらかし温泉に行くときの持ち物リスト

基本的には普通の温泉と同じ。

・タオル

・洗顔料やシャンプーなど(シャンプーは常備されている)

・ボディタオル

・下着など替えの一式

ほったらかし温泉は、駐車場から温泉までが少し遠いです。

荷物をひとまとめにできる、大きいバックで行くと楽チン。

脱衣所にはコインロッカーと、無料で使えるカゴがありますが、お客さんが多いのでカゴが人数分使えないこともあります。

ママのものと子供のものと、一緒に置いても分かりやすいように、子供ごとに荷物をまとめておくといいかも。

わが家はたまたま、ジップロックに替えの下着と服をまとめてたんですが、自分で着替えてくれるのですごく助かりました。

人が多いとなかなか、お手伝いするのも大変ですもんね。

子供と一緒にほったらかし温泉:まとめ

景色も良く、運が良ければ富士山も見える。

ぬるめなので、子供もゆっくりとつかれるよい温泉でした!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。