河内長野の観心寺は花の寺!行ってきたからレポするよ

大阪府河内長野市にある観心寺に行ってきました!

ここは弘法大師が作ったとされる寺で、高野山と京都・奈良の中宿として発展した場所。

楠木正成の首塚があったり花の名所だったりと、わりと有名なお寺です。

行ってきたのでレポします!

スポンサーリンク

河内長野の観心寺に行ってきた!見どころをお伝えするよ

基本情報はこちら。

住所:大阪府河内長野市寺元475

電話番号:0721(62)2134

拝観時間:9時~17時

入山料:大人300円 小中学生100円(団体割引あり)

駐車場は全部で3つあり、どれも通常時は無料です。

大晦日やお正月になると、500円かかります。

わが家が停めたのは、お寺から一番近い『山門前駐車場1』

向かいにある『山門前駐車場2』と合わせて100台近く駐車できるみたいです。

わが家が行ったのは平日だったので、駐車場はガラガラ。

広場ではなく、こちら駐車場。

こちらも駐車場。奥にあるのがトイレです。

ちなみに、「有名なわらび餅やさんがあるよ!」と聞いてたんですが、行った日はお休み。

どうやら平日は休業しているようです。

時期的なものもあるのかもしれませんが、食べたいなら土日祝に行くのが安全かも。

お寺の入り口近くには、由来を書いてある看板が。

中はこんなふうな作りになってます。

こちらは観心寺のホームページ内にあるので、詳しくはHPで。

≫≫観心寺公式ホームページ

山門はこんな感じで、とてもおごそか。

ここで写真を撮っている方がとても多かったです。

観心寺では入山料が必要なので、山門を過ぎたところで料金を支払います。

通常はこの価格なんですが、特別展などが行われているときにはプラス料金が発生するよう。

ホームページを確認してから行ったほうがいいかもです。

ちなみに、わが家が行ったときは参拝者が少なくて、受付ではなく納経所で支払いました。

納経所では朱印帳に記載してもらえます。

スポンサーリンク

朱印帳を忘れてもこんなふうに。

300円の納経代金を支払えば、「後からのりで貼ってね」と1枚ペラで書いてもらえます。

本堂の方に向かっていく道。

観心寺は花の名所!混雑しないからゆっくり楽しめる

山門を入ってすぐ、受付の裏には梅林。

時期じゃないので咲いてませんが、梅の時期に行ったらキレイだっただろうなと思う。

中央にイスとテーブルもあるので、お弁当持ってきて梅を見ながらっていうのもいいですよね。

んで、私が行った時期は桜の季節だったんですね。

要所要所でキレイに咲いているところもあるんですが、桜の木が集合してるわけではありません。

だからお花見感はそれほどないですが、ベンチがいたるところに用意されてるんですよね。

だいたい、お花の近くにはベンチが数個用意されてるって感じでしょうか。

お弁当持っていくにはちょうどいいです。

観心寺の他の場所

本堂。

本堂横。

恩賜講堂。

まとめ

今回はお花メインのハイキングで行きましたが、他にも楠木正成の首塚があったり、パワースポットがあったり。

近くには人気の精進料理やさんがあったりと、じわじわと楽しめる場所です。

お近くの方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。