山梨県のほうとう不動に子どもと行ってきた!東恋路店のかまくらが印象的

他府県民にとって、山梨県の名物料理といえば「ほうとう」

山梨県内にはいくつもの有名店があるんですが、中でも『ほうとう不動 東恋路店』はその外観も話題になる店舗。

子どもと一緒に行って食べてきたのでレポします!

スポンサーリンク

山梨県のほうとう不動に子どもと一緒に行ってきたレポ!

山梨県のほうとう不動は、県内に何店舗かあります。

・河口湖北本店

・河口湖南店

・河口湖駅前店

・東恋路店

東恋路店以外の外観は普通の「ほうとう屋さん」という感じで、東恋路店だけ外観が独特。

多数の建築賞をもらっているようで、真っ白なかまくらのような感じです。

わが家は他府県からの観光なので、どうせ行くなら話題になっている店舗に行きたい!ということで、『ほうとう不動 東恋路店』に行ってきました!

ほうとう不動東恋路店の基本情報

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津東恋路2458

電話:0555-72-8511

営業:午前11時~午後8時

※夕方4時以降は閉店時間の確認要

ほうとう不動東恋路店の口コミレポ

入り口はこんな感じ。独特なフォルムで、全体的にはかまくらのような作りです。

見えているところがそのまま壁や天井になっているので、中も独特。

ほうとう不動東恋路店の混雑具合は?

もちろん日によって違うとは思いますが、わが家が行ったときは「そこそこ混んでるな」という印象。

夏休み、お盆前の平日の15時くらいに行ったんですが、わが家の前には2組並んでいる状態。

(‘ω’)「この時間で満席⁈」

ガラガラだろうと予想していたので、これはかなり想定外でした。

とはいえ、待っていたのは10分くらい。

300席あるので、混雑する時間帯でも、他のお店よりは待ち時間は少ないのかもしれません。

ただ、店内は満席でも駐車場の混み具合はそうでもなく、スッと停めることができました。

駐車場が広いってこともありますが、行列ができるほどの混雑じゃなかったからかもです。

他の方によると、時間帯や日にちによっては駐車場も混むそう。

混みやすい12時前後は避けて行くといいですね!

ほうとう不動のメインメニューはもちろんほうとう!

スポンサーリンク

おいなりさんもあるんですが、メインメニューはほうとうのみ。

席に座ったとき、「お食事はほうとうのみですがいいですか?」と店員さんに聞かれました。

もちろんOKだ!!

テーブルの上にはうちわ。

何でうちわ?と思ったんですが、運ばれてきて「あーこりゃ、うちわがありがたいわ」と。

ものすごく熱いからです!

こちらがメニューのほうとう。1人前で1080円です。

これを写真で見ると、そんなにボリュームないように見えるじゃないですか。

(‘ω’)「うどんみたいなもんだし、ササっと食べちゃえるでしょ!」

と軽い気持ちで頼んだんですが、なんつー大きさなんだろう、鍋です。

アツアツのグツグツしてるような鍋に、ほうとうと野菜ががっつり入ってます。

このまま食べる方もいるようですが、お椀を用意してもらえるので小分けにしつつ食べます。

ごつごつしたほうとうに、ふんだんな野菜が味噌ベースで煮込まれてます。

人生初のほうとうで、他のお店で食べたことはないけど、とってもおいしくいただきました。

ちなみにうちの小学生の子どもは、2人で一つを分けながら食べさせました。

1人は高学年ですが、それでも量的にきつかった様子。

低学年の子にいたっては、私と分けるくらいでも良かったかもしれないです。

幼児イスあり、とりわけ用小皿ありです。

ほうとう不動はクレジットカード払いできる?

私が行ったときには、クレジットカード払いはできませんでした。

レジの近くにはおみやげ物も売っているし、どうせならカード払いしたかったんですが、残念。

ほうとう不動に割引クーポンはある?

ほうとう不動の宝刀は、1人前1080円。

ボリュームを考えると決して高い金額ではないんですが、あるなら使いたい割引クーポン。

探してみたところ、ほうとう不動だけで使えるクーポンは発見できませんでした。

いくつかの施設がセットになっているものならあったので、ご紹介です。

2019年9月現在の情報なので、詳しくはご確認ください。

・JTB ほうとう不動+木ノ花美術館+猿まわし券:通常よりも約600円お得

逆パターンですが、ほうとう不動で食事をした人は『河口湖木ノ花美術館』の入館料が200円になる招待券がもらえます。

ほうとう不動の各店舗で店員の方に尋ねてみてください。

まとめ

何店舗かを食べ歩いているわけではないですが、ほうとう不動は大満足でした。

外観の独特さや店内の雰囲気から、子どもも楽しそうにしていました。

ほうとう自体が味噌ベースでうどんっぽいので、取り分けて子どもに食べさせやすそう。

ただうどんと違って固さがあるので、小さい子は注意です。

ほうとう不動の近くには、鳴沢氷穴という観光スポットも。

子連れで行ったレポをしているので、ぜ山梨旅行の際にはぜひ参考にしてみてください。

鳴沢氷穴に子連れで行ってきた!見どころや混雑状況とクーポン情報まとめ
子連れで鳴沢氷穴、どんなとこに子どもは喜ぶ?見どころと混雑状況、比較的空いている時間帯やクーポン情報です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。