安城デンパークの花車のバイキングに子連れでソーセージを食べてきたレポ

安城市の産業文化公園デンパーク。

その中に「花車」というバイキングレストランがあります。

子連れで食べてきたので、「どんな感じだった?」「子どもでも食べられるものはある?」などなどレポします!

スポンサーリンク

安城産業文化公園デンパークの花車でバイキングに行ってきたよ!

デンパーク内にはいくつかご飯が食べられる場所があるんですが、なんといっても花車にはソーセージバイキングがあるんですよね。

んで、ソーセージはデンパークのウリにもなってるわけです。

そりゃあもう、食べないとダメですね。うむ。

花車があるのは、デンパーク入り口から入って右方向にしばらく歩いたところ。

店内でも食べれるんですが、屋外にもテーブルが用意してあって、外でバーベキューも可能です。

外のバーベキュー場からはちょっとだけ離れてますが、子どもが遊べる遊具もあります。

大人が食べている間に、飽きた子どもはここで遊べるっていうことなのかもですが、ちょっと遠め。

小学生なら子どもだけで行かせても大丈夫かもだけど、小さい子は無理かもですね。

座席からは、子どもの様子が見えません。

わが家が行ったときにはかなり暑くて、外で食べている人はいませんでした。

さて、こちらが農場レストラン花車。

隣の建物が、安城市の間伐材を使った工作体験ができる施設になってます。

もしすぐに入れなくて待たなきゃなときは、こういう工作をして待っていられるかなと思います。

ただ工作、どれも値段がちょっと高めですけどね。

さて、バイキングの値段はこちら。

ビュッフェコース

大人:1580円(税抜)

小学生:980円(税抜)

幼児:780円(税抜)

ビュッフェ+ソーセージ+焼き肉食べ放題コース

大人:2040円(税抜)

小学生:1270円(税抜)

幼児:880円(税抜)

ビュッフェコースは、いわゆるっていう普通のビュッフェです。

イオンとかにあるようなビュッフェレストランをイメージするといいかなと思います。

店員さんに「どっちがおすすめ?」と聞いてみると

(・∀・)「いろいろですけど…ここのウリはソーセージなので…」とのことでした。

ちょっと割高感はあるかもだけど、ソーセージ付きにしたほうがいいです。

だって、ソーセージ超ウマいんだもん!!

子どももウインナー大好きなので、ウインナーバイキングはテンションがあがる。

デンパークのバイキングは子どもが食べられるものもある?

こちらが本日のメニュー一覧。見えにくいですね、うむ。

花車の中は、ビュッフェゾーンと焼き肉食べ放題ゾーンと、席が分かれています。

ビュッフェゾーンの奥に、焼き肉が食べられる網がついた席があるんですね。

ビュッフェのとこにはビュッフェの食べ物。

奥の席に行くと、お肉やソーセージが並んでいます。

ではまず、ビュッフェゾーンのお料理から。

テーマパーク内のレストランにしては、種類が豊富です。

しかも、地産地消を掲げているので安城産の野菜を使っているものが多い。そしてウマい。

卵雑炊もありましたし、うどんや豆腐もある。

子どもが好きそうな、ポテトや唐揚げなども置かれています。

赤ちゃんが食べられるものはなさそうですが、2歳や3歳くらいなら食べられるものがいくつもありそうでした。

・お味噌汁は具がけっこう入ってるので小さい子にはいいかも

・カレーは少し辛かった

・うどんは小さい子がよく食べてた

・だし茶漬けは小さい子でも食べやすそう

ちなみに、食器はプラスチックの子ども用があり。

イスも幼児用がありました。

トイレがレストランを出てすぐのところにあるので、万が一のときでも着替えがすぐできます。

スポンサーリンク

デンパークのソーセージバイキング

さて、わが家のメインはこれ。ソーセージバイキング!

席はこんな感じで。

一つの長机に、網が2つ。

わが家は4人家族なんですが、網を2つも使わせてもらえました。

こんなふうにお肉。

肉の種類は、普通の焼き肉バイキングのお店よりは少し少なめでしょうか。

焼き野菜はちょっとだけ置いてありますが、それ以外を食べたい場合は、ビュッフェコーナーまで行かなきゃです。

ちょっと離れているので、それがちょっと面倒。

そしてソーセージ!

この日に出ていたウインナーは3種類。

どれもデンパーク内で作られている手作りソーセージです。

焼いてみる。

火が強いので煙がスゴイ。

こんな感じで。

こんな感じで。

こんな感じで。これはですね、非常にウマいです。

シャウエッセンとかの高級ソーセージを、さらにプリプリジューシーにした感じ。

かなりジューシーなので、子どもは何本もは食べられなかったけど「おいしーいー♪」と。

食べ放題だから、もっと食え。

デンパークのバイキングはシャーベットもウマい

肉は食えないけどデザートなら食える。

女性にはときどきこういう現象が起こるわけですが、ともかくシャーベットウマシ。

デザートは、小さいケーキとゼリー、かき氷があったんですが、狙いはシャーベット。

こちらもデンパーク内で手作りしているシャーベットです。

非常に固くてですね、子どもの力では取ることができなかったんですが、溶け始めるといい感じに。

白桃とリンゴがありました。ウマい。

まとめ

店内は、ビュッフェだけでソーセージをつけてない方もけっこういました。

が、ソーセージはウマいです。

そんでこのお店、店員の方がとても親切で子連れでも気持ちよく食べられます。

うちの子、運んでる途中でジュースこぼしちゃったんですけどね、すぐにフォローしてくれました。

子どもにも「大丈夫だよ」って言ってくれて。

日によっては特別メニューがある場合もあるようなので、デンパークに行ったらぜひチェックです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。