堺市の超有名店『深瀬鮨』の穴子にぎりが絶品!初のえび箱も食べてみた

堺市はとても広くて、その分、「○○ならあそこだよね」という有名お店がいくつかあります。

「くるみもちならかんぶくろ」「白飯なら銀シャリ屋」みたいな感じ。

深瀬鮨もその中の1つで、「穴子寿司なら深瀬鮨」なわけですね。

スポンサーリンク

堺で穴子寿司を食べるなら深瀬鮨が外せない件

名店がだいたいそうであるように、深瀬鮨もまた、遠くからは目立たない外観。

一番目立つのはこの看板かなっていう感じですが、これにしたってそんなに主張しているわけではありません。

にもかかわらずです。

遠くからでも、「あ、あそこらへんが深瀬鮨かな」と分かるんですよ。

なんでかって、深瀬鮨の店舗前には何台かの路駐してる車があるからです。

深瀬鮨の基本情報

住所:大阪府堺市堺区出島町1-1-22

電話:072-241-4593

時間:9:30~18:00

定休:火曜日

電話予約可能なので、たくさん購入する場合には予約をしたほうがいいかなと思います。

ただ職人さんたちの手際がとても良いので、2~3人前くらいの量であれば、待ち時間は多くても15分程度です。

駐車場は、店舗の西側。

進行方向でいうと、店舗を通り過ぎた奥側にあります。

この場所が少しわかりにくいので、店舗の前に停車する方が多いんですが、一応4台駐車できるスペースがあります。

深瀬鮨のメニュー

有名なのはもちろん穴子寿司。

「上穴子にぎり」と「穴子にぎり」、違いは穴子の大きさだけのようですが、実際には味も違うように感じられる方もいるとか。

わが家はですね、いつも普通の「穴子にぎり」です。だって安いんだもん。

深瀬鮨の外観

歴史を感じさせる古い店構えで、のれんをくぐると、職人さんが作っている様子が見られます。

店内の待ちスペースは狭く、4人も入ればいっぱいいっぱい。

そのため、外で待っている方もちらほらいます。

いざ深瀬鮨の穴子にぎりを食す!えび箱も高評価である

わが家が今回買ったのは、穴子にぎりとえび箱。

穴子にぎりは毎回なんですが、えび箱は初めての挑戦です。うちの娘がえび好きなのだ。

スポンサーリンク

えびには「エビ」と書かれている。うむ。

こちらは穴子。

どちらも保存料を使っていないため、早めに食べないといけません。

おみやげにする場合は、当日中に渡せる相手にしか無理ですね。

深瀬鮨のえび箱

わが家の子どもたちには、穴子よりも好評だったえび箱。

6つ入って700円弱というコスパの良さもまた、魅力的です。

横から見ると、中に何か入っているのが見えるわけですが、これは昆布か?

味がしっかりついていて、とてもおいしい。

しょうゆがついているけど、つけなくてもそのままでもおいしい。

ほんのりと甘くて、えびの風味がフワッと広がります。

深瀬鮨の穴子にぎり

こちらは、普通の穴子にぎり。6つ入って、960円(税抜)です。

蒸してある穴子。

ここの穴子にぎりの特徴は、なんといっても、ものすごく柔らかいこと。

歯が弱くなってしまった年配の方でも、噛む力が弱い小さい子でも、へっちゃらで食べられるくらい柔らかいです。

まとめ

立地的に、交通の便が良いところにあるわけではないんですが、堺に来たらぜひ食べてみてほしい逸品です。

穴子にぎりはマストですが、それ以外もおいしい。

子どもでも食べやすいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。