四つ切り画用紙の送り方!子どものポスターや絵画の郵送方法のまとめ

大型連休や長期休暇など、自宅にいる時間が長くなると、子どもに絵を描かせることがよくあります。

小さいサイズの絵ならいいんですが、大きい四つ切りサイズだと「どうやって郵送しよう…」と。

折れ曲がらないようにと思うと、どんな方法にすればいいのか送り方を迷ってしまうもの。

四つ切り画用紙の郵送方法と費用をまとめてみました!

これから画用紙を郵送する方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

四つ切り画用紙の郵送方法とその費用

四つ切り画用紙のサイズは、横540ミリ×縦380ミリ

絵画コンクールなどでは、わりとよくある大きさですね!小さい子には描きにくいくらいに大きいです。

郵送方法としては、一番安いのはもちろん定形外郵便。

しかし定形外郵便で送るためには、「4キロ以内」「縦横高さの合計が90センチ以内」という条件があります。

画用紙なんて50gにも満たないので、重さの面ではまったくOK。

ですが四つ切り画用紙の場合、そのままだと縦と横の和がすでに90センチを超えているため、定形外郵便で送ることはできません。

となると方法は、

宅急便で送る

・丸めて定形外郵便で送る

絵が傷ついたり折れたりしないように送ろうと思うと、この2択になるのではないかと思います。

私は画用紙を送るのが初めてでよく分からずに宅配便にしちゃいましたが、丸めて送るほうがかなりお得!

費用がかなり違うので、どうしても嫌だという方以外は丸めて送りましょう。

四つ切り画用紙を丸めて定形外郵便で送る方法

前述したように、定形外の長さの条件は「縦横高さの合計が90センチ以内」

短い辺を丸めていけば約40センチなので、長さの条件はバッチリ。

特殊な絵でない限り、重さも50グラムを超すことはないと思うので、送料は200円です。

さて、問題は丸めたものを何に入れるかということではないでしょうか。

郵便局で梱包資材を購入する

なんと郵便局ではこのような梱包資材を販売しています。

ゆうパック三角型の梱包資材

その価格、なんと130円。定形外で発送することができます。

文具店で丸筒を購入する

文房具店に行けば、丸い筒を販売しています。

スポンサーリンク

このような筒に丸めて入れるのもOK。

長さによって値段が異なりますが、四つ切り画用紙が入れられるサイズだとだいたい100円前後くらい。

自分で入れ物を作る

段ボールを三角にするなどしたら、自分で作った入れ物でも郵送することができます。

しっかりとテープで止め、雨が降っても中が濡れないように注意です。

四つ切り画用紙を平面のまま宅配便で送るなら

わが家は宅急便で送りましたが…。
思ったよりも送料がかかります!

宅配便の安心な点は、控えがもらえるというところ。

絵画コンクールなどでは普通、絵がちゃんと届いたかどうかの問い合わせには答えてもらえません。

控えがあれば、宅配業者には確認が可能なので安心。

宅配便で画用紙を送る場合は、厚紙などに挟んで折れ曲がらないようにする必要があります。

私の場合はダンボールを使用。

ダンボールの画像

端を切って、画用紙の長さに合わせます。

ギリギリにしちゃうと、コンクール運営の方が開けるときに切っちゃうかもしれないので、少し余裕を持たせて。

片側だけ切ったので、見開きのようになってます。

中に、ビニール袋に入れた絵を挟みました。

あとはガムテープでサイドと、すき間を埋めていきます。

さてこうしてできあがったこの絵、送料は1470円…!でした!

※発着地によって多少異なります。

これは郵便局のゆうパック120サイズの値段。

同じ120サイズでも、ヤマトの場合は1610円だったのでゆうパックのほうがまだ安くはあるのですが。

しかし、丸める方法とはなんという金額の差。

まとめ

絵は丸めて定形外郵便で送りましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。