愛知県知立市『東海道宿場散歩みち』に行く!子連れで歩く文化の道

知立市には、歌川広重がかいた『東海道五十三次』の39番目の宿場があります。

そしてその歴史を歩く散歩道が「東海道宿場散歩みち」として、新日本歩く道100選に認定されています!

子どもと一緒に歩いてきたので写真や名産なども紹介しつつ、レポしたいと思います!

スポンサーリンク

愛知県知立市『東海道宿場散歩みち』は歴史情緒を感じる3時間だった

「知立市って何が有名なの?」と聞かれると、うーんと唸ってしまう方が多いはず。

私もまさに唸っていた口なんですが、今回の散歩道で「新日本歩く道認定もうなづける…!」となったわけですね。うむ。

知立市といえば、まずは宿場町だということ。

東海道39番目の宿場ということで、その名残をいろんなところに見ることができます。

そしてもう一つは、在原業平が句を読んだことでも有名になった「かきつばた」

全国的にかきつばたで有名な寺があり、春にはかきつばたまつりも行われます。

『東海道宿場散歩みち』はその著名な場所を巡る道。

全長5.6キロ、子どもの足だと約3時間、大人だけだと約2時間ほどの道です。

正直、知立には散歩道スポットの他にも見どころがけっこうありまして、ついつい寄り道をしてしまいます。

しっかり堪能したい場合は、事前にスポットを調べてから行程を見直したほうがいいかも。

この散歩道には、在原業平関連が非常に少ないので。

あとはこのルートは丸くなっていないので、どんな交通機関で行くかがけっこう悩む点。

わが家は車で行きたかったので、だいぶ回りくどいやり方をするはめに。

交通の便は良くないです。

1.かきつばたの名勝地「無量壽寺」

カキツバタ庭園のある無量壽寺は、在原業平の

「かきつばた きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞ思ふ」

という伊勢物語の中の一句でも有名。

5月にはかきつばたが咲くので、その時期を狙って行ってみてもいいですね!

『東海道宿場散歩みち』コースは、この寺からスタートです。

2.明治用水散歩道

明治用水は10キロを超える水路。

今は地中に入っている管水ですが、かつては川のように地表に出ていたそう。

水路の上の土地を役立てようということで、今は散歩道ができベンチが置かれ、憩いの場になっています。

桜並木があったり川のせせらぎが見られたりと、なかなか良い風景です。

3.松並木

松並木に来るまでの道は、歩道がないので子連れにはけっこう辛い。

しかも細い道でもスピードを出す車が多いので、ちょっと怖い。数歩歩くたびに後方を確認しながらの散歩。

しかし松並木の道は、歩道が大きくて快適!

ここではその昔、馬市が開かれていたそうです。その名の通り、馬の売買を行う場。

東海道五十三次にかかれているのも、ここの馬市の様子ですね!

近くにはこんなのも。

今は「知立(ちりゅう)」ですが、「池鯉鮒(ちりふ)」だったみたいですね。

スポンサーリンク

4.本陣跡

こちらが、池鯉鮒宿本陣があった場所。

大名や公家など、多くの人が泊まったといいます。

この本陣跡の近くには、知立名物あんまきを売っているお店が。

そりゃもちろん、食べ歩きをするのさ。

かつてサービスエリアであんまきを食べたことがありますが、同じ商品名とは思えないほどウマい。

もう一つ食べてやるぜ。

ちなみに、上があんこで下が白あん。焼き印が違う。

知立へはかなり遠いのだが、これを食べるためだけに行きたいとすら思う。

5.知立古城址

元禄期に倒壊した城が建っていた場所。

今は公園になっていて、子どもたちの遊ぶ声が響き渡っています。

6.知立神社

ゴールは知立神社。国の重要文化財である多宝塔があります。

知立は山車文楽も有名なんですが、知立神社の祭りで行われる山車文楽とからくりは、国の重要無形民俗文化財として認定されています。

そういえば今まで歩いた道でも、山車をしまっている倉庫を多く見かけました。

だんじりで有名な岸和田の周辺も、同じように倉庫が多くみられますね!

ひっそりと咲いているカキツバタがキレイ。

知立には散歩スポットがたくさん!1日コースにできるかも

知立を歩いていると、いたるところに散歩コースの案内があります。

これは東海道宿場散歩みち。

これはまた別の散歩道。

全部で4種類くらいはあったように思います。

見るべき場所が多い分、こうやって散歩コースを提示してくれているんでしょうね。1日では回りきれん。

子どもを連れて約3時間。

街並みがキレイだったのと、視界に変化があったのとで、飽きずに最後まで楽しく歩けました!

知立に行く機会があれば、ぜひ子どもと歩いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。