ママ友からの年賀状の断り方!「住所教えて」はどうやってかわす?

どんな相手からの年賀状でも、やめ時は難しいもの。

ママ友との年賀状も例外ではなく、一度始めてしまうとやめるのが難しいんですよね。

子どもを通してのつながりなので、その後、疎遠になってしまう人も多いですしね。

そういう後々の「どうしようコレ…」をなくすためには、最初から出し合わないのが一番。

では、ママ友からの年賀状ってどういう断り方をするのがスムーズなんでしょうか。

スポンサーリンク

ママ友からの年賀状の断り方!「住所教えて」をかわすには?

ママ友から「年賀状書きたいから住所教えてー!」と言われると、なかなか断りにくいもの。

出したくないという気持ちが出てしまっては角が立つし、関係をこじらせたいというわけではないですしね。

ということで、こんな断り方はどうでしょうか。

「私、筆まめじゃないから年賀状は書いてなくて…」

「去年から、年賀状じゃなくてラインにしてるんだ!」

「旦那が年賀状は今年からやめようって言っててね…」

「毎年長めに帰省するから、時間がなくて年賀状はやめたの」

「仕事が忙しくて年賀状を書く余裕がないの。お返しできなくて申し訳ないからありがたいけど遠慮しておくね」

どのような関係にしろ、年賀状を書こうと思ってくれたことへのお礼、挨拶をしたくないわけじゃないという気持ちが伝わるように断るのがいいかも。

長く付き合えるママ友ばかりではないとはいえ、関係を悪くするのは得策ではありません。

「年賀状は書いていない」「ラインで挨拶しよう!」というのは、角が立たないのでおすすめ。

ラインやメールでのあいさつであれば、年賀状よりもずいぶん気軽になるのではないでしょうか。

ハガキじゃない分、疎遠になったときのやめるタイミングも見つけやすいですよね。

ママ友へではなく子ども同士の年賀状ならOK?

ママ友同士の年賀状だと面倒なことも増えますが、子ども同士の年賀状ならそこまで面倒ではありません。

子ども同士であれば、接点がなくなれば自然に「年賀状書く友だちリスト」から外れますしね。

親は関知せず、子ども同士でのやり取りなら、わが家はOKです。

その場合は

「子ども同士は年賀状、私は○○さん(ママ友)にはラインで挨拶させてもらう」

というのをうまく伝えると、親はライン、子どもは書きたければ年賀状という図式が作りやすいかもです。

チェック子どもにとっては年賀状は良いもの

スポンサーリンク

子どもにとっての年賀状は、やっぱり嬉しいものですしメリットもあります。

親は後々の面倒くささが先にありますが、子どもはそうではないですもんね。

あくまでも「子ども同士のやりとり」で、ママ友へ送っているわけではないので、翌年からもやめやすいです。

「子ども同士の年賀状?それならぜひ~♪私は年賀状書いてないから、ママさんにはラインするね!」

このくらいの軽い感じでいいんじゃないかと思ったりします。

ママ友からの年賀状を断るときの注意点

誰と誰がつながっているのかもよく分からず、ですが、何人か経由すると必ずその人に行きついてしまうというのがママ友。

年賀状の断り文句まではそれほど難しくありませんが、関係がこじれてしまうのは嫌ですよね。

年賀状の交換を断るのであれば、きちんとしておきたい注意点についてです。

嘘を口実にママ友の年賀状を断らない

「今年は喪中だから」「もしかしたら引っ越しがあるかもだから」

手っ取り早い嘘を言えば、その場は何もなく過ぎるかもですが、後々バレたときにどう思われるか分かりません。

多くの方は悪い印象を持つはず。

子どもを通してのママ友だけに、子どもに影響がないとは言い切れませんよね。

年賀状を断るときに、嘘はつかないというのは大前提です。

年賀状を断るなら他のママ友にも出さない

一人のママ友からの年賀状を断るのであれば、他のママ友にも出さないようにしたほうが無難。

子どもが絡んでいる仲なので、子ども同士で話していることが筒抜けなことも多々ありますよね。

(‘ω’)「○○ちゃんのママから年賀状来たんだよー」

なんて言われて、それが年賀状を断ったママ友の耳に入りでもしたら、トラブルの火種になりかねません。

一人のママ友からの年賀状を断るなら、全員に出さないようにする。

誰かに出したいのであれば、誘われたママ友にも年賀状を出すというふうに、統一するべきかなと思います。

ラインで挨拶もしくは年始明けに会ったらきちんと挨拶をする

年賀状を交換しないというだけで、子どもが同じ場所に属しているのであれば関係性は続きます。

・ラインやメールを交換していれば、年始に挨拶をする

・年明けに会ったら、きちんと年始の挨拶をする

ハガキでのあいさつがない分、しっかりと年始の挨拶はしておいたほうがいいですね!

まとめ

最近は年賀状を書く人が減ってきているので、断る方も珍しくはないはず。

失礼のない断り方であれば、それほど悪印象を持たれることはないのではないかと思います。

ママ友との年賀状は、疎遠になったときのやめ方が難しいです。

出したくないと思っているのであれば、最初に断っておくのが一番楽ちん。

参考になればです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。