転勤族は自治会や子ども会に入る?入らない?メリットとデメリットは

引っ越してきたばかりの転勤族は、しばらくたつとその地域の自治会(町内会)や子ども会に勧誘されることがあります。

その地域のことをまだよく知っているわけではない状態なので、入るべきか入らないべきか、迷う場合もありますよね。

転勤族としては、町内会に入るべきなのか。子ども会には入会するべきなのか?

わが家の体験談も踏まえてです。

スポンサーリンク

転勤族は町内会に入る?入らない?

地域によって加入率が大きく異なるのが、町内会。

入ることが強制のようになっている場所なら別ですが、だいたいの場合は、その人の判断にまかせての任意加入です。

でですね、なんで町内会に入るか入らないか迷うかって、その地域によって必要性が違うからなんですよね。

地域によっては「ゴミ出し」「地域のイベント」などなどが、町内会に入っていなければどうにもならないっていうこともあり。

一方で、会費だけ必要だけどあとは回覧板だけっていう場合もあり。

「入らないと困ること」がどれだけあるかによって、選択は変わってくるんじゃないかと思います。

さて、じゃあわが家の場合はどうなのか?というと、わが家は現在、町内会に加入しています。

地域的に加入者が多いっていうのも理由の一つですが、町内会に入らないと子ども会に入れない地域なんですよね。

後述しますが、子ども会には入会させたいと思っていて、それが町内会に入った大きな理由でした。

今思うと、別に入らなくても良かったかなと思うけど。

転勤族が町内会に入るメリットとデメリット

メリット

・町内の重鎮みたいな人の顔を名前が分かる(向こうはこちらを知ることはない…)

・地域の行事内容などが把握できる

・(私の地域の場合は)子ども会に入会できる

デメリット

・いつかは役員が回ってくる

・面倒な人付き合いがちょっとだけ増える

・会費負担がある

私の住んでいる地域には幸い、入らなくて困ることってありません。

ゴミ出しも各家の前に出すだけだから必要ないし、地域のイベントなんてほとんど参加しないですし。

回覧板に有益な情報が書いてあるってわけでもないですしね。

これまた地域によって違うのかもだけど、地域の人との関わり合いもそこまで多くありません。

メリットはそこまでないですが、いつかやってくる役員は大きなデメリット。

転勤族の町内会入会は様子を見てからでもいいと思う

いつかは引っ越す転勤族だからこそ、面倒な人付き合いを避けることができる。

一方で、来たばかりの転勤族だからこそ、少しでも顔見知りを作っておきたい。

誰でもこういう気持ちが混在していて、でも面倒なのは嫌だよねと。

転勤族の町内会参加は、引っ越してからすぐに町内会長さんやら組長さんやらの訪問で、せかされてしまうことが多いけど。

「まだ引っ越して間もない」ということを理由に、しばらく様子を見させてもらってもいいんじゃないかと思います。

何も困ったことがなかったり、知り合いになった方に聞いて面倒なことがないと確認できたりっていうふうに、実情が把握できてからでも遅くありません。

(‘ω’)「まだバタバタしていて…しばらく待っていただいてもいいですか?」

入るときは連絡しますと言っておけば、あえて回答を迫られることはないのではないかと思います。

スポンサーリンク

転勤族は子ども会に入る?入らない?子どものために良いのはどっち?

子どもを持つ転勤族の親としては、町内会よりも気になるのは子ども会ではないでしょうか。

小学校に入学してからの転勤の場合は、親はとっても不安。

「お友だちがちゃんとできるんだろうか」

「学校から一緒に帰ってくる子はできたんだろうか」

心配になるからこそ、近くに住む子どもたちの集合体である子ども会は、入会させるべきか迷うんですよね。

わが家は、子ども会に入会してます。

町内会に入ったのも子ども会が目的だったので、そらもう、入ってます。

でですね、今となっては「入っても入らなくてもどっちでもよかったかな」と思うわけですが、初期は入っていて良かったかなと。

数年入ってのメリットとデメリットをまとめてみようと思います。

転勤族が子ども会に入るメリットとデメリット

メリット

・子どもに家が近くの友だちができる

・近所で同じ小学校に通う子の親と顔見知りになれる

・子どもの顔と名前が把握できる

デメリット

・会費負担がある

・必ずいつか役員が回ってくる

子ども会についても、地域によって行事の数や役員の手間の多さが変わります。

どの程度の割合の子が加入しているかも、けっこう違うと思うんですね。

私の住んでいる地域は加入率が高かったので、入らせてあげて良かったなと思います。

誰かと仲良くなれるチャンスは、多いほうがいいかなと思っていたから。

でも今になって思うのは、子ども会に入会しなくても子どもはそのうち友だちを作ってくるし、親の顔見知りもだんだんできてくるということ。

子ども会に入っていると、それが少し早くなるっていうだけ。

それほど気にしなくても、たいして差があるわけじゃありません。

積極的に知り合いを作っていきたいと思っている場合や、地域の輪に溶け込みたいと思っている方は、加入すると早いような気がします。

チェック高学年になると加入率は下がる

どこの地域でもそうだと思うんですが、高学年になるにつれて加入率は下がります。

入ったところで、同学年の友だちが誰もいないってこともありえます。

どの子が入っているのか、確認してからのほうが、子どもがより楽しめるんじゃないかと思います。

転勤族の子ども会加入も様子見してからでかまわない

勧誘してくれる子ども会の役員さんは、加入してほしい気持ちがあるので勧めてくるんですけどね。

どんな子が入っているか分からないし、周りの子が入っているかも分からない。

近所にママ友さんができたら、その方に聞いたりして把握してからでも遅くはありません。

最近はどこも子どもの数が減ってきているので、役員が回ってくるのは不可避です。

役員が嫌で入らないっていう方も、けっこう多いですしね。

子ども会の入会こそ任意で、入っても入らなくてもどちらでも良いもの。

とはいえ、一度加入してしまうとすぐにやめるのも、なんとなく気が引けてしまいます。

勧誘されてその場で決めるのではなく、保留状態にしてリサーチしてみるといいかなと思います。

まとめ

引っ越すたびにいろいろ考えなくちゃなのは転勤族のデメリットですが、一方で「どうせいつかは引っ越すんだから」とドライになれるのは大きなメリット。

町内会も子ども会も、子どもにとって良い面もあれば、親にとっての面倒な点も多数です。

まずはその地域がどんなふうな運営をしているのかとか、周りの方はどうしているのかなどなど、簡単にでもリサーチしてからでも遅くはないかなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。