転勤族は妻も子どもも習い事を始めるなら注意!知っておきたい豆知識

引っ越しをしてからしばらくは、バタバタしてそれどころじゃないかもですが、夏休み前くらいになるとだんだんと慣れてきて習い事を始める方も多いです。

子どもの習い事もだし、母親の習い事もそう。

でも転勤族って「いつかはこの地を離れる」って意識があるので、習い事を選ぶ基準がほかの方と違うものできたりします。

本当ならこっちをさせたいけど、転勤族だからあっち、みたいな。

転勤族と習い事についての話です。

スポンサーリンク

転勤族の子どもは習い事に規制がかかる?定番に落ち着きやすい理由

最近では習い事の種類がグッと増えました。

私が子どもの頃は、「ピアノ」「硬筆」「そろばん」こういうのが定番だったんですけども。

小学校での科目が増えたり、教育に対する考え方が時代とともに変わってきたり。

今までにはなかったような習い事がでてきて、それを習ってるって子もけっこういるんですよね。

ただ、こちらとしてはどこに引っ越さないといけないか分からない転勤族。

軽々しく「変わった習い事しよう!」なんて考えてたら、痛い目にあうこともあるんですよね。

変わった習い事は次の転勤先にない可能性がある

プログラミングとかなら、少し街に行けばどんな地域にでもあるんでしょうけど。

例えばドラムとか、合気道とか薙刀とか。

子どもが習っている総人口が少ないものについては、次の転勤先のことを考えた始め方をしないといけません。

もし、数年だけ習えばそれでいいと思っているのなら別。

もし、経験としてちょっとだけさせてみたいっていうのなら別。

でも子どもにその習い事を続けて欲しいとか、極めてほしいって思ってるのなら、最初の段階で「次の転勤先にもその習い事があるのか?」を考えていかないといけません。

具体的には、旦那さんの転勤候補地を聞いて、仮の居住地域から通える範囲内にあるかどうかを調べる。

んで重要なのが、月謝や入会金。

地域によって、習い事の平均価格が高いところもあり、許容範囲内の金額なのかを調べておくのも必要です。

定番の習い事ならどこに転勤しても必ずある

子どもの習い事のランキングは

1位:水泳

2位:英語、英会話

3位:ピアノ

4位:書道

5位:学習塾、幼児教室

データ引用:ケイコとマナブ 2017年子どもの習い事ランキング

定番ともいえる習い事がズラッと並んでいます。

周りのお友達を見てみると、こういう習い事をしてる子ってものすごく多いですよね。

こういう定番の習い事なら、だいたいどの地域に行っても近くに教室があります。

場合によっては大手チェーンのようになっていて、引き続いて習えるような場合も。

スポンサーリンク

ピアノで言うと、ヤマハやカワイなどが当てはまります。

定番の習い事は、「子どもの多数ができること」でもあります。

最近は泳げる子って多いですし、女の子のピアノ率は昔も今も高いですよね。

もしずっと習い続けることを前提とするのであれば、定番の習い事のほうが安全かもです。

転勤族の子どもにとって習い事は交流の場にもなる

私は転勤族妻ですが、個人的には子どもの習い事は必須じゃないよねって思ってます。

私自身、子どもの頃に硬筆を習ってましたけど、今は汚い字しか書けないですし。

親が習わせたいものを習わせる時期に、それがどれだけ身になるのか、言い方は悪いですがギャンブル的な感じがしちゃうんですよね。

そういう考え方を持っていてもなお、私は転勤してから半年後、うちの子が幼稚園のときに「私が習わせたい」という習い事をさせてました。

親の自己満足的な感じですね。

身についているのかどうなのか、今となっては分からないけど、あの時期に習わせたことは間違いじゃなかったなって思うんですよね。

なかなか幼稚園に馴染めないあのとき、習い事のお友達との交流は、子どもにとって息の抜ける場だったからです。

幼稚園と違って少人数で、同じ世代の子たちが集まる習い事だったので、自然と打ち解けられて仲良くなるのも早かった。

幼稚園では友だちがなかなかできなかったけど、習い事ではすぐにできました。

私も嬉しかったし、本人も楽しそうでした。

転勤族はどうしても、新しい環境に飛び込んでいかなきゃなので、子どもによって向き不向きがあります。

苦手な子はやっぱり、時間がかかっちゃいますしね。

そういうときの居場所づくりとして、行きやすい習い事の存在があると、気分転換にもなるのかもです。

転勤族の妻の習い事は?私が選んだのは全国チェーン

母親の習い事って、もちろん「自分の好きなこと」っていう前提はありますが、金額面も大きくないですか?

高いお金を払うのなら、子供のために使いたいし。

許容範囲値段が、子供の習い事よりもずっと少ないんですよね。

かくいう私、現在習い事をしております。下の子が小学校入学をきっかけにはじめました。

でも「わが家は転勤族」という意識があるので、こんなふうに選びました。

・全国主要都市にはすべて教室がある

・すべて共通価格で、許容範囲内である

要は、今の習い事の条件が他の地域でもそのまま当てはまってるってやつですね。

へんぴなところに転勤が決まっちゃうと、教室がないことも多いんですけども。

まぁ一般的なところなら続けていけるかなっていう感じです。

あとは、1回〇〇円みたいに、1回ずつの価格が設定されているものもいいかもしれません。

習い事のサイトなどではそういうチケット制のところもありますし、料金が無駄になりにくいかも。

まとめ

転勤族の習い事は、転勤スパンがどれくらいかにもよるのかもです。

1年や2年で引っ越しがある方は、そうとう習い事にはシビアになりそうですし、5年以上の方はそれほど深く考えなくてもいいでしょうしね。

子供の要望も聞きつつ、ゆっくりと決めていけばいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。