転勤族の子どもの学力は優秀?勉強方法は?転妻初心者が知るべきこと

小学校

転勤族にとって、一番の悩みのタネは子どものこと。

自分のことならなんとでもなる!と開き直れるものの、子どものこととなるとそうはいかず。

「大丈夫かな?」「本当は引っ越さないほうが良かった?」母親の悩みはつきません。

そんな「転勤族あるある」な悩みの中でも、将来に渡ってずっとつきまとうのが勉強のこと。

(´・ω・`)「転勤族って賢い子が多いって聞くけど、うちの子、ついていける?」

ガチ転勤族の私が、実際の体験談を含めてお話したいと思います!

転勤族の子どもは学力が高い!それって本当?ウソ?

『転勤族の子どもは頭が良い子が多い』

いつからでしょうね、こういうのを聞くのって。

私、それなりにもう年ですが、それでも小学生の頃に聞いたことがあります。

(・∀・)「あそこの子は転勤族だからデキがいいのよー」みたいに。

でですね。自分が転勤族になって、しかも子どもができて「学力」が見えてくるようになって。

思うのは、「あの『転勤族の子どもは頭が良い』はウソじゃねぇな」という。

というよりもですね、正確に言うのであれば、「賢い子が多い傾向がある」

地域によって若干の差はあるかもしれないですけど、傾向的には合ってると思うんですよね。

なぜって、私が子連れで転勤をした過去2カ所。(2カ所だけかい)

どちらも、いわゆる「転勤族が多い」と言われている地域。半数かそれ以上が転勤族。

そしてどちらも、県内でもとりわけ優秀な地域でした。

なぜ転勤族は頭が良くなるのか?

多くの場合、転勤族であるということは、それなりに大きな会社の従業員です。

そして大きな会社の従業員は、学力が高い傾向があります。学歴が良いというか。

そういう親御さんは、教育熱心な方が多いです。

転勤族が多い地域。

まわりを見渡すとわかると思いますが、塾の数が多い。習い事の数が多い。

小さいうちから、習い事やお勉強に熱心な方が多いような気がします。

そして、転勤族の妻は専業主婦率が高い。

「いつ引っ越すか分からない」という気持ちがあるので、働きにくいんですよね。

縁もゆかりもない場所であれば、困ったときの子どもの預け先もないですし。

家にいる時間が多い専業主婦は、子どもに対して手間をかけることができます。

もちろん、ワーママでも手をかけている方はたくさんいますけど、そもそもの「使える時間」が違いますしね。

・勉強を近くで見てあげよう

・習い事の練習を一緒にしよう

そういう時間のやりくりは、やっぱり専業主婦のほうがやりやすいかなと思います。

転勤族の子どもは優秀な子ばかりか?普通の子っていないの?

と、ここまで聞くとですね。

まるで「転勤族の子はすべて優秀である」と思ってしまいがちですね。

ドラえもんで言うところの、出来杉君しかいないようなイメージになっちゃいますね。

はい!ここに!ここにわが家ののび太くんがいます!

おっとりのんびり。お勉強よりも友だちと遊びたいんだよっていう子は、どこの誰だーい?

うちの子だよ!!(アイラブわが子)

ということでですね。

転勤族の子は、相対的に学力が高い子が多い。けれど、全員が優秀というわけではない。

スポンサーリンク

頭が良い子は目立つので印象的ですが、普通の子のほうがそりゃあ、多いです。

なんだろう、一般的な地域では50が平均値だけど、転勤族の地域では60が平均値っていうイメージかなと。

中には超優秀な子がいて、思わず敬語でしゃべってしまうくらい。

でも普通の子もたくさんいて、みんなが「お勉強!」って言ってるわけではありません。

(´・ω・`)「優秀な子ばかりだったらうちの子、大丈夫かしら…」

それはあんまり考えなくてもいいんじゃないかなと思う。

得意なことが多い子どもは多い

「勉強面で優秀な子ばかりではない」

ただその一方で、得意分野がきちんとある子が多い印象は、転勤当初から思っています。

それもこれも、習い事に熱心な方が多いっていうのが影響してるのかもですが。

例えばですね、「来年一年間で何をがんばりたい?」と言ったときに、「これ!」っていうのがすぐに出る。

それが勉強であれ、スポーツであれ、お稽古ごとであれ。

「これが好きだから、これをがんばりたい!」っていうのが、子ども自身で持っている子が多い気がします。

もしかしたら、周りの子に触発されて見つけ始めるのかもしれないですね。

うちの子の「これがしたい!」は、2年生くらいのときにはっきりし始めました。

もちろん子どもの言うことですし、数年先は変わってるかもしれないですけどね。

そういう「がんばる対象」が見つかるってことは、ものすごく良いことだと思う。うむ。

転勤族の子どもはどういう勉強をしてる?わが家が勧められた方法

とは言うものの、自分の子どもに落ちこぼれてほしくはないじゃないですか。

超絶優秀な子になれ!とは言わないけど、せめて置いてけぼりされないように、とか。

ついていけないってことにはならないで欲しいって、やっぱり親なら思います。

(´・ω・`)「勉強が全てではないけど、それなりにはできてほしい…」

そう思った私がアドバイスされたのは「先取り教育」でした。

これ、その学年よりも上の勉強をするっていうやつですね。

公文も、系統的には先取り教育に入るかなと思います。

わが家は今、とくに教育熱心な方が多い地域に住んでるんですが、3年生くらいから塾通いの子が増えるんですね。

でも個人的には「3年から塾ってどうよ?」と思う気持ちもある。

先取り教育の良い点は、

・先取ったときに1回目

・学校の授業で2回目

同じ部分を最低2回は勉強できるってことです。

最初から1学年上にピョンっといってしまうと難しいですけど、少しづつ先取りするのならそこまで子どもの負担にはなりづらい。

わが家は今の地域に住み始めてから先取り教育をはじめましたが、テスト結果はわりといいです。

1日の勉強時間もそれほど長くないですしね。

そのかわり、1回目の勉強のときは、親が付きっきりですけども。

まとめ

なんだかんだと私なりの「転勤族の子どもとは…」と語ってみましたが、結局は子どもしだいです。

転勤族が多い地域に行くからといって、必要以上に勉強させる必要はないし、焦る必要もない。

もし周りとのレベルが違いすぎるのであれば、まず最初に子どもが焦り始めます。

わが家が先取り教育を始めたのも、

「どうしよう…私、バカかもしれない」

という、うちの子の衝撃の一言があったからなんですよね。

学力って、子どものモチベーションにものすごく左右されるものだと思います。

あまり不安がらず、かまえず、必要だと子どもが感じたときに選択肢を与えてあげられたら、それが一番なんじゃないかと思ったりします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。