小学校で使うプールバッグは低学年ならどれがおすすめ?大きさや形は?

小学校でのプールが始まるのは、早ければ6月中旬くらい。

まだ肌寒く感じる季節でもあり、1年生にとっては入学してすぐのように感じる時期でもありますよね!

プールの授業が始まればもちろん、水着を持って行くためのプールバッグが必要。

低学年が使う学校のプールバッグはどんなのを買うべき?

スポンサーリンク

小学校で使うプールバッグ、低学年にピッタリの大きさって?

小学校のプールの授業に必要なのは

・タオル

・水着(ラッシュガード含む)

・水泳帽子

・ゴーグル(必要な場合は)

学校の授業だからといって特別なものが必要というわけではなく、最低限のものしか持って行きません。

学校によってはラッシュガードを禁止していたり、ゴーグルの必要がない場合も。

そういう学校の場合は、持ち物の量はかなり少なくなるのではないかと思います。

一般的に販売されているプールバッグを購入すれば問題ないかなと思いますが、あえて基準にするのであれば、タオルの大きさ。

女の子の場合はタオルスカートにすることもあると思いますし、足首まで隠れるものじゃないと恥ずかしいという子もいるかもしれません。

薄いタオル生地ではなく、ふわふわとした分厚いタオルを好む子もいるはず。

このタオルのボリュームは、バッグの大きさを考える上ではけっこう重要です。

プールバッグの大きさは、年齢に合わせて少しずつ変わっています。

幼稚園児が好むキャラクターが書いてあるようなものは小さいし、シンプルなものは大きめ。

ボリュームがあるタオルを持って行かせる予定なら、大きめサイズを選んでおくといいかもです。

6年間同じプールバッグを使えると思うのは無理かも

水に濡れてもいいように、プールバッグはビニール製が多いですよね。

6年間同じものを使えるようにと思っても、劣化が速く、隅のほうから破れてしまうことも多々。

小学校6年の間に、1度は買い替えると思っておいたほうがいいかも。

また、小学校の荷物は意外と多いです。

月曜日にプールが重なったりすると、低学年にはかなりしんどいと思います。

プールバッグが大きいと、その分かさばるから、小さい体には大変なんですよね。

1度買い替えることも踏まえて、今の体格にあったものを選んであげるといいかなと思います。

小学校で使う低学年のプールバッグはどんな形がいい?おすすめ紹介!

プールバッグの形はいくつかありますよね!

・トートバッグ

・ショルダー

・リュック

・巾着

一番持っている子が多いのはトートバッグです。

高学年になるとリュックタイプも増え、男の子の中にはランドセルと二重にして背負う子もいますが、低学年ではあまり見かけません。

トートのプールバッグ

うちの子たちのプールバッグは、低学年のときからこのタイプ。

大きさの種類も多く、定番ですね!

取り立ててこのタイプがいい!というのはありませんが、しいて言うなら、チャックでフタが全部しまるようになっているものがおすすめ。

かさばる水泳道具なので、登下校中に振り回したりして遊んでいると中がこぼれてしまうことも。

チャックで全部しまるようになっていると安心です♪

また、女の子の場合は中が見えにくいもののほうがいいです。

柄があって見えにくくなっているものや、中に巾着がついているものを選ぶようにするといいですね!

こちらは色付きで中が見えにくく、紐が長めで肩にかけられるデザイン。

ショルダータイプのプールバッグ

こちらも、両手が空くので楽ちん。

ショルダーのプールバッグはフタが全部しまるものが多いので、その点でも使いやすいかなと思います。

トートに比べると、値段が高くなる傾向があるのが難点。

ですがその分しっかりしているので、長く使いたい方や習い事などで使用頻度が高い方はいいかも。

スポンサーリンク

しっかりした作りのものだと、高学年になっても十分に使っていけそうです。

リュックタイプのプールバッグ

どちらかといえばコンパクトな作りになっているものが多いリュックタイプのプールバッグ。

水泳道具の中身が多い場合は、背負いにくい・入れにくいというデメリットもあります。

女の子用は、中が見えにくくかわいい柄のものも。

紐が平らになっているものは、肩に食い込みにくく持ちやすいかもです♪

巾着タイプのプールバッグ

巾着というよりは、ナップサックのように背負えるものが多いですね!

手に持つものよりも、背負えるようになっているほうが使いやすいです。

また、ボストンバッグのようになっているプールバッグも。

小学校で使うには大きすぎるような気もしますが、習い事でスイミングをする予定ならあってもいいかもしれません。

まとめ

破れやすいというデメリットはあるものの、低学年のプールバッグで無難なのはトートタイプのものかなと思います。

個人的には、リュックタイプよりはショルダーのほうが使い勝手はよいはず。

小学生は荷物が多い日もあるので、大きさや形状などは子どもの体に合わせて選ぶほうがいいです。

ぜひぜひ参考に!

小学校で使うラッシュガードについてはこちらもどうぞ!

小学校でラッシュガードは必要?連絡帳に書く理由と禁止される場合について
小学校のプールの授業にラッシュガードは必要?着てもいい?避けたほうがいいラッシュガードの紹介や、担任の先生への伝え方のまとめ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。