UV100%カットのレディース帽子おすすめ7選!完全遮光で人気なのは?

春先から夏にかけて、紫外線量が多い季節には洋服や帽子、スキンケアなど、女性は気にかけることが多いですよね。

特に帽子は、日差しが強い日の必須アイテム!

UVカット加工されている帽子はたくさんありますが、どうせならUV100%カットしてくれるものがいいですよね!

UV100%カット完全遮光の帽子をピックアップしてみました!

スポンサーリンク

UV100%カット!レディース帽子のおすすめ7選!

紫外線は日差しが強い夏場だけではなく、春先や秋口にも実は非常に多いんですよね。

UV100%カットの帽子も夏しか使えないものを選ぶのではなく、夏以外でも使えるものも用意しておくといいかも。

完全遮光帽子の有名ブランドRose Blanc(ロサブラン)

芦屋のロサブランは、完全遮光の帽子や日傘などの有名ブランド。

著名人の愛用者も多く、上品なデザインはさすが芦屋発といった感じ。

完全遮光の帽子を選ぶうえでは、外すことのできないブランドです!

ロサブラン ブレードクロッシェ

≫≫【Rose Blanc】和紙ブレードクロッシェ(ロサブラン楽天市場店)

国産和紙で作られているブレードクロッシェは、夏の定番ですね!

大きなリボンが後ろについているのですが、シャープな形が上品さを漂わせます♪

この帽子は、ツバの裏地が完全遮光の生地。

そのため、帽子の表面が擦れることがあってもUVカット率は下がりません。

夏のお出かけのお供に、ぜひ持っておきたいですね!

ロサブラン キャスケット

≫≫【Rose Blanc】キャスケットUVカット(ロサブラン楽天市場店)

顔の深くまでかぶれるキャスケットは、カバーできる範囲が広くなるのが特徴的。

特にロサブランのキャスケットはツバが広いので、その分、UVにさらされる箇所がかなり限られます。

「少しだって紫外線にあたりたくない!」そう思う人にとっては、ピッタリのアイテム。

カジュアルな服装にも似合うので、ガンガンと日常使いできそうです♪

ロサブラン プレーンハット

≫≫【Rose Blanc】プレーンハット(ロサブラン楽天市場店)

ロサブランの定番ともなる、プレーンハット。

ツバの大きさが12センチのものと13センチのものがあり、これは13センチタイプ。

より紫外線から顔を守ることができますね!

裏側に保冷材が入るポケットがあり、頭部の裏地には接触冷感生地を採用。

丸めてコンパクトに持ち運ぶこともでき、使い勝手が非常に良い帽子です。

完全遮光専門店 BICHERIE.(ビシェリ)

100%遮光アイテムを各種取り扱うビシェリ。

日傘や帽子を中心に、大人の女性にピッタリな上品なデザインを取り揃えています♪

ビシェリ キャスケット

≫≫100%完全遮光つば広 キャスケット BICHERIE. (BICHERIE.楽天市場店)

楽天ランキング1位を獲得したこともある、人気商品。

ツバは11.5センチで、後頭部には結んだ髪の毛を出せるようなホールがついています。

麻の風合いが夏らしく、気軽にどこへでもかぶっていけそうです。

コンパクトに折りたためるのも魅力的。

ビシェリ キャペリンハット

≫≫100%完全遮光 キャペリンハット BICHERIE. (BICHERIE.楽天市場店)

女優帽と呼ばれることもあるキャペリンハット。

ツバは360℃すべて13センチと大きめなので、しっかりと首までカバーできるサイズ。

形を作りやすい芯が入っているので、自分好みの形にも変えられます♪

こちらもコンパクトに折りたたむことができます。

スポンサーリンク

日用品や小物までなんでも!Goods-KOBE(グッズコーベ)

こちらのお店は、上記2メーカーに比べるとリーズナブルなのがポイント。

手ごろな価格で購入したい場合は、選択肢に入れてみるといいですね!

グッズコーベ 遮光ハット

≫≫100% 遮光 ハット(Goods-KOBE楽天市場店)

サイドについた大きなリボンがかわいい、麻綿素材のハット。

ツバ部分には遮光素材を入れていますが、頭部には入っていません。そのため、夏場でも通気性を確保。

裏地に遮光素材を使うのではなく、生地の中に遮光素材を入れているというのもポイント。

一見して遮光帽子には見えない作りというのが、こだわりでもあるようです♪

グッズコーベ ドレープハット

≫≫100% 遮光  ドレープハット(Goods-KOBE楽天市場店)

どう見ても遮光帽子には見えないほどの自然なデザイン。

ツバの部分に遮光素材を入れており、頭部には通気性のために遮光素材は入っていません。

夏場に使いやすそうなハットですね!

ツバの大きさが他の帽子に比べると小さ目なので、天候を見つつチョイスするといいかも。

100%UVカットの完全遮光帽子を選ぶ基準は?

100%UVカットの帽子を選ぶ以上、一番の目的はもちろん紫外線カット率!

どれも完全遮光の素材が入っているので、選び方のポイントは「どのように完全遮光素材を使っているか?」ということなんですよね。

※メーカーによって使っている遮光素材の質も、もちろん違います!が、なかなか素人判断しづらいです><

ツバの裏地は?
ツバの裏地が遮光生地だと、見た目に遮光帽子だとすぐに分かっちゃいます。

ですがその一方で、照り返しを防ぎやすいというメリットも。

どちらを重視するかにもよりますが、裏地が遮光でもそれほど目立つことはありません。

ツバの大きさは?
完全遮光といえども、ツバがカバーできない部分まで紫外線カットは不可能。

ツバの大きさや形がどうなっているのかは、きちんと考えておくべきですね♪

首元までカバーできたほうがよいのか、前面だけで良いのか。

あまり小さすぎるものだと、完全遮光の意味がなくなってしまうので注意。

まとめ

暖かくなり始めると、準備しておきたい完全遮光の帽子。

年々日差しが強くなり、紫外線が気になる日も増えましたよね。

できる限りの予防をしておきましょう♪

夏は熱中症も心配!子どもの熱中症対策についてはこちらをチェックです!

子どもの熱中症対策予防に生活の中でできる食べ物や飲み物は?
小さい子の熱中症予防は、外出時の対策だけではなく家にいる間もしておくと安心!日常生活の中でもできる食事や飲み物での予防方法の紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。