お中元のお礼状の書き方と宛名やあいさつのマナーは?具体例も紹介

お中元をもらったら「お礼状を書く」というのがマナーの一つ。

お返しを贈る予定があったとしても、お礼状は出すのが常識とされています。

でも、お礼状なんて書いたことない!

若い世代ではお礼状の習慣なんてないですし、書いたことももらったこともない方のほうが多いと思います。

お中元をもらったときは、どうやってお礼状を書いたらいいの?

スポンサーリンク

お中元をもらったときのお礼状の書き方

お礼状を書くうえで気をつけたいことは2つ。

・できるだけすぐに出す

受け取ってから3日以内に出すのが基本と考えていたほうがいいです。

・できるだけ具体的に書く

定型文のようなお礼状よりは、自分の感想や気持ちを一言でもいいから書いておきたいところ。

味気ないお礼状になってしまわないように、簡単なことでも大丈夫です。

さて、そのうえで。

お礼状の文面は大きく5つのパートに分けることができます。

・前文

・主文

・末文

・あと付け

・副文

お礼状の前文

手紙の導入部になるあいさつです。

頭語と時候のあいさつ、相手や自分の安否に関するものや、感謝、おわびのあいさつなどを続けます。

頭語

手紙の書き出しの言葉。

結びの言葉である結語と対応させるので、組み合わせを間違えないようにします。

もっとも一般的なのは「拝啓」

この場合の結語は「敬具」になります。

お礼状の主文

手紙の本題になる部分。

改行して一文字下げて、「さて」や「ところで」からはじめると分かりやすくなります。

お中元のお礼の場合は、お礼の言葉や感想をこの部分で書きます。

☆例☆

このたびはおいしそうなメロンをいただき、ありがとうございました。

さっそく家族で賞味させていただきました。

1日で食べてしまうのが惜しいと感じるほど、おいしくいただきました。

もらったものに応じて、感謝の気持ちが伝わるような文面にするといいかもです。

お礼状の末文

終わりのあいさつ。

ここでも改行して一文字あけると分かりやすくなります。

用件をまとめて、相手の健康や発展を祈る言葉で締めくくります。結語を忘れずにです。

お礼状のあと付け

日付、差出人の名前、宛名を書きます。

日付

『平成〇〇年〇〇月〇〇日』

行の頭から2文字~3文字下げて書き始めます。

とくに重要な手紙でなければ「〇〇年」は省いてもかまいません。

差出人の名前

本文の行末に合わせるように書きます。

宛名

行の頭から一文字下げて書く。

敬称を忘れずに。

お礼状の副文

本文で書ききれなかったことをここで書きます。

あと付けの宛名から1行ほどのスペースをあけて、行の頭から2~3文字下げて「追伸」などの起語から書き始め。

目上の人へのお礼状には、副文は必要ありません。

スポンサーリンク

お中元のお礼状に使うあいさつ

お礼状では、手紙の冒頭となる「前文」部分で挨拶が入ります。

時候のあいさつ

季節を感じさせるあいさつの言葉。

とくに決まりがあるわけではないので、相手に合わせて自由に使います。

以下、代表的な時候のあいさつ文です。

✩7月の時候のあいさつ例✩

・盛夏の候

・猛暑の候

・酷暑の候

・暑い夏が続きます

・庭のひまわりが花をつけました

・じっとりと汗ばむ季節になりました

✩8月の時候のあいさつ例✩

・晩夏の候

・残暑の候

・立秋の候

・寝苦しい熱帯夜が続いております

・うだるように暑い季節になりました

・朝夕はだいぶ過ごしやすくなりました

相手の安否を尋ねるあいさつ

こちらは、時候のあいさつとワンセットで使われることも多いです。

秋の気配も濃くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

あらたまった相手の場合は、相手の反映を祝福する言葉を使うことも多いです。

【例】

・ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

自分の安否に関するあいさつ

相手の安否を尋ねた場合にかぎり、自分の安否を簡単に伝えます。

親しい間柄以外は、省略するのが一般的。

感謝やおわびのあいさつ

お世話になっていることへの感謝の言葉。

ご無沙汰していることへのおわびをここで書いてもいいです。

お中元のお礼状の宛名の書き方

文面と違い、ノーマークにしていることも多い宛名書き。

それほど多くの決まりがあるわけではなく、一般的なものばかりなのでぜひおさらいを。

封筒の表の宛名書き

では注意事項を箇条書きで。

・郵便番号は算用数字(1、2、3など)で書く

・住所は宛名よりも少し小さめの文字で書く

・住所には漢数字(一、二、三)を使うのが一般的

・住所が長い場合は二行に、二行目は行頭を2~3文字下げる

・宛名は大きく中央に、住所よりも書き始めを少し下に

封筒の裏

こちらも注意事項を箇条書きで。

・住所は中央の継ぎ目の右側に、名前よりも小さな文字で

・名前は継ぎ目の左側に

・出した日付は左上、〇〇年は省略してよい

・郵便番号は算用数字(1、2、3)で書く

・封は「〆」もしくは「封」と書く

まとめ

今回は「お中元のお礼状」でしたが、どんなお礼状も、書き方はほとんど変わりません。

基本的なことを知っておくと、いろんなときに応用が効きます。

覚える必要はないですが「あんなのあったなー」と思えるようにしておくと、便利かもです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。