敬老の日のメッセージ文例集!子どもから,孫から,職員からの言葉は?

敬老の日には、メッセージカードに何かを書いて贈ることがあると思います。

子どもから両親に、孫から祖父母に、施設職員から利用者の方に、気持ちのこもったメッセージは喜んでもらえます。

でもあらたまって考えると、「何を書けばいいんだろう…」迷ってしまいますよね><

そんなときに使えるメッセージ内容の文例集です!

敬老の日のメッセージを悩んだときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

敬老の日のメッセージの書き方って?絶対に書くべきこととは

敬老の日は「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、その長寿を祝う」というもので、 1966年に定められました。

・日頃の感謝を伝える

・長寿をお祝いする

・長寿や健康を願う言葉を書く

これが、敬老の日に贈るメッセージの基本的なもの。

ただこういった言葉も、渡す相手の状況によって適した言葉選びをしなくてはいけない場合もあります。

画一的に書くのではなく、渡す相手の人柄や環境を配慮してメッセージを書いていくといいかなと思います。

敬老の日のメッセージ文例

同じメッセージでも、渡す相手によってメッセージ内容は異なるかと思います。

・子どもから父母に

・孫から祖父母に

・施設職員から利用者に

場合に分けて紹介します。

子どもから父母に敬老の日のメッセージ文例

子どもから父母に敬老の日のメッセージを贈る場合、「まだそんな年じゃないのに…」「年寄扱いされた!」と気分を悪くさせてしまうことも。

私も何も考えずに義母に敬老の日のプレゼントを贈ったとき、旦那さんから「文句言ってたよ…」と後で言われたっていう苦い経験があるんですよね。

敬老の日のプレゼントは祖父母や孫が何歳からする?いつからする?
「いつから渡せばいいんだろう」敬老の日の贈り物は、老人扱いをしているようでプレゼントを渡す年齢を迷ってしまうもの。孫の年齢?祖父母の年齢?迷ったときの提案です。

(‘ω’)「孫が生まれたら敬老の日に何かするんじゃないの?」

そう思っていないおじいちゃんやおばあちゃんもいるので、贈るのならあまり年寄感を出さない文面にしたほうがいいんじゃないかと思います。

迷う場合は、父の日や母の日だけのお祝いにしてもいいかもしれませんね。

それか、孫が書いた絵や工作などをメインにして、ちょっとしたメッセージを添えるのもいいかもしれません。


まだまだそういう年ではないと思いますが、敬老の日おめでとう。

せっかくの機会なので、感謝の気持ちを込めて。

いつもいろいろ心配してくれてありがとう。

これからもよりいっそう元気で、楽しく過ごしてください。



お父さんお母さん、いつも見守っていただきありがとうございます。

○○(子ども)が幼稚園で作った敬老の日の工作を送ります。

まだそんな年ではないと思いますが、一生懸命に作っていたのでぜひ受け取っていただけたらと思います。

これからもお二人が元気で過ごされますよう、願っております。


スポンサーリンク

孫から祖父母に敬老の日のメッセージ

孫からのメッセージは何を書かれていても嬉しいもの。

子どもから敬老の日のメッセージをもらうと「そんなに年寄りじゃない!」と不快感を持ってしまうかもですが、孫からであればそのような気持ちは少なくなるのではないでしょうか。

簡単な言葉でもいいので、おじいちゃんやおばあちゃんを思っていることが伝わるメッセージになるといいですよね。


おじいちゃん、おばあちゃん、敬老の日おめでとう。

今年も敬老の日を元気にお祝いすることができて嬉しいです。

○○の話をしてくれるおじいちゃんと、○○が上手なおばあちゃんが大好きです。

これからもずっとずっと元気でいてください。



敬老の日おめでとう。

遊びに行ったとき、いつも優しくしてくれるおじいちゃんとおばあちゃんが大好きです。

これからもたくさん遊んで、いろんなお話をしたいです。

ずっとずっといつまでも元気でいてください。



じいじばあば、敬老の日おめでとう。

ママに怒られて泣いてたとき、優しくしてくれてありがとう。

じいじとばあばがいると、悲しい気持ちがなくなっていきます。

これからもずっと元気でいてね。



おじいちゃんおばあちゃん、敬老の日おめでとう。

いつも優しいおじいちゃんとおばあちゃんが大好きです。

これからもたくさん一緒に遊ぼうね。

私が大人になってもずっと元気でいてね。


施設職員から利用者への敬老の日のメッセージ

施設職員から利用者のおじいちゃんおばあちゃんにメッセージを書くとき、あまり突っ込んだ内容を書くのは控えてほうがいいかもしれません。

その人の家族環境などによって、定番の言葉でも不快になってしまうことがあるかもしれないです。

基本的には当たり障りのない言葉を選んで、その人に向けた感謝の気持ちを足していく形にするといいかなと思います。


敬老の日おめでとうございます。

○○さんの明るい笑顔に、職員一同いつも癒されています。

またステキな笑顔を見せてくださいね。



敬老の日おめでとうございます。

○○さんが話してくれる○○がとてもおもしろくて、私の最近の楽しみになっています。

またいろんな話を聞かせてください。



敬老の日おめでとうございます。

私たちに優しく気を使ってくださる○○さんに、 いつも助けられています。

本当にありがとうございます。



敬老の日おめでとうございます。

○○さんのお話は学ぶことがとても多く、いつも楽しみにしています。

これからもたくさんお話を聞かせてください。


敬老の日のメッセージ例文まとめ

敬老の日のメッセージは、誰からのものなのかで印象が異なります。

孫からであればなんでも喜んでくれそうですが、子どもからだと「ん?」と思われることもあるかも。

孫からではなく子どもから贈る場合は、少し注意が必要かもしれないですね。

気持ちがこもったメッセージには、手作りのカードを作るのもおすすめ。

簡単な作り方を紹介しているのでぜひどうぞ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。