お歳暮が故人宛にきたときの対応は?お返しや挨拶状やお礼状の文例

喪中は、故人を偲びお祝い事や慶事を控えるべきとされる期間。

「お歳暮は贈ったりもらったりしてもいいの?」と悩みがちですが、お歳暮はお祝い事ではないので、贈り合ってもOKです。

ですが、故人宛にお歳暮が来た場合の対処法って、けっこう迷ってしまうものなんですよね。

「相手の人にはどう伝える?」「お返しはどうやる?」などなど、お歳暮が故人宛にきたときの対応についてまとめました!

スポンサーリンク

お歳暮が故人宛にきたときの正しい対応は?

・喪中でもお歳暮を贈ってもいい

・喪中の人にお歳暮を贈ってもいい

お歳暮はお祝い事ではないため、喪中であってもお歳暮を贈ることも受け取ることもできます。

自分が喪中でもお歳暮は贈る?のしや水引、包装紙はどうする?
自分が喪中の場合でもお歳暮は贈る?喪中で贈るお歳暮ののしや水引、包装紙のマナー。

判断に迷ってしまうのは、故人宛にお歳暮が来たときです。

相手方が、亡くなったことを知らずに、毎年お互いに贈り合っているからといただく場合。

相手方は亡くなっていることは知っているけど、毎年のことだからと贈ってくれた場合。

前者の場合には、亡くなったことを知らせてお礼を言う必要がありますし、後者の場合でもお礼を言う必要があります。

お歳暮を贈ってくれた人と故人との関係を知ろう

お歳暮を贈ってくれるということは、故人と深い関係にあったことが予想されます。

お世話になった方なのかもしれないし、仕事関係で懇意にしていた方なのかもしれません。

関係性を正確に知ることは難しいかもしれませんが

・会社名で送られていたら仕事関係での付き合いかもしれない

・相手方の住所で、いつの時期の知り合いかの推測

どんな関係だったのかを知ると、お礼状だけで良いのか、品物もお返ししたほうが良いのかの判断基準になります。

お歳暮はそもそも、お返しが不要とされている贈り物です。

会社から贈られてきたお歳暮に関しては、亡くなったことを伝えるだけでもかまいませんが、個人から贈られてきたものに関しては、きちんとした対応が必要かなと思います。

お歳暮が故人宛に来た場合のお返しは必要か?

お歳暮はお礼や感謝の意を伝えるためのものなので、前述したように、お返しは不要です。

ですが、お歳暮を贈り合うほどの関係性なのであれば、きちんとした挨拶とお返しが必要かなと思います。

故人宛にお歳暮が来るということは、「亡くなったことを知らなかった」「毎年のことなのでつい故人宛に送ってしまった」「訃報と行き違いになってしまった」などが考えられます。

亡くなった方宛に贈ってしまったことに対して、相手方も申し訳なく思っているかもしれません。

そんな気持ちを払拭するためにも、一筆添えてお返しをするようにしましょう。

故人宛のお歳暮のお返しの金額は?

お返しの品物は、いただいたものと同価格帯を選びます。

どれくらいの金額か分からない場合は、毎年どれくらいのものを贈っていたのかを調べてみるといいかも。

もし分からない場合は、お歳暮の平均相場金額に合わせて。

知人や両親:3000円~5000円

特にお世話になっている人:10,000円

スポンサーリンク

1万円のお歳暮というのはかなりレアだと思うので、3000円~5000円くらいが平均だと思います。

故人宛のお歳暮のお返しの品物は?

自分と付き合いのある相手ではないので、趣味や嗜好は分からないですよね。

あまりこだわらず、定番の品物を送ればいいのではないかと思います。

お歳暮の定番は

・ハムやソーセージ

・飲み物

・お菓子

12月に贈るという性質柄、お正月に大人数で食べられるものが選ばれがちです。

小分けにできるものや日持ちするものを選ぶと、どんな年齢層の人でも消費しやすいですね!

故人宛のお歳暮のお返しの熨斗や水引は?

通常のお歳暮のお返しなら、紅白蝶結びの水引に「御歳暮」の表書きですが、この場合はちょっと違います。

故人宛のお歳暮へのお返しではあるものの、贈る自分は喪中の身。

喪中で贈る場合のお歳暮のマナーにのっとるといいのではないかと思います。

熨斗や水引は使わない
喪中なので、お祝い事を意味する熨斗や紅白の水引は使いません。

かけ紙は、白い短冊や奉書紙を使います。(短冊は略式なのでビジネス関係では使わない)

表書き
故人宛のお歳暮なので、お互いに贈り合うのはこれで最後となります。

ちょっとした気持ちを示す「志」や今までの感謝を込めた「御礼」などがピッタリではないでしょうか。

ちなみに「御歳暮」という表書きは継続性を示すものでもあるので、あまりしっくりこないかなと思います。

名前
名前は故人ではなく、一番近い人の名前を書きます。

配偶者や父母、子などになることが多いかなと思います。

子どもの場合は、長男→長女のように優先順位をつけるのが一般的です。

忌中に故人宛のお歳暮をもらった場合は

忌中とは、仏教だと四十九日が終わるまでの間、神道だと50日祭が終わるまでの間。

この期間に贈られてくるお歳暮は、香典のつもりで贈ってくれている可能性もあります。

その場合は、香典返しとしてお返しを行ってもいいですね!

お歳暮なのか香典なのか、意をはかりかねる場合は、一筆添えると親切です。

熨斗の水引は「黒白結び切り」か「あわじ結び」を使い、表書きは「志」「満中陰志」などを使うことが多いです。

お歳暮が故人宛に来た場合の挨拶状やお礼状の文例

故人宛にお歳暮が来たら、先方にお返しをするにしてもしないにしても、お礼状を渡す必要があります。

お返しの品に同封してもいいですが、できるだけ早く送るようにしましょう。

お礼状の構成は

・季節の挨拶

・いただいた品物のお礼

・亡くなったこと

・連絡が遅くなったことの謝罪

・生前お世話になったことの感謝の意

・相手を気遣う言葉

・締めの言葉

定型文そのままでもいいですし、知っている相手なら故人のエピソードを入れてもいいかもしれません。

故人宛お歳暮のお礼状文例

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

このたびは、父○○のために心のこもった品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。

父○○は、○月〇日に永眠いたしました。

本来ならばすぐに申し上げるべきところでしたが、通知が遅れてしまい申し訳ありません。

いただいた品物は、さっそく仏前に供えさせていただきました。

父もきっと喜んでいることだろうと存じます。

生前のご厚情に感謝するとともに、○○様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

寒気がいよいよ厳しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このたびは夫○○のために、心のこもった品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。

夫○○は、今年〇月〇日に永眠いたしました。

すぐにご連絡すべきところ、お伝えするのが遅くなってしまい申し訳ありません。

いただいた品物は仏前に供えさせていただきました。

○○様からのお心遣いを、夫も嬉しく思っていることと存じます。

生前のご厚情に感謝するとともに、○○様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

まとめ

・故人宛のお歳暮が届いたら、お返しやお礼状を送付する

・お返しの品はいただいたものと同額を目処に

亡くなってからすぐは、遺族側としても悲しみに暮れ何も手につかない時期でもあります。

もしそんな時期に届いたら、無理をせずにしばらく時間をおいても大丈夫。

先方もきっと慮ってくれるはずなので、失礼だと感じることはないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。