就学前健診はどんなことをどのくらいの時間かけてする?ひっかかることはある?

地域によって時期はマチマチですが、だいたい10月前後に行われる就学前健診。

小学校に入学する前に行う健康診断なんですが、「どんなことするの?!」初めての小学校だと不安に思うことも。

親と離れて行われるので、知っている先生がいない状況の中の健康診断。

うちの子が行っている小学校での就学前健診の体験談です。

スポンサーリンク

小学校の就学前健診はどんなことをするの?

まず気になるのはコレ。

(´._.`)「どんなことするの?!」

地域によってすることは様々だと思いますが、基本的に多くの小学校で行われているのは以下。

眼の検査と視力検査

視力検査は分かりやすいですね。

うちの子の小学校では、よくある「C」の形の検査表を使ってのものでした。

ただ眼科とは違い、専門の病院でするわけではないので、紙の検査表を貼って数メートル離れてっていうふうに行うものだったようです。

眼の検査というのは、視力ではなく眼に異常があるかないかを診断するもの。

結膜炎じゃないかとか、目の周りに湿疹などはないかなどの検査です。

聴力検査

ヘッドフォンをあてて、音が聞こえたらボタンを押すというもの。

これは後で先生から説明されたんですが、就学前だと「聞こえたらボタンを押す」というのが理解しづらい場合もあるようです。

歯科検診

虫歯や歯周病のチェックなど。

生え変わりが早い子の場合は、歯並びのチェックもあるようです。

その他の検査

地域によっては、就学前健診で知力検査をする場合もあるようですが、うちの子が行っている小学校ではありませんでした。

小学校の就学前健診はどのくらいの時間がかかる?

うちの子の小学校の場合は、子どもだけで健診に行き、親は体育館で待つようになっていました。

生徒数が多いのもありますが、かかった時間は1時間半くらい。

移動しながらの検査だし、健診をしてくれる先生が何人もいるわけではないので、それなりに時間がかかっちゃいます。

でも、うちの子の小学校の場合は、高学年の付き添いをつけていてくれたんですね。

子ども一人につき、高学年1人ついてくれるっていう。

年長とはいえ、まだ幼稚園児。

そのあたりは小学校の先生も把握していて、いろいろな工夫をしていてくれているんじゃないかと思います。

(´._.`)「長い時間離れているのは初めてだけど…」

スポンサーリンク

(´._.`)「なついている幼稚園の先生じゃないけど大丈夫かしら…」

そんなふうに思うかもですが、時間に関してはそこまで気にする必要はないかなと思います。

小学校の就学前健診で子どもがぐずったり泣き出したらどうする?

小学校って、子どもにとっては初めて行く場所ですし、緊張しちゃう子どももやっぱりいます。

・泣き出してしまう子

・母親から離れることができない子

・ぐずってしまう子

今までに上の子と下の子、2回就学前健診に行きましたが、一定数はこういう子がいました。

場所見知りしちゃう子だとよけいに、「どこだ?!何されるんだ?!」ってなるのかもですね。

そういうときは、周りにいる先生がフォローしてくれたり、母親同伴で健診したりなど、その場で臨機応変に対応してくれます。

ただ幼稚園とは違って、ずっと抱っこしてくれるとか、そこまでのことはありません。

入学前の訓練だと思って、子供にも良い経験になるんじゃないでしょうか。

小学校の就学前健診でひっかかることはあるの?

わが家は、上の子の時は視力検査、下の子は聴力検査でひっかかりました。

知能検査をしない小学校だったのでなかったですが、もしあれば知能検査でひっかかる子もいるかもしれません。

親としては、かなり焦るんですよね。就学前健診でひっかかると。

でも、「要様子見」の髪を渡されたときに先生にこんなふうに言われたんですよ。

(・∀・)「小学校では簡易検査なので、正確な結果じゃありません。」

検査機器が揃っている場所ではなく、検査もあくまで簡易的なものであること。

ひっかかっても、実際にそうであるかは分からず、可能性っていうことですね。

わが家の場合、上の子の視力は本当に悪くなっていて、ひっかかったとおりでした。

下の子の聴力については問題なく、健診のときの環境によるものなのかなと思ってます。

健診でひっかかった場合は、すぐに教えてくれることが多いです。

もし気になる項目があれば、早めに病院に行っておくと安心かなと思います。

まとめ

第一子の場合は、母子ともに緊張してしまう就学前健診。

どんなことをするのか?とか、どのくらいの時間がかかるのか?など、子どもに教えておいてあげるといいかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。