バレンタインの告白を断られた…片思いの人に振られたときどうやって立ち直る?

バレンタインは友チョコ交換をして友達同士で楽しむ側面もありますが、やっぱりメインは好きな男の子にあげる本命チョコ。

学生のうちは特に、バレンタインって告白の良いきっかけになるんですよね。

もちろんうまくいけばそれに越したことはないし、嬉しい。

けど、やっぱり時にはうまくいかないこともあります。

片思いの人に振られたとき、断られたとき、どうやって立ち直っていく?

スポンサーリンク

バレンタインの告白を断られた…10代において「断り」は優しさである

普段のときの関係が、仲がものすごく良いにしても、ほとんど話をすることもなくあこがれの存在だったにしても。

バレンタインの告白というのは緊張するし、断られたときのショックってはかりしれないです。

(‘ω’)「どんなチョコを渡そうか」

(‘ω’)「どんなメッセージにしたら成功するかな…」

渡す側としてはものすごくいろいろ考えて、悪いことを考えて不安になったり、良いことを想像して浮かれちゃったりします。

そういうのがガタガタ崩れていくような気さえしちゃうんですよね。

そういう思春期、青春期を超えて私、今やそれなりの年齢になってるわけですが、今になって思うこと。

それは「バレンタインの告白を断る」ということは、10代の男の子においてはとても誠実な対応だっていうことです。

きっとその告白をどうでもいいとは思っていないはずで、きちんと終着点を作ってくれるというのはやっぱり優しさだと思うんですね。

月並みな言い方になっちゃうかもですが、断ってくれる男の子を好きになったっていうことは、見る目があったっていうことだと思う。

誰しも、自分に好意を持ってくれることって嬉しくて、それを継続させたいと思うはずなんですよね。

いわゆる「思わせぶりな態度」とか「どっちつかずな言動」っていうのは、「ずっと自分を好きでいてほしい」っていうのが根源にある気がする。

告白を断るっていうことは、一応は、自分への好意を終わりにしてもらうっていうことですしね。

すぐに気持ちを他の人に持っていくことはできないだろうし、そんな必要もないとは思いますが、断るってけっこう勇気がいることだったりもします。

すぐには考えられないかもだけど、少し時間がたてば気づくはず。

どっちつかずだった私のバレンタイン、いっそ断ってほしかった

忘れもしない、私の中学生のときのバレンタイン。

後にも先にも、バレンタインにガチで告白したのは中学1年のときの一回だけです。

このときにチョコを渡したのは、同じ部活だった2つ年上の先輩。

同じ部活とはいえ男子と女子だし、上下関係の厳しい部活だったので、話したこともなければ見ることさえ女子の先輩を気にしてできない状況。

帰り際に横目で見るとか、休み時間に偶然すれ違ったらラッキーとかそんなレベルでした。

ちゃんと初恋っぽい感じですね。初々しい。

そんな先輩にバレンタインにチョコを渡そうと計画。

まずは前日くらいに廊下ですれ違ったとき、「明日、渡したいものがあるんですが…」

当日には手作りしたチョコにメッセージを書いて、サクッと渡しました。

サクッと…?うん、ちょっと違うかも。

スポンサーリンク

なんか先輩だしね、こっちは1人なのに向こうは3人くらいいて、渡してから私、逃げるように帰ってきました。

んで、それっきり。

ホワイトデーに何かもらうでもなく、メッセージに書いたことのお返事をもらうわけでもなく。

断ることすらしてもらえなかったんですよね。

まぁそりゃあ、中1と中3って、2年の年齢差以上に違う気がしますしね。

相手にもならないって感じだったんでしょうけど、そのあとけっこう引きずりました。

私のバレンタインの初告白は、伝えただけで終わるっていうどっちつかずな感じで、思いっきり悲しむこともできずに終わりました。

ちゃんと失恋できてたら、今は良い思い出になってたかもしれないけど。

そうじゃなかったから、わりと思い出したくもない微妙な思い出になっちゃいました。

バレンタインに片思いの人に振られたら?立ち直る方法ってどうやるの

大人になって、しかもいい年になったから言えることなのかもしれないけど。

年齢を重ねていくとだんだんと、恋愛が打算的になってきます。

「脈がない相手には告白なんてそもそもしない」

「とりあえず軽い気持ちで付き合ってみるから、本当に好きとかあんまりない」

今のような恋愛って、今しかできないです。

片思いの人に振られるっていう経験も、今しかできない、とっても貴重なものなんですよ。

悲しいって思って泣くことも、好きなのにって辛くなってしまうことも、25歳過ぎるとなかなかできなくなってきます。

まぁ、だから何だよ、と。数年先のことなんて知らねぇよ、と思われるかもしれないですけど。

安心してください。それがきちんとした失恋だったのであれば。

「きちんと」っていうのはつまり、

・自分の気持ちを正直に相手に伝えて

・それに対する相手の気持ちをきちんと受け止めて

っていうことをしていればっていうことですが、人間はちゃんと忘れていきます。

ほんとに見事に忘れていってしまうので、無理に忘れようとする必要はありません。

「好き」という気持ちがなくならないのであれば、なくそうとする必要はないし、好きなままでいればいいと思います。

それでもきちんと1日は経過していくし、1日ごとに少しづつ忘れていきます。

環境が変われば忘れる量は加速度的に増えていくし、良い思い出だけが残っていきます。

リベンジして再度告白するためにがんばろう!っていうのもいいと思うし、次こそは!って違う人に目を向けるのもいいと思う。

いろんな恋愛をして、いろんな気持ちを味わって、そんで成功や失敗をたくさんしてみるといいと思う。

それはきっと、自分自身を成長させてくれると思う。

バレンタインの失恋から立ち直るために私がしたこと

私はわりと人を好きになりやすい性格なので、振ったり振られたりっていうのを何回もしてきてるんですね。

中には全然悲しくないのもありましたが、ときにはガッツリへこんでしまうものもありまして。

そのときに私が「立ち直る方法」っていうか、立ち直るきっかけになっていたこと。

・思いっきり悲しむ&泣く

・悲劇のヒロインだと思い込む

・友達とめちゃくちゃ愚痴を言い合う

・私には○○がある!と考える

けっこう効果的なのは『私には○○がある!』と思うこと。

これ、趣味でも特技でも勉強でも友だちなんでもいいんですが、「こっちがダメでも私には残ってるものがある」と思えることって、けっこう支えになるんですよね。

そのほか、思い切り悲しむのもポイント。気持ちが切り替えやすくなります。

まとめ

バレンタインは、ずっと片思いしていた相手に告白する良いきっかけになります。

良い結果になればもちろんいいけれど、そうとばかりは限らない。

振ったり振られたり、これからもしばらくはそうやって恋愛を続けていくんだと思います。

とてもいいことだと思う。

来年のバレンタインにも、チョコを渡したいと思える人と出会えますように。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。