鍵盤ハーモニカを幼稚園で買うと高い!安いのはどこで買うと見つかる?

うちの場合は年中からだったんですが、幼稚園から鍵盤ハーモニカを用意するように言われる時があります。

日常保育の中で使うこともありますし、生活発表会の演奏で使ったりもしますよね。

普通は幼稚園から購入用紙をもらうんですが、値段を見てビックリ!高い!

・鍵盤ハーモニカは幼稚園で買うと高い!

・安いのは買っても大丈夫?

・安いのはどこで買えるの?

などなどについてです。

スポンサーリンク

鍵盤ハーモニカを幼稚園で買うと高い!

うちの子が行っている幼稚園の場合、園から買うと鍵盤ハーモニカの金額は約6000円

これってけっこう高いですよね。

それもそのはず、幼稚園から購入しちゃうと定価販売になるからですね。

で、ネットを覗くとわりと安い鍵盤ハーモニカもあるんですよね。数千円違うこともあるかもしれません。

んで、なんでこんなに値段が違うのさ?と。

定価だからといっても、こんだけ値段が違うのは何かあるからなんじゃないの?と思うじゃないですか。

見る限り、金額の違いは販売メーカーの違いっていうだけなんじゃないかという気がします。

私の時代は「鍵盤ハーモニカ」と呼んでいたんですが、これは総称。

販売しているメーカーによって、呼び方は様々なんですよね。

・メロディオン:スズキ

・ピアニカ:ヤマハ

・メロディカ:ホーナー

・メロディピアノ:キョーリツ

・メロディホーン:ゼンオン

思ったよりもたくさんある…!

幼稚園や小学校で購入あっせんされているのは、スズキのメロディオンが多いのではないでしょうか。

でも、どれも同じ鍵盤ハーモニカの中なので、大した違いがあるわけではないんですよね。

それでも、高価なものとリーズナブルなものを比べると、2~3千円くらいの差があることも。

こうやって並べてみると、安いのを買ってしまいたいのが主婦の本音。

私は実際に安いのを買ったんですが、違いはあったのか?というと。

鍵盤ハーモニカは安いのを買ったらダメ?違いはあるのか?

値段的にいうと、

・キョーリツのメロディピアノがだんとつに安い!

・あとのメーカーはけっこう誤差

・変わったデザインだと高くなる

わが家はだんとつに安かったキョーリツにしました。

んで単刀直入に言って、他の子が買ってたスズキの鍵盤ハーモニカと比べて、何も違いがわかりません。

音の違いを聞いても分からないし、吹きにくいとかなりにくいってこともないみたい。

プロの人が吹くとか、ソロでとかなら違うのかもだけど、子どもがみんなで合奏で使うレベルなのであれば、全然問題ないんじゃないかと思います。

鍵盤ハーモニカの価格差は、調律によって生まれるといわれています。

つまりは、安いものは音がずれてることがあるかもっていうことですよね。

ミをひいてるのに、ミよりもちょっとずれてるっていう。

前述もしましたが、素人耳ではちょっと聞いたくらいでは分からないですし、そもそも子どもが弾くと、鍵盤の押し具合や吹き具合で若干音がずれます。

気になる人もいるかもですが、私は気にしたこともないくらいのもんです。

スポンサーリンク

鍵盤ハーモニカを使うのは何年生まで?安いと壊れやすいんじゃないの?

3年生からは音楽の授業でリコーダーが始まります。

4年生になっても音楽の時間に持っていくこともたまにありますが、メインに使うのは幼稚園の年中~2年生までの3年間ではないでしょうか。

子どもなので、片付けるときにボンって投げつけるようにすることもあるし、まぁ大事には扱いません。

安いからっていうのも理由の一つなのかもしれないですが、ケースの留め部分はしづらくなったような気がします。

ということで、安い鍵盤ハーモニカを買う際に「ここは気を付けたほうがいい」ということをまとめてみました。

安い鍵盤ハーモニカを子ども用に買うときに気を付けておきたいこと

1.鍵盤の数

教育用として一般的なのは、32鍵盤のもの。

黒鍵と白鍵を合わせて32なので、2オクターブ半くらいのイメージですね。

32鍵盤はオーソドックスなタイプですが、中には25鍵盤や37鍵盤のものもあります。

鍵盤数は同じにしておいたほうが、子どもが教えてもらいやすいのではないかと思います。

2.吹き口の種類

教育用のものを買えばついているとは思いますが、ホースになっている卓奏タイプと立奏用の吹き口。

両方ついているものを選ぶようにしてください。

練習のときはホース、発表会のときは立奏用というふうに、2種類使い分けることはちょくちょくあります。

3.ケース

鍵盤ハーモニカのケースって、ネットなどでは大きくうつっているわけではありません。

だから分かりにくいんですが、安い鍵盤ハーモニカってケースが簡素な作りになっていることが多いような気がする。高いのも同じなのかな。

わが家は、留め具の部分が片一方だけつかなくなっちゃいました。

手作りしてあげるといいかもしれないですね。

子どもが使う鍵盤ハーモニカはどこで買うと安い?

鍵盤ハーモニカ自体は、楽器屋さんに行くと販売していますが、種類がかなり少ないです。

大きい楽器屋さんに行くともっとあるんでしょうけど、郊外のイオンモールに入っている楽器屋さんくらいの大きさだと、有名メーカーのちょっと高いものしか置いてありませんでした。

値段で選ぶなら、もちろん最安値はインターネット

お店で買うよりはかなり安く買えるんじゃないかと思います。

手に取って確認できないので、多少は不安ではありますけど。

キョーリツの鍵盤ハーモニカ。わが家はこれです。

ヤマハのピアニカ。

こちらはソフトケース付きなのがいいですね!ピアニカケースは買うと結構高いです。

スズキのメロディオン。

ゼンオンのメロディホーン。

ホーナーのメロディカ。

ホーナーはこいうシンプルなもののほか、おしゃれな鍵盤ハーモニカもあります。

学校に持っていったらかなり目立ちそうですけど。

まとめ

幼稚園でも小学校でも、あっせんされた鍵盤ハーモニカ以外を使っている子はたくさんいます。

子どもがみんなで演奏するくらいでは、メーカーの違いなんてほとんど分からないです。

個人的には、数年しか使わないから安いほうがいいって思いますが、考え方次第ですね。

ぜひ納得のいくものを購入してくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。