小学校入学時の女の子の筆箱はどれが人気?使いやすいおすすめ紹介

小学校入学の際の準備品っていろいろあるんですが、なんといっても必需品は筆箱!

ノート類などは学校の指定があるものも多いですが、筆箱はけっこう自由に選べるんですよね。

とは言っても、子どもが思うままに好きなものを選んでしまうと後になって「使いにくい~><」となっちゃうことも。

女の子は1年生になると、しっかりとした好みを持つことも多いですが、毎日使うものなのでできれば使いやすいものにしたいですよね。

ということで、女の子の筆箱の選び方のポイントと使いやすいおすすめの紹介です。

スポンサーリンク

小学校を入学したら女の子の筆箱はどんなのがいい?選び方のポイント

小学生が使う筆箱は、大きく分けて2通り。

箱になっているタイプのものと、袋状になっているタイプ。

高学年になるとだんだんと、ポーチみたいな形をしている筆箱を使う女の子が多くなってきます。

が、1年生のうちは箱になっている筆箱を使ったほうがいいかなと思います。いわゆるっていう形の筆箱。

うちの子が行っている学校では、入学前の説明会で「おすすめは箱型の筆箱です」と先生も言っていたんですが、実際にも小さい子には箱のもののほうがおすすめです。

1年生のうちは、学校にある鉛筆削りは使わせてもらえないこともあります。(取り扱いが危険だからという理由)

そのため、一つの授業につき1本の鉛筆+予備1本で、6本くらいは筆箱に入れなきゃです。

ポーチのようになっている袋の筆箱は、中でもうごっちゃごちゃになるんですよね。

キャップをしていてもいつの間にかなくしているし、扱いが雑だからすぐに鉛筆の芯が折れちゃいます。

小学校入学後の最初の筆箱については、箱タイプで選んでおくと無難かなと思います。

小学校入学後初の筆箱はできるだけシンプルに!

んで、箱タイプの筆箱の中にも、子どもが好きそうな多機能なものってありますよね。

ボタン押したらモノサシ出てくる、みたいな。

子どものテンションは上がるかもしれないですが、そういうのは自宅用にしておいて、学校に持っていくのはシンプルなもののほうがいいです。

授業中に触り始めたら、隣の席の子も夢中になっちゃったりしてね。

低学年のうちは自分の欲求に勝てないこともしばしば。

色やデザインを子ども好みのものして、機能はシンプルなものを選んだほうがいいかなと思います。

あと、個人的には両面開きよりも片面開きのもののほうが、1年生には使いやすいかなと思います。

厚みはどちらも同じようなものなので、入れる部分が浅くなっちゃうだけですしね。

スポンサーリンク

女の子の筆箱の寿命は意外と短い

あとですね、小学校で女の子が使う筆箱の寿命は意外と短いです。

物理的に壊れるっていうことは少ないんですが

・友達が新しい筆箱で来てた!私も欲しい!

・鉛筆の汚れが目立つ!恥ずかしいから新しいのが欲しい!

6年間使うなんてことはまずなくて、長くて2年間くらいじゃないでしょうか。

キャラクターものにした場合は、はやりすたりもありますしね。

丈夫で長く使えるほうがもちろんいいんですが、2年くらい使うもの。

そういう意識で購入すると「まだ使えるじゃん!」というダメージが少なくてすみます。

筆箱ってけっこう高いのもあるんですが、買い替えを前提とした選び方をしたほうがいいかなと思います。

小学校入学!女の子におすすめの筆箱5選

ランドセルも作っている『ラピス』のオリジナル筆箱。

クラリーノ素材を使っています。

女の子が好みそうなデザインではあるんですが、中はシンプル。

フタの裏側が花柄になっていてかわいい。

女の子が好きそうなデザインっていうのもあるんですが、急に落とした場合に、中身が飛び出しにくい作りになっているというのがポイント。

値段が安いのも嬉しいところです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラリーノ スーパー軽量筆箱 片面 5カラー cx1-girl-ktu
価格:1327円(税込、送料別) (2019/1/30時点)

楽天で購入

ザ・シンプルな筆箱。

子どもの好みは変わりやすいので、こういうシンプルなものが実は一番長く使えるっていうのもある。

メゾピアノの筆箱。

何を隠そう、わが家の子が1年生になるときに買ったのがこちらの筆箱。

ランドセルは高すぎて買えないけど、筆箱なら買えるよねっていう発想です。

両面開きなので使いにくいという子もいるかもですが、女の子が好きそうなポイントが満載。

中身がラメになっていて、いかにも好みそうな感じです。

通常の筆箱よりも薄い仕様になっているので、ランドセルに入れやすいのもメリットです。

まとめ

1年生のうちはキャラクターものの筆箱を欲しがる場合もありますが、マイブームが去ってしまうとすぐに他のものを欲しがるようになります。

できればキャラクター以外のもの、シンプルな作りのものの中から、子どもに選ばせるようにするといいかもです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。