ゴールデンウィークは旦那の実家。義実家への帰省ストレスを減少するには

ゴールデンウィークは、子どもたちにとっては待ちに待った大型連休!

わが家のゴールデンウィークの過ごし方って、

・旦那さんは仕事で母子のみの大型連休

・旦那さんの仕事がないので双方の実家に帰省

どちらかのパターンに当てはまることがほとんどでして、家族だけで楽しむってことはあまりありません。

(‘ω’)「ゴールデンウィークは旦那の実家に帰省だよ!」

妻にとっては気苦労が増えるばっかりなんですが、対策法はあるのか?っつー話。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークは旦那の実家?!それは果たして普通なのだろうか

わが家は転勤族で、現在住んでいる地域からは双方の実家ともに遠方です。

特に旦那の実家までの距離に関しては、まあまあな時間とたいそうなお金を使わなきゃいけません。

となると、帰省できるのはゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの大型連休じゃないと無理なんですよね。

でもそうやって大型連休を帰省に使ってしまうと、家族そろっての旅行の機会がなくなっちゃうんですよね。

夏休み→双方の実家に

年末年始→どちらかの実家に

ゴールデンウィーク→どちらかの実家に

子どもたちにとっては、帰省は「毎年同じ場所に行く旅行」と同じくらいのポジションになっていて、それもかわいそうかな…っていうか、私、他のところにも行きたいな…と。

思わないでもない。

ですが、バンダイが行った調査によると

1位:テーマパークや遊園地 37.1%

2位:自宅で過ごす 10.7%

3位:親の実家で過ごす 7.9%

4位:温泉に行く 5.6%

5位:スポーツ観戦 3.3%

こちら、小学生に「ゴールデンウィークの理想の過ごし方は?」という質問に対する回答

(‘ω’)「親の実家で過ごしたい子の割合、多くね?」

もちろん、テーマパークや遊園地などのいわゆるって場所に行きたい子は多いものの、祖父母に会いたいと思っている子も多い。

遠方に住んでいるとなればなおのこと、そういう気持ちが強いのかもしれません。

気を使うなぁって腰が重くなってしまうのは親だけで、少なくとも小学生にとって帰省は、楽しみなイベントなんでしょう。

いつまでも祖父母が元気なわけではないですしね。

そう思うと、できるうちにちゃんと帰省して、祖父母と接する機会を少しでも多くしておいてあげたほうがいいのかもとも思う。

ゴールデンウィークに義実家に帰省ってストレスだと思う件

多くの方がそうだと思いますが、自分の実家ならいいんですよね。

別に、子どもと旦那を置いて友達と遊びに行くこともないですし(友達少なめ)、なんていうこともないんですけどね。

単に「気を使わなくてもいい」というだけで、かなり気持ちが楽になります。

が、義実家に帰省となると話は別で、どれだけ義両親との関係が良好だとしてもやはり、一定の気は使いますし疲れます。

帰省中に、子どもを連れていく場所にも制限がありますしね。

私としては、せっかく旦那さんが休みのゴールデンウィーク。

できることなら子どもに今までしたことのない経験をさせたいし、喜ばせたい。

ガッツリと義実家に帰省してしまうと、それがなかなか難しくなる。

旦那さんは「友達と飲んでくるわー♪」って出かけちゃうしね。なんなら、昼過ぎまで寝てますし。

ご飯の用意とかそういうことだけじゃなく、自由に動けないっていうことが私のストレスなんだ!

スポンサーリンク

ということで、「大型連休に義実家に帰省するストレス」を軽減するために、こんなのはどうでしょうか。

ゴールデンウィークに旦那の実家に帰省するストレス軽減案

わが家は義実家から遠方に住んでいるので、だからこそできること。

自宅→→義実家→→自宅

の、この行き帰りの中に家族旅行を入れ込んでしまおうじゃないか!

なんなら行き帰りで一泊ずつして、そこに義両親をお誘いするのなら角が立たないじゃないんだろうか。

わが家の場合は、東海地方から九州まで行かなきゃです。

いつもは新幹線と在来線を乗り継いで7時間くらいかけて帰省するんですが、その道すがらで旅行を組み込んでみようかなと思っています。

一泊できそうになかったら、ただの観光でもいいし、子どもの○○体験みたいのでもいい。

テーマパークに行ってみるのもいいし、遊園地もいくつもあるはず。

・旅行気分を味わえる

・義実家への宿泊日数を自然に減らせる

下調べをかなり入念にやらなきゃだし、余分なお金もかかっちゃいそうですけどね。

子どもにとっては楽しい旅になるんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。

ゴールデンウィークは帰省を旅行として楽しもう!下準備はガチ

目的地は義実家ということで、行き先を自由に選べるわけではないですが、遠方になればなるほど選択肢は増える。

スケジュール管理というか、かなりしっかりとした下調べが必要ですね。

子どもがいる私としては、「子どもに何をさせたいか?」「子どもが何をしたいか?」から探したい。

ということで、行きたい場所検索にはこちらを使います。

じゃらん 遊び・体験予約

日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト ASOVIEW!

どちらも、レジャーや体験の予約ができるサイトなんですが、その地域に何があるのかを知るにも便利。

義実家の近くにどんなレジャー施設があるのかを調べるのにも、けっこう重宝します。

魅力的なところがあれば、家の中で気を使って過ごすよりは楽しく遊ぶほうがよっぽどいいですしね。

良さそうなところなら義両親も一緒についてきてくれるかもですしね。

帰省の交通手段を変えてみるのも旅行気分アップかも

他にも、帰省するときの交通手段を変えてみるのもいいかもしれません。

いつもは車だったのを電車にして、途中下車して観光するとか。

フェリーの発着がある場所なら、船旅にしても楽しめるかもしれません。

まとめ

どちらにしても、どうせ帰省しなきゃいけないんだったら、どうにか楽しめるようにしないと損ですよね。

おそらく義実家に帰省する場合、気が重いのは私だけで、子どもも旦那も楽しみにしてるはず。

それであれば、私が楽しめる要素も盛り込んでいかないとです。

ゴールデンウィーク義実家帰省組の妻のみなさん、ぜひ楽しめる要素を取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。