運動会に義父母や祖父母を呼びたくない!良い断り方と解決方法は?

子どもの運動会に義両親、子どもにとっては祖父母。運動会に呼びたくない!

嫁である立場からすると、こう思うこともあります。

嫌いなわけじゃないし、孫を見たいと思ってくれることは嬉しいんですが、それでもなお。

呼んだときの自分の手間を思うと、呼びたくないと思う気持ちもものすごく分かります。

家の片付けもしなきゃですし、泊まるのならより一層の掃除が必要。

ただでさえ運動会の日の朝はバタバタなのに、お弁当の人数も増えるとなると、頭が痛くなったり。

スポンサーリンク

運動会に義両親、祖父母を呼びたくないときの注意点

本音を言うと「自分の負担が増えるから」というのが大きいと思うんですね。

というか、私だったらそうです。

わが家は義両親が遠方に住んでいるので、必ずお泊まりになるんですよ。

そうなると、前日の夕飯の用意から運動会当日のお弁当まで、気を使うことが多くなる。

旦那さんの両親だから適当にすることはできないし、かと言ってきちんとするほど余裕もないし。

ただそういう場合でも、もし義両親が運動会に行きたいと思っているのなら、

「最初から誘わない」「日程を教えない」というのは、やっぱりダメだと思うんですよね。

あとあとの義父母との関係が悪化してしまいそうだし、なによりも悲しい気持ちにさせてしまいます。

だから一応、運動会の日程を伝えてお誘いのようなものはするべきだと思うんですね。

(・∀・)「○日に運動会があるんですけど…」という感じに。

問題はここからどんなふうに、運動会当日に呼ぶことをやんわりと断るかっていう。

運動会に義父母を呼びたくない場合の断り方

関係を悪化させたいわけではなく、子どもの運動会を見に来たいと思ってくれることは嬉しい。

あくまでも、義両親の存在を嫌だと思ってるわけではないので、それを踏まえた上で。

炎天下の中の観戦は負担が大きいこと

運動会の季節は春でも秋でも、どちらにしても暑いです。

親でさえ炎天下の応援は体力的にしんどくなることも多いくらい。

祖父母席のようなものが用意されている場合もありますが、そこに座れるかどうかは分からないですしね。

場所取り競争に勝って、日陰を陣取れるかどうかも分かりません。

スポンサーリンク

とくに、小学校の運動会であれば時間も長いので、義両親の負担は大きいです。

毎年炎天下になるので、当日の観戦はかなりしんどいであろうこと。

ビデオ撮影はしっかりと行うので、後日でも一緒に見ることはできるということ。

(´・ω・`)「良い席は激戦なので、ずっと観戦するのはツライかもしれません」

お弁当などの準備が下手だから

私がそうなんですが、人数が増えるだけでどのくらい作っていいのか分からなくなるんですよね。

しかもヘタレ主婦なので、やらないといけないことが増えるといっぱいいっぱいになる。

(´・ω・`)「お呼びしたいんですけど、私がいっぱいいっぱいで…」

もし「それでもいいから行くわ」と言われるのであれば、きっと手伝ってくれるはず。

気は使うでしょうけど、どうせ来てもらうのなら手伝ってもらうほうが断然楽チンです。

運動会に義両親を呼びたくない理由は何?解決すれば呼べるのか?

運動会に義両親を呼びたくない理由ってなんでしょう。

もしそれが解決するなら呼びたい!と思うのであれば、旦那さんと話し合って解決できる方向に進めていけばいいのかなと思います。

「孫を見たい」と思ってくれること自体は喜ばしいことですしね。

義両親が家に泊まるのが嫌だ

遠方の場合は「家へのお泊まり」がネックになる場合も多いですよね。

そんなときは、ホテルに泊まってもらうことを提案してみてはどうでしょうか。

っていっても、嫁の立場でそんなことを言えるわけもなく。

旦那さんから言ってもらえるように頼んでみてもいいかもです。

お弁当の準備が嫌だ

こちらはお義母さんとの分担作業に。

お弁当の準備はただでさえ大変。一人で作るのは無理です。

義両親のこだわりが強い場合もありますし、「私にはできない」ということを伝えておくと、

もし来た場合にも下地ができてるので、手伝ってもらいやすいかもです。

毎年運動会に呼ぶのが嫌だ

節目となる年だけ来てもらうように交渉を。

(・∀・)「今年は見せ場があまりないようなので、来年お願いします」

わが家の場合は、最初の運動会だけ義両親を呼んで、あとは実家義実家ともに呼んでいません。

これも言いにくいのなら、旦那さんから言ってもらうといいかもです。

まとめ

運動会に呼ぶか呼ばないかって、義両親との関係がかなり大きいですよね。

遠慮しがちな関係なのであれば、バタバタしているときには本当に大変ですし。

ただ個人的には、義父母が来たいと思っているなら一度だけは招待したほうがいいかなと思います。

「毎年…」と思うと憂鬱ですけど、「今年だけ!」ならまだがんばれそうな気がする。

どうだろう、たぶん。

ぜひ、無理はせず、楽しめる運動会になりますように。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。