子どもの浴衣の髪型、ロングで簡単なヘアアレンジ方法まとめ

浴衣のときはいつもとは違う髪型にしてあげたい!

子どもが浴衣を着るときの髪型って、学校に行くときとは違うのでヘアアレンジが大変。

ロングだと、できそうな髪型がたくさんあるだけに、「どういうアレンジをしてあげようか…」悩むことも多いかなと思います。

髪型のアレンジが苦手な人でも、何度かの練習で簡単にできるようになる、ロングヘアの子どもの浴衣用アレンジをまとめてみました!

スポンサーリンク

子どもが浴衣を着たときの髪型ってどうする?ロングヘアで気をつけたいこと

大人の場合は髪をまとめたときって、後れ毛をだしたり適度に崩したりします。

いい感じに崩しているのがかわいいし、カチッとしていないのがいいんですよね。

ですが子どもの場合、浴衣でも静かに行動するわけではないし、放っておいても崩れていってしまいます。

大人のような髪型を最初にしてしまうと、途中でボロボロになっちゃうんですよね。

子どものヘアアレンジをするときは

・崩しすぎないこと

・止めるところは十分にピン止めすること

浴衣の子どもと一緒に出掛けるときは、まだ親が手直しできるからいいですが、子どもだけで浴衣でお出かけするときは注意です。

浴衣の子どもの髪型、ロングヘアアレンジの簡単なやり方

動画の中から、簡単~数回の練習でできそうなものを集めてみました。

気に入ったものを参考にしてみてくださいね。

なお、ヘアアイロンやコテ、スタイリング剤などがあればもっとやりやすくなるかなと思います。

一応すべてのコメントは、私が自分の子どもにしてみての感想です。

非美容師、わりと不器用な母目線なので、ご了承ください。

子どもの髪型:アップ

ゆるお団子ヘア

必要なもの

・ゴム

・ピン

ぱっと見、ものすごく手が込んだ髪型のように思えるんですが、やっていることはくるりんぱと三つ編みがメイン。

長い髪の毛は、最後に三つ編みをしてお団子にしていきます。

お団子を止めるときに、しっかりめにピンをしたほうがいいかなと思います。

不器用な私としては「いい感じにゆるっとお団子」っていうのが難しい部分ではあるんですが、最終的には髪飾りで隠してしまえるとこでもあります。

(‘ω’)「ピンが見えちゃう…」

これはあんまり気にしなくてもいいかなと、仕上がった娘の髪を見て思ったので、たぶん大丈夫。(なんだ)

シンプルお団子ヘア

必要なもの

・ゴム

・ピン

これは定番のお団子ヘア。浴衣姿に似合いますよね!

ポニーテールにしたものをお団子にするっていうシンプルなものなんですが、毛先をピンで止めるのがちょっと難しいかもです。

わが家の子どもは髪の毛が多いほうなので、一本のピンでは無理でした。

スタイリング剤をつけて、髪がまとまりやすくなるようにしていると、だいぶやりやすくなります。

ふたつお団子ヘア

必要なもの

・ゴム

・ピン

手順が少なく、簡単にできるふたつお団子。この髪型は、ピンでも止めやすいです。

ただ、シンプルなふたつお団子なだけに、前から見ると豪華さはあまりありません。

顔周りの髪をちょっと出して、コテで巻いたりするとかわいいかなと思います。

スポンサーリンク

高めのふたつお団子ヘア

必要なもの

・ゴム

・ピン

浴衣姿で高めのふたつお団子にしてる女の子、多いですよね!

文句なしに女の子がかわいくなれる髪型ではないでしょうか。

この髪型のキモになる、お団子の崩し方。

「ちょうどいいバランスで」というのが、何回か練習してみたほうがいいかなと思います。

無造作な感じって、わりと難しい。

分け目をギザギザにしてもイメージが変わりますし、大きい髪飾りをポイントにしても良さそう。

浴衣の場合は髪飾りで隠せるのでけっこう便利ですね!

子どもの髪型:ハーフアップその他

リボンヘア

必要なもの

・ゴム

・ピン

・くるりんぱ棒

リボンヘアはいくつか挑戦しましたが、この方法が一番簡単なんじゃないかと思います。

くるりんぱ棒が必要ですが、100円ショップでも売っているのでこの機会にぜひ。

ハーフアップにしてもいいですし、アップにしてもできそう。

存在感がかなり大きなリボンに仕上がります。

こちらはわが家の子どもたちには好評でした。

ゴムだけで作るリボンヘア

必要なもの

・ゴム

・くるりんぱ棒

前述のリボンヘア同様に、こちらも簡単に作れちゃうリボンヘア。

これはかなり画期的!編み出した方、すごいと純粋に感心します。

肩甲骨の下くらいの長さがあれば、簡単にできてしまいます。

前から見たときの豪華さは髪飾りで、後ろから見るとリボンっていうのがかわいい。

髪の毛をまとまりやすくする必要はありますが、特に難しい部分もありませんでした。

三つ編みハーフアップ

必要なもの

・ゴム

超簡単なのに、かわいく仕上がるハーフアップ。

子どもにする場合は

・髪の毛の量がそれなりにあること

・髪の毛を巻いてあげること

この辺りがポイントかなと思いました。

特に、子どもの毛量では残った髪の毛を巻かないと、ボリュームがさみしい気がしちゃうんですよね。

コテがない方は、前日の夜に三つ編みをして寝るっていうのでもいいかもしれません。

シンプル三つ編みヘア

必要なもの

・ゴム

くるりんぱからの三つ編みっていう、超簡単ヘア。

これは苦手な方でもすぐにできちゃうくらいの簡単ヘアアレンジです!

少し大人っぽい雰囲気もするので、高学年女子にもいいかもしれません。

まとめ

これまでにあまり子どものヘアアレンジをやったことのない方や、苦手な方でもできる簡単な髪型を紹介してみました!

不器用な私からすると、一番難しいのって「いい感じに崩す」ということだったりします。

裁量をもたされると、とたんに分からなくなっちゃうんですよね(-_-;)

どうにも苦手っていう方は、崩さなくても良い髪型を選ぶといいかなと思います。

浴衣に必須な髪飾りは、100円ショップや手作りでも。

浴衣の髪飾りは100均や手作りでもかわいい!簡単な作り方も紹介!
浴衣の髪飾りは、100円ショップでもかわいいものがたくさん!実際に100均で買った髪飾りの紹介と、100均アイテムで作れる超簡単な髪飾りの作り方です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。