七夕におすすめの花と花言葉は?プレゼントにもぴったりな7選

七夕といえば短冊と笹飾りが最初に思い浮かぶイメージ。

ですが、七夕を意識した花を飾ったりプレゼントしたりするのも素敵ですよね!

笹と一緒に飾っても華やかで、七夕らしい雰囲気満点に。

(‘ω’)「でも母の日みたいに、七夕に決められた花ってないよね?」

七夕のシンボルフラワーはないんですが、だからこそ選択肢も豊富で好みのものをチョイスできます。

七夕におすすめの花、七夕のプレゼントにぴったりの花の紹介です!

スポンサーリンク

七夕におすすめの花と花言葉

今回紹介するのは以下。

・スターチェリー

・カスミソウ

・花菖蒲

・朝顔

・スイレン

・キキョウ

・ナデシコ

どの花も、七夕にぴったり。

順にご紹介します。

スターチェリー

(画像をクリックすると楽天市場にとびます)

スターチェリーの花言葉

・熱烈な愛情

・あなたの愛を信じる

・母への愛情

カーネーションの一種で、比較的新しい品種であるスターチェリー。

なんといっても特徴は、星形をしている花の形ではないでしょうか。

名前に星がついているので、七夕にはピッタリです。

最近は七夕に飾る花は、星形のものが人気だそうです。

同じくカーネーションの一種で『スターローザ』という品種も。

どちらも星形の花の形をしていてるので、七夕の夜によく合うのではないかと思います。

カスミソウ

カスミソウの花言葉

・清らかな心

・無邪気

・感謝

七夕である7月7日。

実はこの日は「カスミソウの日」でもあるんですよ。

白く小さなカスミソウが、空で瞬く天の川に似ていることから、カスミソウの日になったとのこと。

たしかにカスミソウのたくさんの小さな花は、夜空の星にようにも見えますよね。

カスミソウは花屋さんの中でもリーズナブルで、他の花を邪魔するような主張がありません。

そのため、メインの花に添える花というイメージも強いんですよね。

ですが七夕のときにカスミソウをメインに飾ると、星が見えない日でも天の川を再現できるかも。

かわいい夜空を、部屋の中に作るのもいいですね。

スポンサーリンク

花菖蒲(ハナショウブ)

花菖蒲の花言葉

・優しい心

・あなたを信じる

・忍耐

・優しさ

6月に旬を迎える花なので、「七夕…?」と思う方もいるかもです。

が、すっと伸びた花菖蒲の姿はシックな和を感じさせ、七夕の雰囲気にもぴったりです。

花菖蒲に似ている花として、あやめ、かきつばた、アイリスなどがあります。

同じようにスッと伸びたりりしい花なので、どの花も七夕らしいかなと思います。

朝顔

朝顔の花言葉

・愛情

・結束

朝顔は別名「牽牛(けんぎゅう)花」と呼ばれています。

朝顔の種子が薬として非常に高価だったため、もらった人は牛を引いてお礼に行ったという中国古来のいわれがあるそう。

牽牛というのはわし座のアルファ星であるアルタイルで、和名は「彦星」

七夕伝説に登場する、織姫と彦星のあの「彦星」ですね!

朝顔の花が咲くと「今年も織姫と彦星が会えた」しるしであるという、とても縁起の良い花とされています。

今は、小学校の理科の栽培でも使われるほど身近な存在である朝顔。

実はとても縁起の良い花で、しかも七夕の彦星の名前がついている花。

まさに七夕にピッタリのお花と言えそうです。

スイレン

スイレンの花言葉

・清純な心

・信仰

・信頼

7月7日、七夕の日の誕生花であるスイレン。

朝に花が開き、夕方に花が閉じることから、古代エジプトでは太陽のシンボルとしても考えられていました。

普通の花ではなく、水場が必要であるスイレン。

家の中に飾る場合は、水を張った容器に入れるととてもおしゃれ。

水に浮かんだスイレンは、暑くなり始める七夕の時期にも涼やかですし、水に浮かんでいる様子は天の川を模しているかのよう。

笹の近くに飾ると、七夕らしさが出るのではないでしょうか。

桔梗(キキョウ)

桔梗の花言葉

・永遠の愛

・気品

前述したスターチェリーのように、星形の形をしている桔梗の花。

形が七夕にぴったりなので、七夕の花として紹介されることも多い花です。

秋の七草のひとつですが、花が咲くのは6月~9月なので、七夕の時期はちょうど旬。

ナデシコ

ナデシコの花言葉

・無邪気

・純愛

古い花伝書には、「七夕の花は仙翁花と桔梗である」と記されています。

仙翁花とはナデシコのこと。

平安時代には、ナデシコの花の優劣を競いあう「なでしこあわせ」をしていたそうです。

ナデシコは古くから伝わる、七夕の花なんですね。

七夕に花をプレゼントするならおすすめは?

花って、プレゼントされる機会はあんまりないもの。

だから七夕に合う花であればきっと、どんな花でも喜んでもらえるはず。

とはいうものの、プレゼントしやすい花とそうでない花がありますよね。

(‘ω’)「鉢植えをもらうのはちょっと…」

(‘ω’)「切り花のほうがいいな…」

あくまでも個人的な意見ですが、七夕に切り花でプレゼントする花のおすすめはこちら。

・スターチェリー

・アイリス

・カスミソウ

・桔梗

花屋さんでも手に入りやすいですし、七夕らしさもある花です。

花言葉も良いですので、プレゼントにはピッタリ。

鉢植えでもいいのであれば、朝顔やナデシコなどもいいですね!

ブリザーブドフラワーで選ぶのもいいかもです。

スイレンの花はステキですが、専用の水連鉢が必要。

おしゃれなんですが、部屋に飾るにしても庭に飾るにしても、スペースが必要です。

そして費用も少し高め。

全てセットでプレゼントするなら、部屋の雰囲気が明るくなりそうですね!

まとめ

七夕には笹飾りだけでももちろん素敵ですが、花を一緒に飾るとより華やかになります。

今回紹介したように七夕に関連している花だけでなく、七夕の時期に旬をむかえる花でも季節感が出ます。

ぜひぜひ、笹と一緒に飾ってみてはいかがでしょうか。

笹には折り紙を使って、七夕ならではの飾りをつけるのもおすすめ。

一つ一つに意味があるので、ぜひ作ってみてくださいね。

七夕飾りの種類や意味まとめ。笹飾りに込められた願いは何?
七夕の笹に飾る七夕飾り。たくさん種類がありますがその意味って?実は一つ一つに込められている意味、まとめてみました!
七夕飾り折り紙のおすすめの作り方。子どもと一緒に簡単に作ろう
七夕に飾りにピッタリの折り紙の折り方は?定番のものから子ども受けしそうなかわいいものまで、簡単に作れるものをまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。