秋の運動会でのママの帽子のおすすめは?運動会コーデがはえる人気アイテム!

春や秋に行われることの多い運動会。

日差しが強くない時期を選んでいるのは分かるけど、運動会定番の5月も10月も、ものすごく暑いんですよね。

最近は「運動会に日傘は非常識!」と言われることも多く、日差しが気になるママには帽子は必須アイテム。

手持ちの帽子じゃちょっと不安…。

そう思っている方必見!運動会におすすめのママの帽子の紹介です!

スポンサーリンク

秋の運動会のママの帽子、ここだけは押さえておきたい選び方

どうせならただ日差しを避けるためだけではなく、帽子をオシャレに着こなしたいもの。

実際の日差しと暑さとはうらはらに、暦的にはもう秋である10月。

「麦わら帽子だとちょっとおかしいかしら」

「ツバが大きくないと日よけにならないよね」

考えることは意外と多いものなんですよね。

では秋の運動会のママの帽子を選ぶとき、押さえておきたいポイントをまとめてみました!

季節に合ったものを

夏がメインの麦わら帽子、冬がメインのニット帽。

季節感があるものはその季節に、というのが王道ではありますが、最近はそういう意識も薄れてきているようにも思います。

夏場にニット帽をかぶってオシャレに着こなしている人も見かけますしね。

その日の気温と服装によって選べばいいと思いますが、その季節に合ったものにするほうが無難ではあります。

ツバが広いものを
場所取りをしなかったとしても、自分の子の出番には前のほうに行く方も多いですよね。

日傘をさしたまま前に行くことはできないので、その間は帽子だけが日差しをよける手段に。

ツバがない帽子は顔や首への日差しを避けることができず、強い日焼けの元に。

もしツバの小さいものをかぶる予定なら、うちわやタオルなどで対策をしておいたほうがいいかも。

運動会以外でも使えるとなおGOOD
シンプルで飽きの来ないデザインを選ぶと、運動会以外でも使えます♪

持ち運びすることが多そうなら、折りたたんでコンパクトになるものを。

運動会だったら子どもがすぐにママを見つけられるようにと思うかもですが、周囲から浮かないようなデザインもやっぱり大事です!

秋の運動会のママの帽子おすすめ紹介

1.コットンハット

秋という季節柄、コットンハットはやはり定番でもあり王道でもあります!

ツバが広く首元までカバーしてくれるものもあるので、春でも秋でも季節を問わず使えるのもありがたいですよね。

親子遠足やちょっとした公園遊びなど、日差しが気になるときの強い味方。

どんな服装にも合いやすいのが、ママに好まれる理由の一つです。

ロサブラン プレーンハット

≫≫【Rose Blanc】プレーンハット(ロサブラン楽天市場店)

兵庫県芦屋市から生まれたロサブランの帽子は、完全遮光でUV対策もばっちり。

愛用者の中には著名人も多く、上品なデザインが特徴的です。

首元まですっぽり覆ってくれる幅広のツバながら、折りたたむこともできるというスグレモノ。

長く使える定番デザインです。

イロドリ サファリハット

≫≫irodori(イロドリ)UV100%カット つば広 サファリハット

ネット通販では根強い人気を誇る、UV100%カットのサファリハット。

ツバが広いので首元まで深くカバー。取り外せるあごヒモ付きなので、子どもを追いかけて走っても安心です♪

丸めてコンパクトに折りたためるので、持ち運びも楽ちんですね!

スカラハット

スポンサーリンク

≫≫スカラハット UVカット UPF50+ 

数年前から話題になっているスカラハット。

コットン100%の帽子なんですが、こちらなんとUPF50+というUPF指数の最高値をたたき出しているんです!

調節紐がついているのでサイズを合わせやすく、丸められるので持ち運びもコンパクト。

2000円前後というリーズナブルな値段もありがたいですよね!

2.キャップ

数年前に流行して以来、ママ世代でも気軽に取り入れられるようになったキャップ。

運動会でも大活躍すること間違いなしです!

ただキャップは首元がカバーできないので、日差し対策は必要です。

後ろリボンキャップ

≫≫リボンキャップ  日除け  14+ icap0112

とかく子どもっぽくなりやすいコットンのキャップですが、バックデザインがリボンになっているこちらのキャップは、女性らしさがアップ!

パンツスタイルでもカジュアルでも、女らしさが演出できますね♪

値段が手ごろなので、子どもとお揃いでもかわいいかもです。

ティーニーコラボキャップ

≫≫シンプルコットンキャップ AYA コラボ TEANY ティーニー

アメブロのファッションブロガーとして有名なAYAさんとのコラボキャップ。

「大人の女性がかぶれるデザイン」という設計をされています。

一般的なキャップよりも深めなので、それが女性らしさや大人っぽさを印象付けるのかもしれません。

3.キャスケット

キャスケットも秋の運動会の時期にはピッタリの帽子。

オシャレな人がかぶっているイメージが強いので、うまく着こなすと目を引くかもですね♪

ロサブラン キャスケット

≫≫uvキャスケット  つば広 (通気性タイプ) 【Rose Blanc】

ロサブランのキャスケットは、大きなツバと100%の完全遮光が特徴!

通気性があるタイプなので、蒸れる日中でも涼しく過ごせます。

カジュアルになりがちなキャスケットですが、上品に合わせられそうなデザインです。

NOPOソフト コットンキャスケット

≫≫NOPOソフト オーガニックコットン キャスケット

ツバが耳元まで伸びているので、広い範囲をカバーできるキャスケット。

深くかぶることができるので、脱げにくく落としにくいのもポイント。

リバーシブルになっているので、その日の服装によって色を決めることもできます。

コンパクトに折りたためるので、持ち歩きも簡単です♪

まとめ

まだまだ日差しが強い秋の運動会では、帽子は必須アイテム。

ぜひぜひお気に入りを見つけてくださいね!

運動会の熱中症対策はこちらをチェック!

小学校の運動会の暑さ対策の服装は?対策グッズと持っていくといいもの
小学校の運動会は、真夏は避けていても暑いことが多いです。暑さ対策になる服装の紹介と、持っていくと便利な対策グッズのまとめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。