卒業式や卒園式のコートはママに必要?色やマナーをまとめてみた

卒業式や卒園式は、子どもの大きな節目となる行事のひとつ。

子ども以上に、親のほうが思い入れが強くなるイベントではないでしょうか。

たくさん写真を撮って、一生の記念にもなる卒園式や卒業式。

主役ではないとはいえ、親だって着ていく洋服については頭を悩ませるもの。

その中、「卒園式にコートって着て行っていいもの?」悩む方も多いのではないでしょうか?

卒園式や卒業式での、ママのコート事情やマナーに合った色や適さないコートなどをまとめてみました!

スポンサーリンク

卒業式や卒園式にママのコートは必要?そもそもマナー的にOKなの?

3月中旬~下旬にかけて行われる卒園式や卒業式。

日によってはあたたかな春の陽気に包まれることもありますが、まだまだ肌寒さを感じる日も多いですよね。

防寒着なしではちょっと…と思う方も多いのではないでしょうか。

インナーで防寒対策と言っても、大量に着込んでパツパツになるのは嫌ですもんね。

卒園式のママのコート、マナー的には…?

フォーマルなシーンのマナーとして考えても、卒園式や卒業式の保護者のコートは問題なくOK。

コートを着ずに寒さに耐えながら園や学校まで行き来するよりは、その場に合ったコートを着て行くほうがいいはず。

ここでポイントになるのは「その場に合った」という点。

卒業式や卒園式のコートはまったく問題ありませんが、「どんなコートでもいい」というわけではありません。

さてでは、どんなコートだとマナー違反になってしまうのか?

避けたほうがよいものをまとめてみました。

チェック!式の最中のコートは?

フォーマルなシーンでもコートの着用はOK。

でもそれは、式の最中でもコートを着たままでいいというわけではありません。

屋外で卒園式や卒業式が行われる場合は別ですが、そうでないなら式中はコートを脱ぐようにしましょう。

「コートを脱ぐならどんなコートでもいいんじゃないの?」と思いがちですが、脱いでしまうとはいえ、避けたほうが良いものも。

ぜひチェックしてくださいね。

卒園式のコートにこれはNG!マナー的に避けたほうが良いコート

卒業式や卒園式だけでなく、入学式などでも、服装についてのマナーは昔ほど堅苦しくはありません。

着ていくものや小物などの自由度は高くなっていますし、柔軟に選ぶ方も増えています。

その地域や学校や園などの色によっても、マナーが厳格な場合とそうでない場合が分かれますよね。

ただ、「一般的には○○」という知識を知っておくと、臨機応変に対処することもできるかなと思います。

そのうえで、どんなコートならアリ、このコートはナシ、というふうに判断してみてはいかがでしょうか。

基本的に、フォーマルな場では避けたほうが良いとされているコートは以下。

・ダウンコート

・毛皮のコート

・目立つファーがついたコート

・キルティングなどのカジュアルなコート

・ダッフルコート

・ジャンバーやブルゾン

ブルゾンやダッフルのような、カジュアル色が強いコートに関しては、フォーマルな場には不向きです。

また、毛皮や目立つファーがついたものに関しては、殺生を連想させるものとしてフォーマルな場では避けたほうが良いとされています。

ただダウンコートに関しては、「避けたほうが良い」とされるものの、着ている方を見かけることもあります。

上品なダウンや、寒さが厳しい地域などでは、ダウンコートを着てもそれほど違和感はないのかもしれません。

卒園式や卒業式に似合わないコートの色は?

さて、次に思い浮かぶのが「コートの色って何でもいいの?」という点。

卒園式や卒業式では、多くの方がシックな色のスーツやワンピースを着ています。

その点を考えると、フォーマルな場でのコートの色として代表的なのは、黒やグレーなど。

逆に避けたほうが良いのは

・赤や黄色などの派手な色

・アニマル柄などの目立つ柄が入っているもの

フォーマルコートでなければいけないということはありませんが、あくまでもフォーマルな場。

常識的な範囲内で考えてよいと思うものであれば問題ないかなと思います。

卒園式や卒業式にトレンチコートはOK?

ベージュがスタンダードなトレンチコート。春コートの定番ですね!

気候が良いのであれば、トレンチコートでも問題ありません。

卒園式や卒業式のママのコートの長さは?

コートの長さは、ミドル丈がおすすめ。一番オーソドックスですね!

膝より少し短いくらいの丈のものであれば、フォーマルな場だけでなく他の場面でも使いやすいかなと思います。

ただ、個人的にはコートの長さについてはそれほど気にする必要はないかなと思います。

というのも、卒園式や卒業式でのママのコートの長さって人によってそれぞれ。

ミドル丈をおすすめされることが多いのは確かですが、ロングコートやショートコートをうまく着こなして上品にまとめている方も多いです。

コート自体がカジュアルだったら、ロングコートやショート丈だと違和感があるのかもしれませんが、そうでないならシックな印象になるんですよね。

全体的なバランスを見ておかしくなければ、コートの長さはそれほど意識しなくても周りのママから浮いてしまうことはないかなと思います。

スポンサーリンク

卒園式や卒業式のママのコートのおすすめ

もっとも無難なフォーマルコートから、普段使いできるコートまで、卒園式や卒業式におすすめのコートを集めてみました!

定番のフォーマルコート

≫≫フォーマルコート レディース

もっとも無難なのが、黒のフォーマルコート。

卒園式や卒業式だけでなく、あらゆるフォーマルな場に使える定番のコートです。

ノーカラーフォーマルコート

≫≫【送料無料】ブラックフォーマルノーカラーサテンラインコート

衿がついていないので、大人な雰囲気が漂うフォーマルコート。

コートを脱がなくても、首元のネックレスが見えるのがポイント。

他の人とは少し違うフォーマルコートを選びたい方は、ノーカラーを選んでもいいですね!

チェスターコート

≫≫【日本製】【カシミヤ100%コート】【チェスターコート】

普段使いもできるけど、フォーマルなシーンでも役だつのがチェスターコート。

カッチリとした印象になるので、一着持っておくと応用がききそうです。

ちなみに、私が卒園式や卒業式に着ていくコートはだいたいチェスターコートです。

スタンドカラーコート

≫≫ウールコート スタンドカラーコート

衿が立っている状態になっているスタンドカラーコートは、上品な印象が強いですよね!

普段使いもできますが、シックな色を選べばフォーマルシーンにも使えるコートに。

まとめ髪がよく似合いそうです。

まとめ

卒業式の時期は、寒かったり温かくなったり、気温が読みにくい季節でもありますよね。

私が子どもの卒園式や卒業式に行く日は、なぜかいつも寒くて、コートを着ずに行ったことはありませんが、中にはコートいらずだったという人も。

突然寒くなって慌てずに済むように、一着用意しておくと安心ですね!

卒業式や卒園式の他の小物については、こちらも参考にどうぞ。

卒業式の母親のコサージュはダサいから必要なし?つけない派のアクセサリーは
子どもの卒業式にコサージュは必要?なんでみんなつけてるの?ダサいからつけたくない!という場合のおすすめアクセサリーの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。