母の日のプレゼント中学生からのおすすめは?手作りも花以外もまとめて紹介!

中学生だけど母の日はプレゼントをあげたい!

まだアルバイトができる年齢ではないし、プレゼントの資金はお小遣いがメイン。

それでも母の日には日頃の感謝を伝えたい!そう思う人も多いのではないでしょうか。

手作り品も花以外もまとめて、中学生からの母の日のプレゼントのおすすめを集めてみました!

スポンサーリンク

母の日の中学生からのプレゼントの予算相場は?

中学生の母の日資金は、今までもらってきたお小遣いを貯めたものであることがほとんど。

大人が渡しているような本格的なプレゼントを考える必要はありません。

中学生からのプレゼントの予算の相場は、1000円前後くらいではないでしょうか。

このくらいの金額の中で選んでみて、もし物足りないと思うようであれば手紙を添えるなどしてもいいですね!

中学生からのプレゼントは安いものでもいい?

母親の立場で言わせてもらうならば、中学生の子どもからのプレゼントは安いものでまったく問題なし!

むしろ高いものをもらってしまうと、「自分の欲しいものを我慢させて買わせちゃった…」と申し訳なく思ってしまうかも。

プレゼントの金額は、自分が無理なく出せる範囲内で大丈夫です。

感謝の気持ちを伝えようとしてくれただけで、親は嬉しく思うもの。

予算を多くかけることではなく、「ありがとう」の気持ちが伝わるものを選ぶようにしましょう!

母の日の中学生からのプレゼント値段別紹介!手作りも花以外も!

さてでは、母の日にぴったりなプレゼントを価格別に紹介します!

お金をかけずに渡せる母の日のプレゼント

お母さんへの手紙

大きくなるにつれて、もらう機会が少なくなる子どもからの手紙。

母の日を機に、日ごろの感謝の気持ちを伝える手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

直接口に出して言うのは恥ずかしいことでも、手紙なら素直な気持ちを伝えられるかも。

お母さんもきっとそれが分かっているので、一番嬉しいプレゼントは手紙だったりもします。

長い手紙にする必要はなく、小さなメッセージカードに一言だけでも大丈夫。

感謝の気持ちを伝えてあげてください。

メッセージの内容に困ってしまった場合は、こちらも参考にどうぞ。

母の日の実母へのメッセージ文例!書き方のポイントと感謝を伝える内容
母の日には自分のお母さんにメッセージを!でも何て書けばいい?メッセージ文例と書き方のポイント紹介です。

お手伝い券

小さい子のプレゼントの定番である「お手伝い券」

子どもっぽいから嫌だと思うかもですが、お手伝いの内容を変えればハイグレードなプレゼントになります!

・夕食の献立作りから買い物調理まですべて請け負います券

・水回りの掃除が大変な場所をきれいにします券

中学生になったからこそまかせられるお手伝いも多く、そのほとんどが本当に助かるものばかり。

グレードアップしたお手伝い券は、きっと喜んでもらえるはずです!

ビーズなどを使った手作りアクセサリー

高い材料を使わず、リーズナブルなビーズでアクセサリーを作ってみるのもおすすめ。

たくさんビーズを使わなくてはいけないものは安価なビーズを、数個のビーズで作れるものは少し値の張るビーズを。

どちらにしても、数百円で作れるのではないかなと思います。

100円ショップでも手作りキットを販売しているので、そういうものを選んでもいいかもしれません。

家事を担う母親として、もらって嬉しいアクセサリーは

・ストラップ

・キーホルダー

・ヘアゴム

・ピアスやイヤリング(シンプルなものを)

指輪などは家事をするたびに外さなければならず、人によってはつけない主義な方もいます。

カバンやスマホにつけるものであれば人を選ばないです。

私はピアスをつけるのが好きなので、こどもからのピアスやイヤリングのプレゼントは嬉しい。

お母さんを観察してみて、よくつけているアクセサリーがあれば、それを手作りしてあげるのもいいかもですね!

500円くらいで買える母の日のプレゼント

500円くらいの価格帯が、一番お母さんが安心するのではないかなと思います。

無理をするほどの金額ではないし、かと言って軽視しているわけではないという、ちょうどよい金額。

安っぽいものしか買えないかと思いきや、500円あればけっこうステキなものが買えるし選択肢も多いです。

3コインズやフライングタイガー、ナチュラルキッチンは要チェック

買うものを決めていかなくても、ふらっと立ち寄ってお母さんが好きそうなものが安く買える。

そのために要チェックなのが、3コインズ、フライングタイガー、ナチュラルキッチン。

どれも低価格帯のお店で、おしゃれなデザインで人気ですよね!

3コインズに関しては全国のショッピングモールなどの中に、フライングタイガーは関東圏・関西圏を中心に主要都市部に。

ナチュラルキッチンも同様に、主要都市部に店舗を構えています。

もし近くにある場合は、一度行ってみるといいかも。

母の日のプレゼントに喜んでもらえそうなアイテムがたくさんです!

スポンサーリンク

シュシュ

髪を結ぶことの多いお母さんには、シュシュのプレゼントもおすすめ。

家事の途中に髪が邪魔になったとき、ゴムで結ぶと跡がついちゃうんですが、シュシュだとつかなくて楽ちん。

さっと結びやすいのもポイントですよね!

シュシュは500円出せば、かなりしっかりとしたものが買えます。

また、材料費が500円あれば作るのもけっこう簡単です。

お母さんの好きなスイーツ

母の日が近くなると、ケーキ屋さんでは母の日用のスイーツの販売が始まります。

カーネーションをかたどったショートケーキや焼き菓子などなど、おいしそうなものがたくさん。

500円あれば、お母さんの分は買ってあげられますね!

ミニブーケ

お花屋さんに行くと、ミニブーケという名前で500円前後で花束が売られています。

小さくてかわいい花束を食卓に飾ると、見るたびに嬉しい気持ちになりそうです^^

母の日にあげる花には花言葉などでメッセージを伝えてもいいかもです。

母の日に贈る花はカーネーション以外なら?おすすめと贈ってはいけない花
母の日に贈る、カーネーション以外のおすすめの花は何?プレゼントに人気の花から、贈らないほうがいい花まで一挙に紹介します!

1000円前後で買える母の日のプレゼント

1000円あれば、かなり選択肢が増えます!

この予算額であれば、お母さんの好みに合わせて選ぶことができそう。

手作りお菓子

材料費が1000円あれば、立派なお菓子が作れます。

お菓子作りをしたことがないという人は、お菓子の手作りキットを購入してもいいかも。

こんな感じで、卵や牛乳を混ぜて焼くだけで出来上がるもの。

焼き型がついているものもあれば、ついていないものありますが、型は100円ショップでも販売しています。

また、粉を配合したものであれば100円ショップや無印良品にも。

お母さんが好きそうなものを選んで、一緒に食べられるとステキです。

花束

母の日の定番である花は、やはりもらうと嬉しいプレゼントの一つ。

カーネーションは、母の日ならではの特別な意味が込められているもの。

ぜひ贈ってあげてください。

母の日はなぜカーネーション?由来と色による花言葉
母の日の定番プレゼントであるカーネーション。なんでカーネーションをあげるの?色のよって違うカーネーションの花言葉も紹介します!

ハンドクリーム

水仕事が多いお母さんは、手が荒れがち。「主婦湿疹(しゅふしっしん)」という言葉もあるくらい、主婦の手荒れはよくあることなんですよね。

ハンドクリームはいくつあっても困らないくらい、消費の早いアイテム。

保湿力が高いハンドクリームのプレゼントは、子どもからの気遣いの気持ちが伝わるはず。

定番メーカーのミニサイズなどをプレゼントするのもいいですね!

母の日にはハンドクリームで手荒れケアを。プレゼントに人気なおすすめは?
母の日にはハンドクリームをプレゼントに!おすすめブランドや商品を集めてみました!

日傘

母の日は5月。今からの季節が、日傘本番です!

太陽光にあたり続けるものなので、劣化が早い日傘。

子どもからのプレゼントだと、丁寧に長く使ってくれそうです。

日傘は1000円~1500円くらいでも探すことができます。

中学生からの母の日のプレゼントまとめ

せっかくの母の日だからお母さんが喜ぶものを!

そう思う子どもの気持ちの一方で、母親としては「自分のためにしてくれた」ということだけで嬉しくなるものなんですよね。

特に、中学校に入る時期は多感な子も多く、親との距離が今までよりも広がっていることも多いです。

少なからず寂しく思っている親としては、その気持ちが何よりも嬉しかったりします。

手紙や一本の花だけでも、十分に気持ちは伝わるはず。

ぜひ「ありがとう」を形にしてあげてください。

メッセージカードの内容に困ったら、こちらも参考にどうぞ。

母の日の実母へのメッセージ文例!書き方のポイントと感謝を伝える内容
母の日には自分のお母さんにメッセージを!でも何て書けばいい?メッセージ文例と書き方のポイント紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。