転勤族の帰省頻度と費用はどれくらい?平均とわが家の体験談

わが家は転勤族で、両方の実家が気軽に行き来できる距離ではありません。

車で3時間の場所に私の実家、新幹線で4時間ほどの場所に旦那の実家。

日帰りではちょっとキツイかなという距離です。

だから夏休みのような、子どもの長期休みにはだいたい実家に帰省します。

でも「帰省しまーす♪」のノリではなく、「帰省します…!」という若干ナーバスになる面もあり。

帰省の頻度と、それにかかる費用は転勤族の悩みのタネでもあります。

スポンサーリンク

転勤族の帰省の頻度、みんなどれくらい実家に帰ってる?

距離の関係もありますし、後述しますが費用の問題もあります。

そして、妻の実家か旦那の実家かっていう違いもあると思うんですね。

では以下、「THE!平均値!」なわが家のデータです。

・妻の実家は車で3時間、電車で3時間弱

・旦那の実家は新幹線で4時間、車で行ける距離ではない

・妻(私)の実家への帰省は年に2回

・旦那の実家への帰省は年に1回

私の両親はわが家に遊びに来ることはほぼありませんが、義両親は年に1回ほど遊びに来ます。

それを考慮して、帰省の回数を変えています。

実家に帰省するのは、主に夏休みと年末年始と春休み。

両方の実家の方向が真逆なので、3つの長期休みをふりわけて帰省してます。

周りの転勤族の方に聞いても、だいたいこれくらいが平均値かなと思います。

もう少し近い方や、両方の実家が近いという場合は頻度が高くなることもあるみたい。

子どもが高学年になると帰省頻度は減ってしまう

子どもが園児のときは、けっこうちょくちょくと帰ってたんですね。

これは私の実家にってことですけども。

でも子どもが小学生になって、しかも高学年になったりすると帰省できるタイミングがどんどんなくなっていきます。

(´・ω・`)「飛び飛びで習い事がある…」

(´・ω・`)「発表会があるから帰れない…」

塾があったり習い事があったり、部活が始まったりと。

どんどんと、まとまった休みがなくなるんですよね。わが家もそうなってきました。

行けなくなると、それはそれで寂しい。

実家の両親も寂しい思いをしてるんじゃないかと、勘ぐってしまいます。

今まで夏休みは、かなり長期間帰省してたんですが、今年はそれもムリかもで。

小さい子供を連れての帰省は大変ですが、祖父母には会えるときに会っておいたほうがいいって思う。

スポンサーリンク

転勤族の帰省費用はどれくらい?平均値は?

「帰省頻度」にも大きく影響する帰省費用。

子どもの教育費が増えていく時期に、帰省費用ってバカにならないんですよね。

わが家が旦那の実家(超遠い)への帰省を年に1回にしてるのは、費用面でのことが大きいです。

ソニー損保の『お盆の帰省に関する調査(2017年)』によると

自家用車での帰省予算は平均17,265円、20代は昨年比で4千円近く予算減

引用:ソニー損保

一方で

平均的な世帯である4人家族での帰省費用は、20万円以上

引用:楽待『帰省費用が家計を圧迫……年収400万円の人は「計画性」が大きな分かれ道に!?』

別の調査結果では

帰省予算の全国平均は 約3.1万円。

引用:リサリサ『夏休みの帰省交通手段と予算、予約に関する調査(2016年)』

どんな層の方に調査をしているかによってかなり差が出てます。

もちろん、実家への距離にもよるし世帯人数にもよるのかなと。

わが家の場合は、私の実家への帰省費用は約3万円。

旦那の実家への帰省費用は約10万円です。

若干は上下しますが、1年で考えて20万円かかるっていうのはやっぱり負担が大きいです。

貯めねば。

帰省費用は交通費だけではない

んでまた、帰省にかかる費用は交通費だけではないですよね。

・行き来している間の外食費

・手土産費用

・帰省中の生活費

実家にいる間の食費などを負担する場合は、もう少し費用が増えます。

意外と負担になるのが手土産費用。

毎年同じところから帰省してきてるんですけどね、なぜか毎回買って帰る。

転勤族は帰省のためにお金を貯めろ!計画性がポイントだ

わが家の子どもたちは今、小学生。

まだ「じいじばあば♪」と帰省を楽しみにしていますが、だんだんと予定が合わないことも増えてきました。

おそらく中学生になったらもっと、学校や習い事の行事が増えてきて、帰るに帰れなくなってくるんだと思います。

帰省費用は正直、わが家の家計を圧迫してるんですが、今は会うことのほうが大事だと思ってるんですね。

うちの両親はわりと高齢なので、元気なうちにたくさん遊んでおきたいってのもあります。

わが家の場合は、毎月少しづつを帰省費用として貯蓄を。

もちろん毎月の積立分だけでは足りないので、ボーナスを足したり貯金を切り崩したりはしますけども。

それでも、少しでも貯まってるお金があると心持ちが違うような気もする。

転勤族のみなさま。

夏休みはただでさえレジャー費が大爆発するのに、帰省費用でダメ押しされる時期。

がんばりましょう。

そして、次の転勤先が実家に近くなればいいなぁと思ってる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。