お中元の添え状は必要?親しい間柄やビジネスでの上司などには?

お中元をもらったときには「お礼状を書く」「電話やメールでお礼を伝える」というのがマナーと言われています。

たしかに、いただいたものに対してはお礼を言わなきゃですし、きちんと届いたことの報告にもなりますしね。

ですが、贈るときの添え状や送り状はどうなのか?

贈るときってどんなふうにするのが良いマナーとされているんでしょうか。

スポンサーリンク

お中元に添え状や送り状は必要?

お中元に添え状が送り状が必要かどうかは、自分と相手方の関係によるところが大きいように思います。

例えば私の実家は、お中元をいただいたり贈ったりということをしていますが、添え状や送り状をいただいたことはありません。

両親はかなり年配ですが、添え状がないことにも送っていないことについても、気にとめていない様子。

でも、マナーに関する本には「添え状は必要」である旨が書かれているんですよね。

・相手の自宅まで贈り物を持っていけない場合は、必ず添え状を書く

・品物が届くよりも前に送り状が届くようにする

・どんなものがどこから届くのかを記載する

・正しい書式に沿って書く

送り状の目的はあくまでも「近い内に品物を贈ります」ということを相手に伝えるためのもの。

形式通りにしなくてはいけないっていうよりは、どうすれば相手が受け取りやすいかを考えて行うといいかもしれません。

「毎年贈り合っている」という親しい間柄であれば必要ないかもしれませんし、電話やメールで伝えることもできますしね。

最近では送り状や添え状自体を知らないという世代も増えてきていますし、品物にメッセージとして添える場合もあります。

デパートのお中元では添え状をつけて送ることは難しい

多くの方がお中元選びで利用しているデパート。

インターネットでお取り寄せグルメ的なものを選んでいる場合もあるかもですね。

そういう場所で購入する場合、品物に添え状を同封してもらえないことも多いです。

というのも、封をした手紙は「信書」になるので郵便以外では送れないからです。

もしどうしても一筆書いたものを同封したいという場合は、デパートで相談してみてもいいかもしれません。

インターネットで購入する場合は、熨斗の対応はしてくれるところが多いですが、添え状までのサービスはない場合がほとんどです。

どうしても品物に添え状をつけて送りたい場合は、一度自宅に届けてもらって添え状を同封し、そこから相手方に贈るという二段構えが必要かも。

お中元の添え状は親しい親戚や義両親にも出す?

私は毎年義両親には、「お中元」という名目ではないですがお中元の時期に贈り物をしています。

スポンサーリンク

最近食べておいしかったものとか、好きそうなものを見繕って贈る感じ。

義両親なので、大方の生活リズムを知っているし、長期に家をあけることがないと分かっている場合は特に添え状や送り状は出していません。

忙しい時期と知っている場合は、「〇〇日くらいに宅配便が届くんですけど、受け取れますか?」くらいの電話はします。

どのくらい親しい間柄なのかにもよりますが、わざわざ手紙を送ることが不自然な関係ってあると思うんですよね。

私が実家の両親に送り状を出したら「お前どうした?!」ってなるでしょうしね。

気心がしれた相手であれば、その関係に応じた言葉の表現もありますし、決まり文句を並べた送り状よりも電話で一言伝えたほうが良い場合もあるかなと思います。

添え状はあくまでも「贈ります」という気持ちを伝えるためのもの。

親しいのであれば、電話やメールで伝えてもまったく問題ないかなと思います。

お中元の添え状はビジネス上の相手や上司には出す?

一方で、どれだけ送り状の習慣がなくなってきているとはいえ、出しておきたいのがビジネス上の相手や上司に対する場合です。

仕事上の関係であっても「送り状や添え状をもらったことがない」という方もいるようですが、私だったら送るかなと。

特に1回目のお中元の場合は、いきなり品物が贈られてきたらビックリするかもしれないですしね。

この場合の添え状は、決まりどおり形式に沿ったものがいいと思います。

ハガキではなく封書でっていうふうに。

仕事上の取引先や上司に送る添え状の書き方

基本的な書き方は、お中元のお礼状を送るときとほぼ同一。

お中元のお礼状の書き方と宛名やあいさつのマナーは?具体例も紹介
お中元をもらったときのお礼状の書き方。文章の構成や序盤のあいさつ文、封筒で送る場合の宛名の書き方なども紹介しています。

構成は

・前文(頭語、時候の挨拶など)

・主文(お礼の言葉や何をどこから贈ったのかなど)

・末文(結びの挨拶、結語)

・後付(日付、署名、宛名)

例文

拝啓 盛夏の候、〇〇様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

日頃は公私にわたりお世話になりながら、ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。

新しい部署に異動になり半年がたち、ようやく仕事のペースもつかめてまいりました。

ご無沙汰のお詫びを兼ね、〇〇デパートより飲み物の詰め合わせをお送りいたしました。

ご笑納いただけたら幸いでございます。

うだるよう暑さが続いておりますので、ご自愛のほどをお祈り申し上げます。

敬具

平成○年○月○日

名前

宛名

まとめ

マナー本に書かれていることは、ときに実情とかけ離れている場合もありますが、根底にあるのは相手を気遣う気持ちだと思います。

例えば私が今、旦那さんの会社の部下からお中元の添え状をもらったとして、恐縮に思う気持ちも大きいですが、丁寧な人だなっていう印象も持つと思うんですね。

もちろん、送り状がないから失礼なやつだとは思わないですけど。

相手との関係を考えて、「自分だったらどうしてもらうと一番良いか」を考えていくといいのかなと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。