転校するときお礼のプレゼントの金額と小学校と幼稚園で渡すものの違い

転校するっていうと、イメージ的には新しい年度のときって思いがちですが、転勤族にとっては違うことも多くて。

学期ごとに辞令が出る場合もあれば、下期が始まる10月での転勤も多いんですよね。

職種によっては1ヶ月ごとに辞令の交付があるってこともあるんじゃないでしょうか。

小学生や幼稚園児がいる家庭にとっては、次の地域選びに忙しい時期ではあるものの、今までにお世話になったお友達へのお礼も考えなくちゃいけない時期でもあり。

(´・ω・`)「転勤が決まったけど、クラスメートへのお礼のプレゼントは何にする?」

わが家の場合をふまえてのおすすめ紹介と金額の相場についてです。

スポンサーリンク

転校するときクラスメートにわたすプレゼントの金額は?

まず悩むのが金額ですよね。

クラスの人数にもよりますが、あまり高いものを買っていると負担が大きくなる値段になっちゃいます。

今までに転校する子にもらったプレゼントは、だいたいが100円以下

わが家が引っ越すときにクラスのお友達にあげたプレゼントは、70円くらいのものだったと思います。

ただ、子供が特に仲の良かった子については、別途プレゼントを用意しました。

ずっとお揃いで使っていけるようなキーホルダーやハンカチなどなど。

このときは、だいたい500円前後でしょうか。

渡された子の親が気を使わないかなと思う金額までにとどめておきました。

親同士が仲良くしていた場合は、私が直接ママに渡しました。

大人同士の場合は、1000円くらい。

学校や園によってはプレゼント禁止の場合も

気をつけておきたいのは、お礼のプレゼントは配る前に学校や園に確認をすること。

特に小学校の場合は、転校のときのプレゼントを禁止している場合もあるので必ず事前に聞いておくのをお忘れなくです。

禁止している場合でも、「買ったものじゃなければいい」ということもあるので、「手紙ならいいのか?」なども聞いておくといいかもです。

経験上、幼稚園はプレゼントを許可している場合が多いですが、小学校は良い顔はされない事が多いです。

また、転勤族の多い地域の場合は他の子とのバランスも考えたほうがいいかなと。

同じクラスから同じ時期に転校する子がいる場合、一方はプレゼントを配って一方は配らずってこともあるでしょうし、値段の差が出ることもありますしね。

連絡がとれる仲であれば、ママに聞いてみるのもいいかもしれません。

転校するときのお礼のプレゼントは小学校では何にする?

小学校

男女の好み差も大きくなって、クラスの人数も多い小学校。

学校からプレゼントを配る許可があるということを前提に。

転校のお別れのお手紙

これはわが家も転校するときに書きましたし、転校する子にもらったこともあります。

うちの場合は小さいメッセージカードに書いて、最後の日に先生に配ってもらいました。

書くのが意外と大変なんですが、一人ひとり違う文面で書いてました。

これはいいなと思ったのは、塗り絵に手紙を書いているもの。

以前に転校するお友達にもらったんですが、B5サイズの紙の上半分がその子の描いた絵。

それを人数分コピーして、自分が書いた絵に色を塗って、その下に手紙を書くっていう。

かなり手間はかかると思いますが、転校した後も見ては話題になるんですよね。

(・∀・)「この子、休み時間にこのキャラクターの絵、よく描いてたんだよー」

(・∀・)「今、何してるだろうねー」

親としては、離れてしまったあともこんなふうに忘れずにいてくれると嬉しいですよね。

スポンサーリンク

小学生が転校するときは文房具は鉄板

モノを贈れる場合は、小学生には文房具が鉄板。

安いし、必ず使いますしね。

子ども会の景品などで使われることも多い、ディズニーの文具セット。

鉛筆セット。

転校のプレゼントにハンカチ

女の子なら、ハンカチのプレゼントもかわいいです。

普通のハンカチでもいいですが、最近はタオルハンカチのほうが使われていることが多いです。

見た目がかわいいものは、低学年から高学年まで受けがいいです。

ラッピングがあるものを選ぶと、そのまま渡せるので楽ちん。

幼稚園を転園するときのプレゼントは何にする?

幼稚園の場合は、小学校よりも規則がゆるい場合が多いですよね。

親がお迎えに行く場合は、降園後に渡せる場合もあるのでけっこう自由。

ただお手紙に関しては、書ける子と書けない子がいます。

クラス全員分となると、子供の負担も大きくなりますしね。

うちの子が幼稚園を転園したときは、小さなメッセージカードに名前と一言だけ書かせました。

「大好き」とか「また遊ぼう」とか、それくらいだしみんなに同じような一言でしたけど。

幼稚園児の場合は、文房具も鉄板プレゼントではありますが「遊べるもの」も同じくらいに鉄板です。

転園する子にもらったものも、文房具よりは遊ぶもののほうが多かったような気がします。

幼稚園のプレゼントは詰合せがおすすめ

幼稚園のクラスの人数は、小学校よりは少なめ。(園によるか?)

文房具セットではすぐに使えない子もいるかなと思ったので、いろんなものを詰め合わせました。

ラッピングの手間はかかりますが、喜ばれるものが一つは入っているはず!と信じて><

以下、わが家が転園したときに渡したもの。

キャラクターのティッシュ。

6つ入りのものを購入して、中を分けて1人に1つ渡す感じに。

これはおそらく、インターネットで買うよりは100円ショップに行ったほうが安いです。

色鉛筆。

普通の鉛筆よりは、幼稚園児が使う頻度が高いかなと思って。

2つを詰めて、合計70円くらいでしょうか。ラッピング費用を含めて100円弱くらい。

まぁまぁ良いくらいのの値段になりました。

あとは、折り紙をプレゼントする人もいました。

こういうのはネットで買ったほうが明らかに安いので、ネットがおすすめです。

まとめ

「お世話になったんだから、ある程度の出費は必要なのよ」

そうは思うものの、引っ越しって本当に細々といろんなお金がかかります。

一度経験するとわかりますが、予想外の出費が多いんですよね。特に遠方に引っ越すと。

プレゼントを送るのは気持ちですが、それでもお得に渡せるならそのほうがいいです。

早めにネットでどんな商品があるのかをチェックして、喜んでもらえるものをお得にゲットしときましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。