10月は読書週間!本嫌いの小学生でも読みたくなるおすすめ本7選

毎年10月27日~11月9日までは読書週間。

涼しくなったこの季節、本を読むには適切な気候です。

普段は本を読まない小学生も、この時期なら読みやすいんじゃないでしょうか。

(T_T)「本、苦手であんまり読まない…」

そんな本嫌いな小学生でも読みやすい、読みたくなるおすすめの本を、読書週間の由来なども含めてご紹介します。

スポンサーリンク

読書が苦手な小学生でも読みやすい!きっとハマるおすすめ本

「子どもが活字離れしている」なんて言葉は、もうかなり前から聞いてるような気もしますね。

「漫画でもいいから文字を読ませなきゃ!」

そう思っている親御さんも多いんじゃないかと思います。

ただやっぱり、漫画と本では使われている語彙がちょっと違ってるんですよね。

マンガだけではなく、やっぱり本も読ませたい!

10月下旬からは過ごしやすい気候に加え、読書週間もはじまります。

まずは読みやすい本から、手にとるところから始めてみてはいかがでしょうか。

山田県立山田小学校シリーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山田島にヤマダノドン!? (山田県立山田小学校) [ 山田マチ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)

『山田県立山田小学校』シリーズとして、何冊か発売されています。

対象は、小学校3年生~という感じでしょうか。

漢字にフリガナがふってあるので、読書が好きなら低学年でも十分に読んでいけるかなと思います。

この本、例えるなら「難しくなったかいけつゾロリ」というイメージ。

1ページの文字数は、少し多めです。

登場人物が面白いですし、子どものツボにハマるポイントが何箇所もあります。

うちの子はいちいち、「ママこれ見てよ~」とクスクス笑いながら見せに来ます。

平成うわさの怪談シリーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死神から買ったマフラー (平成うわさの怪談) [ 木暮正夫 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)

『平成うわさの怪談』シリーズということで、20冊以上続いている人気な本。

怖い話、小学生は好きですよね。

漢字にフリガナはついてますが、文字数や内容的には中学年~という感じでしょうか。

15ページずつくらいの、オムニバス形式になっています。

数ページごとに挿絵がありますが、怖い話だけに、お化けの絵です。

中にはマンガが挟まれていたりと、子どもが読みやすい工夫もあるなーと思う一冊。

ちなみにこちら、うちの子は一時期ものすごくハマりまして、内容を覚えて友だちに話すネタにしていたようです。

科学探偵 謎野真実シリーズ

こちらは最近発売され始めた本。

『科学探偵 謎野真実』シリーズということで、2018年の秋に5冊目が発売されます。

上記はそれの一作目。

転校生の謎野真実くんが、いろいろな事件を解決していくっていう子ども向け推理小説。

文字数が多いので高学年向きですが、活字慣れしていれば低学年でも読めるかなと思います。

こちらはですね、ぜひ理系の子に読んでほしい!

「科学探偵」というだけあって、事件のトリックがすべて科学の知識に基づくものなんです。

もちろん小学生向けの本なので、「月が欠ける秘密」とか「トリック写真の撮り方」とかそんな感じですが、けっこう勉強にもなります。

一冊に7話前後に分かれていて、それぞれが「事件編・解決編」で構成されています。

10歳までに読みたい世界名作シリーズ

こちらは何作も出ている人気シリーズ。

原作を子ども向けに編集して、読みやすい長さにしている本です。

文字も大きめで、1ページの文字数も少なめ。低学年向けの本です。

普通に名作を読ませようとしても、なかなかページをめくる手が進まない子ども。

このシリーズだったらなぜか読み進めるのが早くて、その理由は挿絵!

見ての通り、絵が最近っぽくてかわいいんですよね。

女の子の場合は、可愛さに惹かれて読み始めるってことも多いように思います。

日曜日シリーズ

こちらは『図書室の日曜日』シリーズとして2冊、他にも同じ作者で「~~の日曜日」という本が十数冊出ています。

「理科室の日曜日」「給食室の日曜日」「音楽室の日曜日」「図工室の日曜日」などなど。

どのお話も、子どもたちのいない日曜日の学校はちょっと違うよーみたいな内容です。

例えば図書室日曜日の場合は、本や本の中の登場人物がガンガン動き始めるんですね。

時計持ったうさぎやら、赤ずきんちゃんやら、桃太郎やら、のっぺらぼうやら。

この人たちが、いろんなところを旅するっていうお話です。

ちょっと勉強になる知識も入っていて、親的にはけっこう嬉しい本です。

高学年にはちょっと簡単すぎるかなと思うので、3年生くらいまでの子向けです。

スポンサーリンク

ミルキー杉山の名探偵シリーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いつのまにか名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵) [ 杉山亮 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)

こちらはうちの子がドハマリしたシリーズ。

古くからあるシリーズなので、ご存知のパパやママも多いんじゃないでしょうか。

主人公はミルキー杉山。探偵です。

一冊に3話前後の事件が入っていて、事件編と解答編に分かれています。

ほぼマイページに挿絵があり、文字数もかなり少ないので低学年向き。

ひらがなが多いので、本が好きなら幼稚園児でも読めるんじゃないかと思います。

表紙の裏に、作中で登場する地図が書かれていたり、ミルキー杉山からの宣戦布告があったり。

楽しんで読み込める工夫があります。

迷宮が丘シリーズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

迷宮ケ丘(7丁目) 虫が、ぶうん [ 日本児童文学者協会 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)

『迷宮が丘』シリーズは、1丁目から始まり9丁目、0丁目まである人気シリーズ。

20ページ前後のお話が、オムニバス形式で入っています。

文字数多めで挿絵が少ないので、高学年向きかなと思います。

内容は、どちらかといえば女の子の方が好きそうな気がします。

なんだろう、『世にも奇妙な物語』のような感じのお話が多いです。

怖いお話っていうよりは、奇妙な、不思議なお話が集まってます。

 読書週間の由来は何?秋の読書感想文コンクールもあるよ

読書週間は、1947年に始まりました。

「読書によって平和な文化国家をつくろう」という目的のもとに、出版社や書店、報道機関によって開催されました。

この時期は、小学校でも朝の読書会があるなどして、本の大切さを知るための行事が行われています。

そして、この時期に合わせて、企業などが主催する読書感想文コンクールなども開かれます。

お気に入りの一冊を見つけたら、感想文に挑戦してもいいかもしれません。

小学1年生の読書感想文の書き方や本の選び方は?わが家がやり通せた方法
夏休みの宿題で出される読書感想文。1年生や2年生の低学年はなかなか書くのが難しいです。子どもがきちんと書き終えられるコツの紹介と、親がどんなふうに助言したらいいのかの体験談です。
小学生の読書感想文で入れたい表現フレーズ例!うまい作文にするコツ
同じような言葉ばかりで面白くないものになってしまいがちな読書感想文。いつも使っている表現方法を少し変えると、良い作文になります。どんなフレーズを選べばいいか?どんな表現方法?などのまとめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。