二十四節気って何?八節と七十二候の意味と由来について

季節ごとに聞くことのある「立春」「夏至」などの言葉。

子どもに教えてあげることも多いこういった言葉は、季節を知るうえで用いられたもの。

代表的なものは耳にすることも多いですが、実際には知らないものも多いんですよね。

暦を知っていることは教養の一つ。

気になる部分から理解していくといいかもです。

スポンサーリンク

二十四節気って何?意味や由来について

「暦(こよみ)」の語源は「日読み(こよみ)」であると言われていて、日を数えることを意味しています。

この「日を数える」方法は大きく分けて3つ。

・太陽暦:地球が太陽の周りをまわる周期をもとに計算。うるう年でずれを調節する。

・太陰太陽暦:太陰暦を基とし、太陽の動きも参考に月日を定める

・太陰暦:月の満ち欠けに基づいて1か月を定める

現在世界でもっとも多く使われているのが、太陽暦の一つである「グレゴリオ暦」

日本では1873年に採用されました。

それまでの日本では太陰太陽暦が使われており、それを「旧暦」と呼んでいます。

ここらへんの日本の暦については、『天地明察』という映画やマンガで見ると分かりやすいかもです。

季節の変化は、太陽と地球の位置関係が変わることによっておこります。

だから、太陽の動きをもとに暦を決めている太陽暦では、同じ日付であれば同じ季節。

ですが月の満ち欠けをもとにしている太陰暦では、季節を知ることができなかったんですね。

そこで生まれた「太陰太陽暦」の一つである中国の暦において、季節を知るために用いられたのが二十四節気。

1年を24等分にしているので、二十四節気です。

分かりやすい二十四節気の考え方

まずは1年を4つに分けてみます。

だいたい90日ずつに分けることができて、それぞれ「冬至」「春分」「夏至」「秋分」

春分:二十四節気の4つ目。昼と夜の長さがほぼ等しくなると言われる。3月20日ころ。

夏至:二十四節気の10こ目。北半球では1年のうちで最も昼の時間が長い。6月20日ごろ。

秋分:二十四節気の16こ目。昼と夜の長さがほぼ等しくなると言われる。9月23日ごろ。

冬至:二十四節気の22こ目。北半球では1年のうちで最も夜の長さが長い。12月22日ごろ。

さらに分けると八節に

さらに45日ずつで分割。

8つに分かれるので『八節』と呼ばれます。

立春:二十四節気の一つ目。1年の始まり。2月4日ころ。

立夏:二十四節気の7つ目。夏の始まり。5月5日ごろ。

立秋:二十四節気の13こ目。秋のはじめ。8月7日ころ。

立冬:二十四節気の19こ目。冬の始まり。11月7日ごろ。

さらに分けると二十四節気になる

8つに分かれているものをさらに分けます。

スポンサーリンク

八節をさらに、15日ずつに分けると二十四節気になります。

春の始まりである立春を一つ目として

・立春:2月4日ごろ。

・雨水:氷や雪が解け、雨に変わるころ。2月18日ごろ。

・啓蟄:冬眠していた虫が活動し始める。3月5日ごろ。

≫≫啓蟄ってどんな意味?いつからいつまでで何するの?まとめ

・春分:春の真ん中で昼夜の長さが同じ。3月20日ごろ。

・清明:春の気盛んで、百科が咲き競う。4月5日ごろ。

・穀雨:春雨が降る菜種梅雨。4月20日ごろ。

・立夏:夏の初め。5月5日ごろ。

・小満:陽気がよく、草木が生長してくる。5月21日ごろ。

・芒種:麦の刈り入れ、田植えの時期。6月5日ごろ。

・夏至:昼が一番長く夜が短い。6月21日ごろ。

・小暑:梅雨明けが近く、暑さが始まる。7月7日ごろ。

・大暑:一年で一番暑い。夏の土用とかさなる。7月23日ごろ。

・立秋:秋のはじめ。8月7日ごろ。

・処暑:暑さがおさまり、台風シーズン。8月23日ごろ。

・白露:朝夕の気温が落ち、涼風が吹く。9月7日ごろ。

・秋分:秋の真ん中。昼夜の長さが同じ。9月23日ごろ。

・甘露:露が結び、秋本番。10月8日ごろ。

・露降:北国では霜が降りはじめる。10月23日ごろ。

・立冬:冬の初め。11月7日ごろ。

・小雪:初雪が舞う。11月22日ごろ。

・大雪:山々は雪景色に。12月7日ごろ。

・冬至:昼間が一番短く夜が長い。12月22日ごろ。

・小寒:寒の入り。寒さ本番に。1月5日ごろ。

・大寒:一年で一番寒い。1月20日ごろ。

二十四節気をさらに分けると七十二候に

二十四節気をさらに、5日ずつに分けたものが『七十二候』

七十二候の名称はすべて、季節をあらわす短文のようになっています。

例えば立春から雨水までの期間の七十二候は

・東風解氷(とうふうこおりをとく):東風が氷をとかし始める

・黄鶯睍睆(こうおうけんかんす):うぐいすが山郷で鳴き始める

・魚氷上(うおこおりにのぼる):割れた氷の間から魚が飛び出す

草木の様子や動物などの変化が、このように文章になっています。

二十四節気を補うものが五節句と雑節

二十四節気を補い、説の移り変わりを表すものに「五節句」と「雑節」があります。

五節句

こちらは現在にもしっかりと受け継がれているもの。

・人日(じんじつ)の節句:1月7日。七草がゆを食べる

・上巳(じょうし)の節句:3月3日。ひな祭り

・端午(たんご)の節句:5月5日。

≫≫端午の節句の菖蒲は何に使う?飾り方や頭に巻く方法など使い方を紹介!

・七夕の節句:7月7日。たなばた。

≫≫七夕飾りの種類や意味まとめ。笹飾りに込められた願いは何?

・重陽(ちょうよう)の節句:9月9日。菊の節句ともいわれる。

5節句には長寿や健康を願い、さまざまな厄払いや祝いの行事が行われてきました。

雑節

5節句と同じように、二十四節気を補い季節の移り変わりを表すもの。

日常生活に結びついているものが多く、節目になっています。

一般的に言われているのは以下の9つ。

・節分

・彼岸:秋分・春分を中日として前後3日を合わせた各7日間のこと。先祖に感謝する。

・社日:生まれた土地の守護神を祀る。3月中旬の春社、9月中旬の秋社がある。

・八十八夜:立春を起算日として88日目。遅霜発生の季節で、農家に対する注意喚起。

・入梅:梅雨入り。6月11日ごろ。

・半夏生:半夏という薬草が生えるころ。7月2日ごろ。

・土用:立夏-立秋-立冬-立春の直前18日間。夏の土用をさすことが多く、ウナギを食べる風習がある。

・二百十日:立春を起算日として210日目。台風や風が強い日。9月1日ごろ。

・二百二十日:立春を起算日として220日目。八朔、二百十日とともに農家の三大厄日とされる。

まとめ

調べてみると、毎日のように名前がついていて、季節の移り変わりを知ることができます。

節目ごとに暦を知って楽しんでみるといいかもしれませんね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。